ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

生ハム―塩気とカロリーが多めのハム

投稿日:

生ハム

生ハムはイタリア料理の前菜の定番で、一昔前は高級食材でしたが、最近はスーパーでパック詰めされる商品など手ごろな価格で手に入れられるようになりましたね。普通のハムやベーコンと同じくらい身近な存在になっている、と言えるかもしれません。

生ハムも肉製品ですから、カロリーは気になるところです。生ハムのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、生ハムを食べるときのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

生ハムのカロリー

食品標準成分表には2タイプの生ハムのカロリーが載っています。

生ハム・促成…100gあたり247キロカロリー
生ハム・長期熟成…100gあたり268キロカロリー

1枚は約5gですから、1枚あたり12~13キロカロリーとなります。
1枚あたりとしては少ないですが、100gあたりでハム類と比べてみると…

ロースハム…196キロカロリー
ショルダーハム…231キロカロリー
プレスハム…118キロカロリー

生ハムは、ハム類の中でも高いカロリーであることが分かります。

促成と長期熟成

ちなみに、促成と長期熟成の2つの定義については文部科学省の資料を引用しますと…

「生ハム」のうち「促成」は腿肉やロースを塩漬けし、低温で乾燥、燻(くん)煙したもので、
「長期熟成」は肉のブロックを塩漬けし、乾燥、燻(くん)煙の後、長期の熟成を行ったものをいう。

ですから、促成と長期熟成の違いを一言でまとめると、熟成させるかさせないかです。
この熟成の過程でタンパク質がアミノ酸という旨みに変わっていきます。また、その間に乾燥もしていきますので、その水分の量の違いがカロリーの違いに表れたと考えられます。

イタリア産のプロシュートの中には1~2年、スペインのイベリコ豚の生ハムの中には5年もの熟成期間があるものもありますが、日本の場合は湿気が多いという気候のせいもあり、促成の生ハムが多いです。

生ハムの「生」って本当に豚の生肉?

ところで、生ハムの生は火を通さないという意味ですが、豚肉は半生でも食べてはならない、と言われていませんか?
では、生ハムはなぜ生で食べることができるのでしょうか?

生ハムの作り方

生ハムの作り方は、先ほど引用したものを参考に大まかに分けると

1:塩漬け
2:乾燥
3:燻煙
4:熟成(発酵)

ということになります。

塩漬けは漬物のように、それだけでも殺菌効果があり、保存性が高まります。乾燥は塩漬けによって出てくる余分な水分を抜き、保存性を高めることができます。

燻煙は燻製のモクモクとした煙のイメージがあるので、燻煙で加熱されて生で無くなるのでは?と思われるかもしれません。

燻煙には実は「冷燻」という方法があります。 読んで字のごとく冷たいほど低い温度(15~30℃)の煙でいぶす、という方法です。生ハムでは冷燻が用いられています。

燻煙は加熱して殺菌することが目的ではなく、煙の殺菌成分を食材に行き渡らせることが目的なので、低い温度で大丈夫なのです。ですから、生ハムも冷燻することによって、保存性を高めますが、加熱しておらず生のままなのです。

生ハムのちょい減カロリー:旨みのある塩として使う

では、生ハムを使ったちょい減カロリーアイデアですが、「生ハムを塩のように使う」です!

生ハムはハム類の中でもカロリーが高いです。(生ハム247>ロースハム196。)なので、少しで満足感を高めたいところです。

それで、生ハムの1つの特徴である塩気が強いところを活かして、サラダのトッピングにしたり、料理のアクセントとして使うのはいかがでしょうか?実際、生ハムメロンが定番料理であるように、生ハムはみずみずしい野菜や果物との相性が良いです。

身近になった生ハムですから、より食卓で活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


  1. […] ※生ハムのカロリーについてはこちらの記事でご覧ください。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゆで卵

ゆで卵―油を使わずに上質タンパクを取ろう

卵は常に欠かさない、というご家庭が多いことと思います。物価の優等生とも呼ばれ、栄養価についてもタンパク質やビタミンなど豊富に含まれており完全食と呼ばれることもあります。 卵の調理法の定番の1つといえば …

りんご

りんご-ダイエットの定番の低カロリー食材

りんごは低カロリー食材 りんごダイエットは昔からの定番として使われています。りんごをカロリーに注目して見てみると、りんごはダイエットに効果的な食材なのでしょうか? りんごのカロリー…1個(250g換算 …

はちみつ

はちみつ―砂糖より低カロリー、栄養高く値段も高い

はちみつは、砂糖よりも優しい甘さで、栄養があり体に良い、というイメージがあると思います。 これは古くからあるイメージで、世界各地のことわざに「蜂蜜」が数多く登場し、良いものを表わす代表的な存在となって …

かぼちゃ

かぼちゃ―カロリーも気になるが栄養は欲しい

かぼちゃは輸入物も出回り一年中、手に入るようになってきました。かぼちゃは女性に人気のある甘い野菜ですが、その甘さからダイエットに不向きな野菜とも言われています。 かぼちゃには「日本かぼちゃ」「西洋かぼ …

ホルモン

ホルモン―焼肉の中では低カロリー

ホルモンは焼肉のメニューの1つで、主に牛の小腸を指しますが、最近では牛の各部位を食べられるホルモン焼き屋さんも増えていますね。 ホルモンの中には脂がたっぷりついているものもありますから、カロリーも高い …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー