ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

はちみつ―砂糖より低カロリー、栄養高く値段も高い

投稿日:2017-06-12 更新日:

はちみつ

はちみつは、砂糖よりも優しい甘さで、栄養があり体に良い、というイメージがあると思います。

これは古くからあるイメージで、世界各地のことわざに「蜂蜜」が数多く登場し、良いものを表わす代表的な存在となっています。

では、はちみつはカロリーがどのくらいあるのでしょうか?砂糖と比較してはどうなのでしょう?
また、はちみつを利用したちょい減カロリーのアイデアについても考えてみましょう。

はちみつのカロリー

はちみつ…294キロカロリー(100gあたり)

(参考…砂糖100gあたり)
上白糖…384キロカロリー
グラニュー糖…387キロカロリー
三温糖…382キロカロリー

はちみつは、砂糖より100キロカロリーも少ないです。

この原因は水分量にあります。見た目からわかる通り、はちみつには水分が20%も含まれてます。

その結果、はちみつは砂糖よりカロリーが少なくなります。

はちみつと砂糖の容量比較

大さじ1では、ハチミツは約22g約65キロカロリーです。
砂糖は大さじ1で約9gなので、約25キロカロリーになります。

同じ容量で比べてみると砂糖の方が低カロリーになります。

しかし、カロリーを考える上でもっと重要な比較があります。それは「同じ味にする場合」です。

同じ甘味のはちみつと砂糖のカロリー比較

甘味を比較すると、はちみつは砂糖より1.3倍ほど甘味が強いそうです。これを容量で換算するとはちみつ1に対して砂糖3で同じ甘さだそうです。

つまり、砂糖の代わりにハチミツを入れるとすれば、砂糖の3分の1の量のハチミツで代用できるわけです。

例えばはちみつ大さじ1(22g)は砂糖大さじ3(27g)と同じになります。この時のカロリーは

はちみつ…65キロカロリー
砂糖…103キロカロリー

よって、はちみつの方がやっぱり低カロリーと言えます!

とはいえ、「じゃ砂糖の代わりに全部はちみつにしちゃえばいいじゃない」というのは、簡単な結論すぎるので、もう少しアイデアを考えてみましょう~

はちみつのちょい減カロリー:もったいない精神!

はちみつを利用したちょい減カロリーアイデアですが…

砂糖の代わりにはちみつを使うと低カロリーになるのは、先述の通りです。ではさらに、ちょっとだけ減らす方法はないものか、と考えてみました。

はちみつって高いですよね!

なので、「はちみつを料理にぜいたくに使うのはもったいない」という精神を培ってみましょう!そうすれば使いすぎは自然と避けたくなります。

これはきちんと計量する、というクセにもなります。主婦なら目分量で砂糖など調味料を加減できますが、使い慣れていないハチミツ(高級食材)は適当に扱えなくなります。そうすることで、適切な分量を意識するようになるのではないでしょうか?

このサイトでは、「ちょっとだけ」が目標です。ささいなことと思うことが、積み重なれば意外と大きな結果につながると信じています!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うどん

うどん―トッピングのカロリーを無視しない

うどんは香川をはじめとして、日本各地にご当地うどんがあります。主食の中でも消化がよく、普段食べる機会も多い食材だと思います。 さて、今回はそんな馴染みの深いうどんについて、カロリーに焦点を合わせてまと …

えのきだけ

えのきだけ―ひき肉料理を低カロリーにできる食材

えのきだけは鍋に欠かせない食材で、シャキシャキした食感が魅力のきのこです。味や香りにクセが無いので、どんな調理法でも合うという便利食材でもあります。 えのきだけはキノコ類ですから、以前はカロリーはゼロ …

ピーマン

ピーマン―空洞の野菜はカロリーも低め

ピーマンは、以前は子供が苦手な野菜ランキングで上位に必ず入っていましたが、最近は苦みが少ない品種や、色鮮やかなパプリカがよくお弁当に使われて食べる機会が増えているために、徐々にランクダウンしているそう …

牛タン焼き

牛タン―高カロリーでも少量で食べごたえ十分

牛タンは焼肉や仙台名物として有名ですね。焼くと食感が良く、噛みしめて牛タンの旨みを味わえます。一方、タンシチューのように柔らかく煮込んでも、ダシがよく出て美味しくなります。 さて、すっかり一般化した牛 …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー