ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類 食材

鶏むね肉―パサつきを抑えて上手に調理しよう

投稿日:2017-03-18 更新日:

鶏むね肉

鶏肉の中でも「むね肉」は低カロリーで、もも肉よりも安いのでダイエットにも家計にも良い食材です。でも、実際にカロリーの数字を調べて比較してみると意外な事実が分かりました。

鶏むね肉のカロリーと鶏肉の他の部位との比較

では、単純に生の状態で100gのカロリーを見てみましょう。

むね・皮つき…145キロカロリー
むね・皮なし…116キロカロリー
もも・皮つき…204キロカロリー
もも・皮なし…127キロカロリー
ささみ…105キロカロリー (すべて若鶏)

皮つきで比較すると鶏むね肉と鶏もも肉に大きな差があります。
ところが皮さえなければ、むね肉はささみを比べると11キロカロリー高く、もも肉からは11キロカロリー低くなります。

もちろん、ちょい減カロリーの観点から、10も積もっていくと有益な差なのですが、思っていたほどではない、というイメージではないですか?鶏肉で高カロリーなのは、あくまでも「だったのです。

鶏むね肉は水分を保つ調理法で!

鶏むね肉はパサつくのが気になる、という方も多いことでしょう。

鶏もも肉は脂があるので、多少雑な調理法でも脂が残ってジューシーになりますが、鶏むね肉は水分が多いので、その水分を逃す調理法をするとパサついてしまいます。

逆に言うと、水分をどうやって残すかを意識すれば、パサつきを抑えることができるのです。例えば…

  • 保水性のある砂糖で下味をつける
  • かたくり粉や小麦粉で衣を付ける
  • 弱火で(低温で)じっくり火を通す
  • 加熱しすぎない

鶏むね肉は安いですし、これで美味しく食べられれば言うことなしの優良食材です!

鶏むね肉のちょい減カロリー:油を足さない

さて、鶏むね肉のちょい減カロリーアイデアですが、「料理で油を足さない」です。

どうしても鶏むね肉自体の脂が少ないので、こってり感やボリュームアップのために油を使って揚げたり炒めたりしたいところですが、カロリーを気にするなら油を使わないレシピを選びましょう。

また、最近は定番となっている鶏ハムやレンジ蒸しにしても、何かドレッシングをつけるとしたら、ノンオイルのものを選ぶなどの工夫もちょい減カロリーとして考えることができます。
せっかくなので鶏ハムに合うオリジナルのドレッシングを作るのも良いかもしれませんね。そうすると甘みや酸味も好みの味にできますし、同じ鶏むね肉のレシピでもバリエーションを増やすことができます。

ポイントをおさえれば全く難しいことはありません。鶏むね肉をどんどん活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

焼き芋

さつまいも―甘さをフル活用して減カロリー

さつまいもと聞くと、カロリー高めでダイエット時には避けたいと考えるかもしれません。では、実際にさつまいものカロリーと気を付けるべき点を考えてみましょう。 さつまいものカロリー さつまいも(生)…134 …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

アボカド

アボカド―森の“バター”はダテじゃない

アボカドは若い女性に人気の食材です。サンドイッチや回転寿司でよく見かける、ありふれた食材になってきています。果物のカテゴリですが、脂肪分が豊富で「森のバター」と呼ばれるほどです。 食べてこってりしてい …

明太子

明太子―豊かな魚介の風味を味付けに使ってカロリー減に

明太子はご飯のお供の代表格です。マヨネーズと和えたり、パスタにしたり、調味料としても活躍の場が広い食材です。 明太子はたらの卵ですから、カロリーも高いはず…実際のところ、明太子のカロリーはどのくらいあ …

にんじん

にんじん―クセが無くなったので、ぜひ生で!

にんじんは、日本人が一番食べる野菜です。 厚生労働省が調査した「野菜の摂取量ランキング」によると、3万人以上のある1日の食事を調査したところ、その77%がにんじんを食べていた、とのことです。これは2位 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー