ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

わかめ―低カロリー食材でも食べ過ぎ注意

投稿日:

わかめ

わかめは家庭でもよく食べる海藻の代表格ですね。旬には生のわかめも出回りますが、乾燥わかめや塩蔵わかめで一年中、手に入れやすい食材です。

海藻は低カロリーというイメージですが、わかめはどのくらいのカロリーになるのでしょうか?また、わかめを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

わかめのカロリー

わかめのカロリーは、100gあたり次の通りです。

生わかめ…16キロカロリー
乾燥わかめ(素干し・水戻し)…17キロカロリー
塩蔵わかめ(塩抜き)…11キロカロリー

乾燥わかめは文字通り、わかめを乾燥させて水分を飛ばしたものです。食べる時には水に浸して戻します。

塩蔵わかめは生わかめを一度湯通しして、塩漬けにして水分を抜いたものなので、水で戻すのではなく「塩抜き」という作業が必要になります。

おそらく、この工程の違いが水分量の違い、つまりカロリーの差になってくると思いますが、戻す時間で逆転するくらいのわずかな差なので、気にしなくていいでしょう。

わかめは食べすぎ注意!

わかめは栄養も豊富で、食物繊維も多いことからダイエットに良いと言われていますが、食べ過ぎには注意しましょう!

わかめの栄養素の一つであるヨウ素は、摂り過ぎると甲状腺の機能に影響があると言われています。
また、わかめは海水に浸っており、そこから塩蔵したり、乾燥わかめでも塩蔵してから乾燥させた場合、どんなに水で戻しても塩分が多く含まれることになります。なので、わかめを食べすぎると塩分の摂り過ぎになる可能性もあります。

もちろん、普通の食事で何百グラムものわかめを食べることはないのですが、ご飯の代わりに~というように大量に食べるようになる置き換えダイエットには使わないようにしましょう。

わかめのちょい減カロリー:色々な料理のちょい足し食材に

では、わかめを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「わかめをちょい足しして食卓を豊かにしよう!」です!

わかめは彩りもよく、生のコリコリした食感も良いです。わかめの味もあっさりしていて、他の食材の邪魔になることがありませんし、様々な味付けに対応できます。

例えばNHK「きょうの料理」のサイト「みんなのきょうの料理」から見てみますと…

わかめと豚バラの甘辛炒め

厚揚げの梅じゃこわかめバーグ

といった一風変わったレシピでわかめが活用されています。

乾燥わかめなら保存しやすいので、常備しやすい食材です。加熱もされているので、すぐに使えるというメリットもあります。

わかめを上手に使って低カロリーな食卓にしていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

まぐろ

まぐろ―脂はカロリーの元でもDHA

まぐろは、お寿司やお刺身の顔とも言える魚で好きな方も多いですね。最近ではDHAが取れるなど、健康に良いイメージもあります。 まぐろは、トロになると脂もすごいのですが、その脂にDHAが含まれているので取 …

にんじん

にんじん―クセが無くなったので、ぜひ生で!

にんじんは、日本人が一番食べる野菜です。 厚生労働省が調査した「野菜の摂取量ランキング」によると、3万人以上のある1日の食事を調査したところ、その77%がにんじんを食べていた、とのことです。これは2位 …

キウイフルーツ

キウイ―ビタミンが豊富なフルーツの優等生

キウイは最近では美容や健康効果もあるということで、人気のフルーツの1つになっています。甘みや酸味も食べやすく、飽きのこない味なので毎日欠かさない方も少なくないです。 キウイダイエットも様々な方法で提案 …

ピーマン

ピーマン―空洞の野菜はカロリーも低め

ピーマンは、以前は子供が苦手な野菜ランキングで上位に必ず入っていましたが、最近は苦みが少ない品種や、色鮮やかなパプリカがよくお弁当に使われて食べる機会が増えているために、徐々にランクダウンしているそう …

ブロッコリー

ブロッコリー―何にでも使える低カロリーの便利食材

ブロッコリーは甘みの強い野菜で、子供や女性が好きな野菜ランキングで上位に入ってきます。緑が鮮やかなので、サラダやお弁当の添え物に重宝されています。 メインで使われることが少ないので、カロリーについて考 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー