ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類 食材

ささみ―カロリーは鶏むね肉や鶏もも肉と大差なし!?

投稿日:2017-02-28 更新日:

鶏肉の中でも「ささみ」は低カロリー高たんぱく食材として知られています。ボディビルダーやアスリートもささみを選ぶことがあるそうですが、さてそこまで肉体を追い込まない私たちは、ささみのカロリーにまず注目してみましょう。すると、意外な真実がありました。

ささみのカロリーと鶏肉の部位との比較

では、単純に生の状態で100gのカロリーを見てみましょう。

ささみ…105キロカロリー
むね・皮なし…116キロカロリー
もも・皮つき…204キロカロリー
もも・皮なし…127キロカロリー (すべて若鶏)

もも肉の皮つきが高いのは当たり前ですが…皮さえなければ、ささみとむね肉の差が11キロカロリー、もも肉との差は22キロカロリーだけです。

もちろん、ちょい減カロリーの観点から、10も20も積もっていくと有益な差なのですが、思っていたほどではない、というイメージではないですか?鶏肉で高カロリーなのは「皮」だったのです。

ささみを選ぶメリットはあるの?

じゃあ、筋肉を付ける必要もなくカロリー制限だけの目的なら、ささみのメリットってあるの?と思うかもしれませんね。

それは加熱した時のカロリーで比較できます。

ささみ(ゆで)…125キロカロリー
もも(皮なし・ゆで)…155キロカロリー

差が22キロカロリーから30キロカロリーまで開きました!
原因としては、ささみは筋肉質のため肉汁があまり出てこないです。そのため、ゆでても肉汁を失わず水分が残っているのです。

一方、鶏もも肉は水分が8%減少してしまい、ゆでてから100g計ったものと生の100gと比較すると、水分が抜けた分、タンパク質が相対的に増えているのでカロリーも増えるということになるのです。

また、もも肉はゆでると脂質が5.2gになり、ささみの1.0gと比べると目立ちます。カロリーの点しか見ないとしても、調理法によってはむね肉・もも肉と近づくこともありますが、同じ調理であれば、ささみがカロリーが低いということは揺るがないようです。

ささみのちょい減カロリー:調理の時には油より旨み

さて、ささみのちょい減カロリーには「調理で油を足さない!」です。

ささみはどうしてもパサパサ感が多少残るものですから、和え物にしたり、スープや味をからめる調理法が美味しく感じます。

ですが、マヨネーズやドレッシングはどうしても高カロリーになりますし、香りにごま油を使った和え物もちょっとカロリーが気になります。

例えば、油なしでパサつきをおさえるためには、基本中の基本の「パサつかないように火を通しすぎない」の手順を抑えることです。

または、スープにすると、ささみからの旨み、チキンブイヨンやコンソメで旨味を足すことができるので、満足する味を油なしで作り出すことも可能だと思います。
ご飯も一緒にするとサムゲタン風ですので、体に良いショウガなど薬膳を入れていくのも良いかもしれません。

ぜひお試しください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類, 食材
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

ハム

ハム―低カロリーの豚肉として活用しよう!

ハムはお歳暮・お中元の定番として高級なハムもありますし、日常的に使う薄切りのハムもあり、冷蔵庫にストックしておく食品の一つかもしれません。 では、ハムは肉製品ですから、相当のカロリーがありそうですが、 …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

いちご

いちご―果物の中では低カロリー!

いちごはスーパーで出回り始めると、入口すぐに配置されて香りと鮮やかな赤が入ってきてうれしくなりますね。甘みとほどよい酸味で人気の果物ですが、カロリーという面ではどのような特徴があるでしょうか? いちご …

ピーマン

ピーマン―空洞の野菜はカロリーも低め

ピーマンは、以前は子供が苦手な野菜ランキングで上位に必ず入っていましたが、最近は苦みが少ない品種や、色鮮やかなパプリカがよくお弁当に使われて食べる機会が増えているために、徐々にランクダウンしているそう …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー