ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜 食材

しいたけ―油を吸わせないで低カロリーをキープ

投稿日:

しいたけ

シイタケはキノコの代表格ですね。最近は様々なキノコが安く売られていますが、シイタケはよく家庭でも外食でも見かける存在感のあるキノコです。

きのこは低カロリーと言われていますが、シイタケはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、シイタケを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

シイタケのカロリー

シイタケは生100gあたり17キロカロリーです。

シイタケはタンパク質や糖質が少なく、食物繊維が豊富です。そのため、カロリーが低くなります。

シイタケのカロリーはゼロと言っていたけど?

キノコのカロリーは無い、という記憶がある方もおられることでしょう。

これは以前の研究では、キノコはエネルギー利用率の個人差が大きく出てしまい、数字として出すのが難しいとされていたためです。
つまり、以前からカロリーがゼロということではなく、具体的な数字が発表できなかっただけというわけです。

現在、きのこ類のカロリーは、他の食品と同様の計算式
脂質×9kcal/g
タンパク質×4kcal/g
糖質×4kcal/g
食物繊維×2kcal/g
これらを合計したものに、×0.5をして求められています。
この0.5倍というのは、きのこ類はカロリーが多くなる人も少なくなる人もいるので、間を取った目安の数値だからだそうです。

ちなみに、食物繊維にもカロリーがあるというのも、最近変わってきたことですね。
このような計算式で、シイタケを含めきのこ類はカロリーが低くなっています。

シイタケのちょい減カロリー:油を使わない調理を!

さて、シイタケのちょい減カロリーですが、「油を使わないで食べよう!」です。

シイタケは油を吸いやすい性質を持っていて、食品標準成分表によると油炒めにすると100gあたり57キロカロリーとなっています。
油が高カロリーというのは当然の常識としても、他の野菜以上に調理する油の影響を受けるのがシイタケです。
シイタケは低カロリーだからと甘い考えは禁物です。

それで、油を使わないシイタケのレシピだと、(リンクはNHKきょうの料理サイト「みんなのきょうの料理」のレシピページです)

おひたし(きのこのだしびたし

煮物(きのこのうま煮

マリネ(きのこのマリネ

などがあります。
シイタケだけでは物足りないかもしれませんが、低カロリーのきのこ類を何種類か使うことで、味に深みと広がりが出て、油がなくても満足感のある一皿になります。

シイタケを上手に活用しましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バター

バター―実は油脂の中では低カロリー

バターは油脂の中でも風味が強く、料理に使われることも多い食材です。ただ、最近は高級品になってきて、マーガリンで代用する方も多いかもしれません。 バターは油脂ですから、カロリーが相当なものだというイメー …

バゲット

フランスパン―脂肪を使わず作る低カロリーパン

フランスパンは、種類も様々なハード系のパンで、最近は朝食パン派が増えてきている影響もあって、日常的な食事に選ぶ方も多いそうです。 食べる機会の増えてきたフランスパンですが、カロリーはどのくらいあるので …

にんにく

にんにく―栄養をたっぷり蓄えて高カロリー

ニンニクは、風味づけや薬味にいろいろな料理に使われる野菜で、スタミナをつけるために丸ごと食べたりもしますね。 ニンニクには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ニンニクのちょい減カロリーのア …

きゅうり

きゅうり―カロリーが低くても味付けに注意

きゅうりはサラダには欠かせない野菜の1つです。夏野菜ですが一年中いつでも手に入れやすいので、一年中いつでも食べる機会が多いですね。 きゅうりのカロリーは気にしたことがないかもしれませんが、実際、どのく …

マーガリン

マーガリン―低カロリー油脂のファットスプレッドとは?

マーガリンは、当初はバターの代用品として開発されましたが、今では安くて(柔らかいので)扱いやすい油脂として使われています。 健康に悪いという意見については後述します。 マーガリンは植物性なので、バター …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー