ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

食材

ブリ―魚としては高カロリーでも脂(DHA・EPA)は魅力

投稿日:2018-04-10 更新日:

ぶり

ブリは照り焼きや刺身など、家庭でも外食でもよく食べる魚の1つです。日本人の魚介類消費量ランキングでは第4位に入り、脂が乗っていて骨も少なく食べやすいので、子供にも人気が高いです。

ブリには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ブリのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

ブリのカロリー

ブリのカロリーは、生100gあたり257キロカロリーです。
ただし、これは背側と腹側で分けているわけではないので、腹側の脂の乗ったハラスはもっと高いカロリーです。

ではブリの定番料理のカロリーも、NHK「きょうの料理」で見てみましょう(リンクはNHK公式サイトのレシピに飛びます)。

ブリの照り焼き…330キロカロリー(1切れ100g)

ブリ大根…250キロカロリー(1人前75g)

ブリの幽庵焼き…200キロカロリー(1人前70g)

ブリしゃぶ…230キロカロリー(1人前75g)

200~330キロカロリーというのは、魚のおかずとしては高めのカロリーですが、お肉と比べると低カロリーです。

魚のおかずは塩鮭のように追加の味付けもなしで焼くだけ、というものも多いので、低カロリーで済むおかずがおおいです。その点では、たっぷりの脂を感じないように甘辛く砂糖を加えて味付けすることにより、ブリのおかずは少しカロリーが増えてしまいます。

ブリの脂は摂った方がいい!

では、ブリのカロリーを考えると、脂が良くないので避けるべきなのでしょうか?

いいえ、ブリの脂はEPA・DHAという体に良いとされる油ですので、むしろ積極的に摂った方が良いです!

ブリ100gにはEPAが約900㎎、DHAは約1,800㎎と豊富に含まれています。
EPA・DHAの目標摂取量は1日1000㎎ですから、ブリ1切れで達成できます。

日本人は魚を食べなくなってきているので、意識的に食べる必要があります。週に3回くらいで十分、健康効果が期待できるそうです。
美味しい時期には安く出回りますから特に、ブリを積極的に食べていきましょう!

ブリのちょい減カロリー:砂糖を使わない味付けを

では、ブリのちょい減カロリーのアイデアですが、「砂糖を使わない」です。

どうしてもブリ料理の定番のイメージが照り焼きですから、甘辛の味付けが一番合う、という固定概念があるかもしれません。

でも、生で刺身なら醤油だけですし、最近流行りのブリしゃぶもポン酢で美味しいですよね。甘くなければならないということは無いわけです。

例えば、塩ブリ、というレシピがあります。塩をして一晩置く、というだけですが、身が締まり、余分の水分を出して生臭さを抑えられるので、塩だけの味付けで十分美味しいブリのおかずになります。

脂が美味しいだけではないので、ブリを積極的に活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-食材,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベーコン

ベーコン―肉+調味料として捉えてみよう!

ベーコンは保存のきく肉として、冷蔵庫に常備されてる方も多いのではないでしょうか? その脂や凝縮された旨みがあることから、少量をダシ代わりに使うこともできます。塩分が強いので、ベーコンで味付けることすら …

玄米

玄米―カロリーは白米と差が無し

玄米は、古くから健康に良いと食べられてきて、健康ブームになるたびに玄米ブームが起こりますね。以前はクセの強いイメージの玄米も、最近は美味しい玄米が多いので、普段から食べる方も増えています。 健康に良い …

キウイフルーツ

キウイ―ビタミンが豊富なフルーツの優等生

キウイは最近では美容や健康効果もあるということで、人気のフルーツの1つになっています。甘みや酸味も食べやすく、飽きのこない味なので毎日欠かさない方も少なくないです。 キウイダイエットも様々な方法で提案 …

ハモ

ハモ―白身で淡白な低カロリーの魚

ハモは関西ではおなじみの、夏の高級食材ですが、東の方ではあまり見かけることすらない、地域性のある食材です。骨切という手間がかかってますが、そこまでして食べる価値のある大変美味しい魚です。 ハモには、ど …

大豆と豆乳

豆乳―栄養価が高いけどカロリーは牛乳と同じ

豆乳は、最近は健康のために飲むという方が増えています。最も豆乳ブームといわれていた10年前に比べて、1.5倍の生産量になっており、今なお毎年右肩上がりで伸び続けているほどです。今が「第3次豆乳ブーム」 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー