ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

コーヒー―低カロリーでも飲みすぎ注意

投稿日:2017-04-22 更新日:

コーヒー

コーヒーは毎日何杯も飲む方も多い、日常でよく見る飲み物です。気軽な飲み物でもあり、カフェ、喫茶店、コーヒー専門店など、わざわざ飲みに行きたくなるということもあることでしょう。

さて、コーヒーはブラックであればカロリーは無さそうなものですが、実際どうなのでしょうか?製品やチェーン店だとどのくらいあるのでしょうか?また、コーヒーのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

コーヒーのカロリー

食品標準成分表に載っているコーヒー類は100gあたりで

コーヒー…4キロカロリー
コーヒー(加糖)…38キロカロリー
コーヒー牛乳…56キロカロリー
コーヒー豆乳…60キロカロリー

スターバックスでは、ミルクを低脂肪、無脂肪と選べますが、とりあえずショート(240ml)でホット・ミルクで比較してみます。

ドリップコーヒー…10キロカロリー
スターバックスラテ…146キロカロリー
カフェモカ…265キロカロリー
カプチーノ…76キロカロリー
キャラメルマキアート…142キロカロリー

コーヒーフラペチーノ…171キロカロリー

ブラックコーヒーは、ほとんどカロリーを気にしなくてもいいですが、さすがに甘いものはカロリーが高めです。炭酸飲料ほどのカロリーがあるので、コーヒーなら大丈夫ということではないです。

甘くなくてもコーヒークリームは要注意

コーヒーに付いてくる砂糖はカロリーを気にするでしょうが、ちょっとだけクリームなら平気、と思ってはいないでしょうか?

コーヒークリームは乳脂肪、植物性脂肪、どちらでも作れます。ポーション1つ5mlで12キロカロリーほどあります。

スティックシュガー1本3gとしたら、同じく12キロカロリーくらいになります。

つまり、砂糖だけ、と、ミルクだけ、では同じカロリーになるという計算になります。
もちろん、他の食べ物と比べればわずかなものかもしれませんが、日常的に飲む飲み物だからこそ、意識せずに摂ることがないように注意が必要かもしれません。

コーヒーのちょい減カロリー:目的を持つ

さて、コーヒーのちょい減カロリーアイデアですが「コーヒーを飲む目的を持とう!」です。

なんとなく口が寂しいから、といった理由で飲んだり、仕事中やちょっと一休みで飲んだりするでしょう。必ずしも「コーヒーを飲みたい!」と思っているわけではないかもしれません。

お菓子だとダラダラ食べると、食べた量が分からなくなって食べ過ぎてしまう、ということが起こります。それと同じ現象がコーヒーにも起きていないでしょうか?

甘いものを我慢するから、ちょっとコーヒーを甘くしてもいいかな、と考えていたら、一日の合計で多めのカロリーになりかねません。

飲み物についても、油断しないで意識して飲むようにするのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

バナナ

バナナ-甘くても実は低カロリー食材

  バナナは果物としては高カロリー…でも 甘いものはカロリーが高い、と思ってはいませんか?バナナは可食部100gあたり93キロカロリーです。これは果物の中では高い方です。でも「果物」というカ …

梅干し

梅干し―調味漬は塩漬の3倍のカロリー

梅干しは漬物の中でも別格の、おにぎりの具や料理にもよく使われる、日本人に愛されている食材です。梅の個性や酸味や塩分も強いので、好き嫌いがあるかもしれませんね。 梅干しには、どのくらいのカロリーがあるの …

手羽先

手羽先―高カロリーでも食べる時には低カロリー!?

手羽先は名古屋メシでも有名ですが、安価な部位ですし、味もよくダシも出やすいので、家庭でもよく使う方も多いお肉です。 手羽先はカロリーはどのくらいあるのでしょうか?他の鶏肉の部位と比べると、手羽先のカロ …

大豆と豆乳

豆乳―栄養価が高いけどカロリーは牛乳と同じ

豆乳は、最近は健康のために飲むという方が増えています。最も豆乳ブームといわれていた10年前に比べて、1.5倍の生産量になっており、今なお毎年右肩上がりで伸び続けているほどです。今が「第3次豆乳ブーム」 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー