ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類 食材

牛タン―高カロリーでも少量で食べごたえ十分

投稿日:2019-03-16 更新日:

牛タン

牛タンは焼肉や仙台名物として有名ですね。焼くと食感が良く、噛みしめて牛タンの旨みを味わえます。一方、タンシチューのように柔らかく煮込んでも、ダシがよく出て美味しくなります。

さて、すっかり一般化した牛タンですが、カロリーがどのくらいあるのでしょうか?また、牛タンを利用したちょい減カロリーも考えてみましょう。

牛タンのカロリー

牛タンのカロリーは生・100gあたり356キロカロリーです。

これは、他の部位と比べてどうなのでしょうか?牛タンのほとんどは輸入牛なので、輸入牛の各部位と比べてみます。

肩ロース…240キロカロリー
リブロース…233キロカロリー
バラ(カルビ)…371キロカロリー
ハラミ(サガリ)…301キロカロリー
ホルモン(小腸)…287キロカロリー

牛タンはカルビ並みの高カロリーであることが分かります。
牛タンは食感が固いので筋肉質と誤解されがちですが、実は脂質を多く含む(31.8%)部位です。

赤身と同じ感覚で食べることはやめましょう!

(注:他サイトではもっと低いカロリーで書いてある場合があります。栄養標準成分表が改訂されており、100gあたり100キロカロリーほど高い数値になりました。)

牛タンのちょい減カロリー:噛みしめて食べる

さて、牛タンのちょい減カロリーのアイデアですが、「よく噛んで食べて満足感を得よう!」です!

牛タン焼き

牛タンは牛肉の他の部位より高いカロリーですが、噛みごたえという点では抜きんでています。よく噛むことで満足感と満腹感を得やすくなり、その点で他の肉より少量で済みます。

現に焼肉屋さんでは1人前が同じ枚数でも、タンは薄切りになっていて重さにしたら少なくなっていますよね。その理由の1つは、「その量でも満足するから」です。

牛タンも定食になると、揚げ物であるとんかつ定食や唐揚げ定食、脂の乗ったサバ焼き定食などより低カロリーになります。
これも、タンは他の肉より原価が高いので使われる量が少ないことが一因と考えられます。でも定食で出てくる量で「全然足りないな」と思うことは少ないでしょう。

そのように少量で満足できる、という特性を活かせば、摂取カロリー全体として低くすることも可能です。高カロリーだからと敬遠しないで、賢く美味しい牛タンを食べていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ソーセージ

ソーセージ―詰まった旨味を活用してカロリーの分散を

ソーセージは子どものお弁当のおかずにも、ビールのおつまみにも、朝食バイキングでも定番になっている食材です。ゆでたり焼いたり炒めたりしますが、ソーセージだけで美味しいので、料理する手間もかからないので、 …

ブロッコリー

ブロッコリー―何にでも使える低カロリーの便利食材

ブロッコリーは甘みの強い野菜で、子供や女性が好きな野菜ランキングで上位に入ってきます。緑が鮮やかなので、サラダやお弁当の添え物に重宝されています。 メインで使われることが少ないので、カロリーについて考 …

キャベツ

キャベツ―存在感のなさが人気の秘訣?

キャベツはロールキャベツや回鍋肉のように主役級の働きをする料理もあれば、千切りが様々な料理の付けあわせにつけたりと、家庭でもレストランでもフル回転で出番が来る野菜の1つだと思います。実際、野菜の中で1 …

大豆と豆乳

豆乳―栄養価が高いけどカロリーは牛乳と同じ

豆乳は、最近は健康のために飲むという方が増えています。最も豆乳ブームといわれていた10年前に比べて、1.5倍の生産量になっており、今なお毎年右肩上がりで伸び続けているほどです。今が「第3次豆乳ブーム」 …

もやし

もやし―財布に優しく低カロリーで栄養もある=優秀な野菜

もやしは財布に優しい野菜の代表です!天候に左右されず、安定して安く手に入るので、食べる機会も多いのではないでしょうか? もやしのイメージはあまり味がなく、水分も多いので、もやしのカロリーはあまり気にし …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー