ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

卵かけご飯―一食としては高栄養・低カロリー

投稿日:

卵かけご飯

卵かけご飯は、簡単ご飯の定番ですね。栄養満点の卵と温かいご飯の組み合わせは日本人の心を揺さぶります。

卵かけご飯は、ご飯と卵だけですから、カロリーはそれほどないように見えますが、実際のところ、卵かけご飯のカロリーはどのくらいになるのでしょうか?また、卵かけご飯のちょい減カロリーは可能なのかも考えてみましょう。

卵かけご飯のカロリー

卵かけご飯のカロリーは、ご飯を茶碗一杯と卵1個の足し算で求めます。

ご飯・茶碗一杯(150g)…252キロカロリー
卵・1個(M50g)…75キロカロリー

卵かけご飯・合計327キロカロリー です。

朝食であれば、目安となる摂取カロリーは400~500キロカロリーですから、卵かけご飯にプラス1品くらいは食べても問題ないでしょう。

また、卵かけご飯はTKGと表現され、最近ではアレンジレシピも数多く存在しています。何か具を足すにしても、よほど高カロリーなものは別として、カロリーオーバーになりにくい料理である、と言えます。

卵かけご飯に足すもののカロリーは?

では、具体的に、卵かけご飯に何を足すかでカロリーがどのくらい変わるか、見ていきましょう。

朝食の定番おかず

卵焼き…68キロカロリー
味付け海苔…5キロカロリー
納豆…100キロカロリー
みそ汁…40~50キロカロリー

(1食あたり・リンクは当サイトの記事です)

卵かけご飯のトッピング

チーズ…スライス1枚 60キロカロリー
明太子…15g 21キロカロリー
キムチ…20g 9キロカロリー
しらす…15g 16キロカロリー
バター…10g 75キロカロリー
かつおぶし…1g 3キロカロリー

納豆やチーズは栄養面から見れば、大豆製品と乳製品ですから摂ると良い食品です。カロリーは少々高いですが、そういうメリットも頭に入れて、組み合わせを考えましょう。

卵かけご飯のちょい減カロリー:豆腐でかさ増し

では、卵かけご飯のちょい減カロリーのアイデアですが、「豆腐をトッピングする!」です。

卵は減らせないですので、カロリーを減らすとしたらご飯しかないです。そこで、トッピングとしてご飯と卵との相性がいい中で、ご飯の代わりになるもの、と探していくと豆腐があるではないですか!

あるテレビ番組でも、卵かけご飯のアレンジレシピ1位にも入った豆腐ですが、食べごたえがありつつ低カロリーですから、かさ増しにはピッタリの食材です。

豆腐はレンジで加熱し水分を少し飛ばすと、水っぽくならずご飯との食感が近くなります。ぜひお試しください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オムライス

オムライス―一皿1000カロリーからどう減らすか

オムライスはケチャップで味付けしたライスを卵で包む、洋食の代表的なメニューです。子どもや女性に人気の高い料理で、自宅で作る方も多いですし、専門店で食べる方も多いことでしょう。 昔ながらの薄焼き卵で包む …

牛丼

牛丼―安さを取るか、自作でちょい減カロリーを目指すか

牛丼は今やハンバーガーに並ぶファストフードの代表格ですね。吉野家・松屋・すき家・なか卯など全国展開するチェーンが競争しているので、値下げや値上げのたびにニュースになり、その映像で食べたくなるという現象 …

天ぷら

天ぷら―具材でカロリーが違うのは誤差の範囲内?

天ぷらは和食の代表格で、調理自体は簡単ですし(もちろん上手に揚げるのは難しいですが)、その具材の豊富さもあって、家庭でもよく作るかもしれません。また天丼や天ぷらそばといった天ぷらを使ったメニューがさま …

ペペロンチーノ

ペペロンチーノ―パスタの中では低カロリー

ペペロンチーノはオリーブオイルとニンニクと唐辛子、というシンプルなパスタですが、刺激的な味が人気のパスタです。 オイルもパスタも高カロリーのイメージがありますが、実際にどのくらいのカロリーになるのでし …

サンドイッチ

サンドイッチ―マヨネーズのカロリーに気を付けよう!

サンドイッチは、具のバリエーションが豊富で、コンビニやパン屋、自作もできる料理です。その手軽さから、食事によく利用する1つかもしれません。 サンドイッチはパンですから、カロリーもあるものとイメージが付 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー