ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

春雨―しらたきの50倍のカロリー!?

投稿日:2017-03-06 更新日:

春雨サラダ

春雨はスープやサラダのイメージがあり、「ヘルシーな食材」というイメージがありませんか?透明だし、ツルツルしているし、カップめんに比べればカップ春雨スープの方が低カロリー、ということもあります。

しかし春雨のカロリーを調べてみると、意外と高カロリーであることが分かります。では、そのカロリーについて、また春雨を使ったちょい減カロリーについて考えてみましょう。

春雨のカロリー

春雨には、2種類がよく売られています。じゃがいもでんぷんで作られる春雨と緑豆から作られる春雨です。

普通春雨(乾)…350キロカロリー
緑豆春雨(乾)…356キロカロリー (100gあたり)

乾燥状態ですから高カロリーになりますが、水に戻す前の換算で1人分で10~20g使いますから35~70キロカロリーとなります。

見た目や食感が似ている「しらたき」は100gで6キロカロリーです。これを乾燥春雨と比べるのはフェアじゃないので50倍というのはオーバーな表現とはいえ、水に戻した後でも10倍近くのカロリー差があります。

春雨としらたきのカロリーの差の要因

春雨は緑豆やじゃがいもの「でんぷん」、しらたきはこんにゃくいもの「グルコマンナン」が主成分です。

この2つは両方とも炭水化物なのですが、「グルコマンナン」は消化吸収できない食物繊維一種ですからカロリーがありません。

一方、でんぷんは糖質ですから、でんぷんだけで作る春雨のカロリーは、その元である緑豆やじゃがいもと比べても高くなります。

春雨のちょい減カロリー:麺と思って食べる

さて、春雨を使ったちょい減カロリーアイデアですが、「麺の代わりに春雨を使う」です。これは、カップスープの商品になっているものもあるので、簡単にできます。

春雨は炭水化物でカロリーはあるのですが、小麦麺と比べるとかなり低カロリーです。その理由は水分量です。春雨は4~5倍の水分を含み、ゆであがりで80%の水分量になります。一方、ラーメンだと65%、うどんなら75%ですから、同じ重さで比較すると、春雨が低カロリーになります。

中華めんやうどんと比べれば、味わいや食感が違うので、「春雨が麺です」と言われても物足りなさを感じるかもしれません。しかし、春雨を活かした麺料理として考えるなら、料理のレパートリーが増えるとポジティブに考えることもできるのです!

何かの代わりに低カロリー食材に、と考えるとどうしても食材同士を比べてしまいますので、その低カロリー食材を生かすことを一番に考えるなら、食事を楽しむことを維持できると思います!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にんじん

にんじん―クセが無くなったので、ぜひ生で!

にんじんは、日本人が一番食べる野菜です。 厚生労働省が調査した「野菜の摂取量ランキング」によると、3万人以上のある1日の食事を調査したところ、その77%がにんじんを食べていた、とのことです。これは2位 …

もち

餅―ボリュームを活用して満足感を

お餅は日本人にとって特別な食べ物です。古くからお正月はもちろんですが、お祭りや季節の行事に欠かせない特別な食材でした。 また、有名なお寺や神社の周りではお餅が有名なところもありますが、旅してきて疲れた …

鮭

鮭―脂が乗った輸入サーモンのカロリーは?

鮭は日本人が一番食べている魚です。塩鮭は昔から食べられてきましたが、最近では輸入サーモンをお寿司や刺身で食べたり、しょっぱくなく脂が乗っていると人気が急速に上がっています。 それで皆さんも食べる機会が …

大根

大根―日本一食べられる野菜は低カロリー

大根は日本人に愛されている野菜です。厚生労働省によると、野菜の中で一番食べる量が多いのが大根だそうです。 そんな食卓にしょっちゅう出てくる大根ですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、身近な …

ウニ

ウニ―魚介の中でも低カロリー

ウニは、高級食材の代名詞のような存在ですね。好き嫌いが分かれる個性の強い味ですが、品質の良いものはとろける甘みと磯の風味の組み合わせが最高です。 ウニのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ウニ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー