ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

穀類・イモ類 食材

じゃがいも―満腹指数の高い低カロリー食材

投稿日:2017-02-07 更新日:

じゃがいもは炭水化物が多く、カロリーが高いイメージがあるかもしれません。しかし、最近『満腹指数』が高い食材として、注目されています。

『満腹指数』とは?

『満腹指数』とはオーストラリアの研究者の実験で、被験者が様々な食材を同じカロリーだけ食べて、その後の満腹感を数値化したものです。じゃがいもは「323」という高い数値になっています(パンを100とする基準で)。

この「323」は他を寄せ付けない数字で、白米で「138」、バナナで「118」、オートミールで「209」などと比べてもかなりの優等生です。

カロリーを比較しますと
じゃがいも…76キロカロリー
食パン…264キロカロリー
ご飯…168キロカロリー (いずれも100gあたり)
オートミール…190キロカロリー (1食50g換算)

この実験ではカロリーで量が決まるのですから、じゃがいもはたくさん食べられる、ということになります。それで、たくさん食べられるから満腹感も長持ちするのでは?、と考えることもできますが、炭水化物の多い食品の中で圧倒的な強さを誇っていることには違いありません。

カロリーが高いイメージはなぜついた?

では、なぜ「じゃがいもはカロリーが高い」というイメージがあるのでしょうか。それは、じゃがいもを「野菜」カテゴリに入れているからでしょう。

サラダや煮物では、じゃがいもは野菜と同じ扱いにしているかもしれません。例えばポテトサラダを作って「今日は野菜料理がないね」とは言わないことでしょう。

忘れてはならないことは、イモ類は「炭水化物」です。野菜と同じ感覚では、確かに高いといえます。例えばサラダの場合、ポテトサラダはじゃがいも+マヨネーズのコンビで高カロリーです。

ポテトサラダは揚げ物であるフライドポテトよりもカロリーが高いそうです。フライドポテトは素揚げなので油を吸わないからです。一方、ポテトサラダは油の入ったマヨネーズを付けて食べるわけで、その差は歴然としたものです。

もちろん、コロッケのように衣を付けて揚げたもの、肉じゃがのように他の食材と一緒になると、さらに上がりますのでお気を付けください。

じゃがいものちょい減カロリー:大きく固めに加熱

さて、じゃがいものちょい減カロリーアイデアですが、「大きく切る」かつ「食感の残るほどに加熱調理」です。

ポテトサラダにしても肉じゃがにしても、じゃがいも自体が淡白なので味をしっかり付けたら美味しいと感じます。薄いと物足りないと思います。

そうすると、マッシュ状態にして味付けると、表面積が増え調味料や油がこってりとまぶされることになります。美味しくはなりますが、カロリーという面からはよろしくないです。それで「大きく切る」ならよく噛むのでよく味わいますし、表面積が減るので調味料やドレッシングを減らすことができます。

また、そのためにも煮過ぎない、というのも大切です。やわらかいと口の中ですぐ崩れるので、味付けもしっかりしないと薄いと感じてしまいやすいです。食べごたえという点でも、すぐ溶けてなくなる感じでは、同じ量でも食べた気がしないかもしれません。

この辺りは気分的なものが大きいですが、そういうちょっとした気配りがちょい減カロリーの基本です!一度お試しくださいませ。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-穀類・イモ類, 食材
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

焼き芋

さつまいも―甘さをフル活用して減カロリー

さつまいもと聞くと、カロリー高めでダイエット時には避けたいと考えるかもしれません。では、実際にさつまいものカロリーと気を付けるべき点を考えてみましょう。 さつまいものカロリー さつまいも(生)…134 …

サーモン寿司

サーモン―寿司ネタ人気1位のカロリーは?

サーモンは昔からの塩鮭のイメージを打消し、脂が乗っていて、とろけるような食感が人気です。今や回転寿司の人気ネタランキングでは何年も連続で一位を記録するなど、サーモンは寿司ネタとして定番中の定番になって …

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

バナナ

バナナ-甘くても実は低カロリー食材

  バナナは果物としては高カロリー…でも 甘いものはカロリーが高い、と思ってはいませんか?バナナは可食部100gあたり93キロカロリーです。これは果物の中では高い方です。でも「果物」というカ …

レバー

レバー―お肉の中では低カロリー

レバーは鉄分が取れるなど体に良いイメージのある食材です。ただ匂いや風味が独特なので、大人になっても嫌いという人も多いです。 このレバーはカロリーという点でも、オススメの食材の一つです。では、レバーのカ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー