ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜 食材

大根―日本一食べられる野菜は低カロリー

投稿日:2017-05-08 更新日:

大根

大根は日本人に愛されている野菜です。厚生労働省によると、野菜の中で一番食べる量が多いのが大根だそうです。

そんな食卓にしょっちゅう出てくる大根ですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、身近な大根を上手に使うちょい減カロリーアイデアとは?

大根のカロリー

食品標準成分表に載っている大根の100gあたりのカロリーは次の通りです。

大根・根・生…18キロカロリー
大根・根・ゆで…18キロカロリー
大根・葉・生…25キロカロリー

水分が多い大根は、加熱してもカロリーは変わらないようです。

大根おろし…34キロカロリー
大根おろし汁…11キロカロリー

大根おろしは汁(水分)と分かれるので、カロリーが少し高くなります。

切干大根・乾…301キロカロリー
切干大根・ゆで…19キロカロリー

切干大根は生の状態で95%あった水分が8%まで乾燥させますから、カロリーも見た目は上がりますが、ゆでると再び水分が95%まで戻ります。

また、漬物についても見てみましょう。

ぬかみそ漬け…30キロカロリー
たくあん(干しだいこん漬け)…27キロカロリー
べったら漬け…57キロカロリー
みそ漬け…78キロカロリー
福神漬け…136キロカロリー

大根の漬物も、水分がどのくらい残っているのかで変わります。生に近い食感はカロリーが低い、くらいに覚えておきましょう。

大根料理は日持ちのするものに

さて、冒頭の「日本人が一番食べている野菜」という調査は、ある1日について数万人の食事を調査したものです。

この調査によれば、実は大根は「一番多く量を食べられた野菜」なのですが、「食べた人数が多かった野菜」はニンジンで、大根は3位でした。

どういうことかというと、大根といえば煮物ですが、一回に食べる大根の量が多いので、その調査した人たちの食べた量を合計するとトップに立ちます。
一方、1位ニンジンや2位玉ねぎは、色付けや味出しにちょっと足すことも多いので、1人あたりの摂取量が少ないですが、多くの人がその1日のうちのどこかで口にしていた、というデータになっています。

逆に言うと、大根は煮物など調理に時間がかかるので、毎日は料理しづらい野菜であるということです。

煮物はたくさん作ると美味しいと言われていますし、一晩経つと味も染みますから、一度に作る量を少し多めにして、毎日摂るようにできれば、低カロリー食材「大根」を食卓に活かすことができます。

大根のちょい減カロリー:ぜひ生で!

さて、大根のちょい減カロリーアイデアですが「生で食べるレシピを増やそう!」です。

というのは、大根は定番の煮物でも甘味が不可欠です。味付けが薄いとイマイチ美味しくないと感じてしまいます。

また、大根の他のレシピでも肉の脂を合わせることが多いです。大根と油(脂)は相性が良いので、肉との組み合わせが多いのですが、カロリーが気になるときは、あまり気が進まないかもしれません。

生の大根だと、噛みごたえがありますし、例えばサラダならノンオイルのドレッシングなどは何種類も出ていますから、低カロリーで好きな味付けも可能になります。

大根おろしの場合も、砂糖などの甘味をわざわざ足したいとは思わないでしょう。その大根のさっぱりとした風味と味の絡みやすさを生かすなら、料理全体の味付けもいつもよりカロリーを減らせるかもしれません。

ぜひ大根の活動の幅をドンドン広げていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴーヤ

ゴーヤ―強い個性でメインに使える低カロリー野菜

ゴーヤは暑い夏に食べたくなる野菜です。苦みの中に独特な旨味があり、子供向きではないですが、時々食べたくなる味です。 ゴーヤは、どのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、ゴーヤのちょい減カロリーのアイ …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

ちくわ

ちくわ―低カロリー食材は薄味に

  ちくわは魚肉のすり身を焼いたもので、ヘルシーな食材のイメージがあると思います。 また、ちくわは調理加工がしやすいので、お弁当やちょっとしたおかずなど、冷蔵庫に入れておくと便利な食材でもあ …

コーヒー

コーヒー―低カロリーでも飲みすぎ注意

コーヒーは毎日何杯も飲む方も多い、日常でよく見る飲み物です。気軽な飲み物でもあり、カフェ、喫茶店、コーヒー専門店など、わざわざ飲みに行きたくなるということもあることでしょう。 さて、コーヒーはブラック …

うどん

うどん―トッピングのカロリーを無視しない

うどんは香川をはじめとして、日本各地にご当地うどんがあります。主食の中でも消化がよく、普段食べる機会も多い食材だと思います。 さて、今回はそんな馴染みの深いうどんについて、カロリーに焦点を合わせてまと …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー