ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜 食材

レタス―低カロリー野菜に何を付けて食べるか

投稿日:2017-06-06 更新日:

レタス

レタスは生でサラダにすることが多い野菜です。レタスから栄養を摂ろう!と意気込んで食べるというよりも、そのみずみずしさで口がさっぱりする、といった目的で食べていることでしょう。

また、レタスチャーハンのように加熱して食べる場合もありますが、シャキシャキ感を残しても、クタクタになるまで火を通すのも、それぞれの良さがありますよね。

では、レタスはカロリーを見るとどのくらいあるのでしょうか?また、レタスを利用したちょい減カロリーアイデアとは?

レタスのカロリー

レタスには様々な種類がありますので、それぞれの100gあたりのカロリーを。

(リーフレタス)

レタス…14キロカロリー
リーフレタス…16キロカロリー
サニーレタス…16キロカロリー
サンチュ…15キロカロリー
サラダ菜…14キロカロリー

レタスは94~95%が水分なので、野菜の中でもカロリーは低い方です。
種類によってもほとんど変わりません。

レタス1玉で400~500gとすると、1玉丸ごとでも60~70キロカロリーと大変低カロリーです。

レタスの味付けを何にするかがポイント

カロリーを考える上で、低カロリーの野菜は特に注意すべきポイントがあります。どうやって食べるか、つまり何で味付けして食べるか、です。

サラダの定番はマヨネーズです。マヨネーズは大さじ1(12g)で100キロカロリー前後ありますから、野菜サラダのカロリーのほとんどを持っていくレベルです。

ハーフなどカロリーカットのマヨネーズにしても、例えばキユーピーライト(75%カロリーカット)で大さじ1あたり24キロカロリーといいますから、レタス半玉ほどのカロリーです。甘く見ずに、よく考えて使いましょう。

ドレッシング類も同様で、ノンオイルを選ぶなどドレッシング自体のカロリーを気にするようにしましょう。

レタス自体が水分が多くさっぱりしすぎるくらいですので、油分を欲するのが自然なことです。調べてみるとレシピのほとんどにマヨネーズやドレッシングをはじめ、風味づけにごま油やオリーブオイルを加えていました。
加熱するときにも、炒め油などで必要となりますから、加える油の量に注意しましょう。

レタスのちょい減カロリー:大きくちぎって生で

さて、レタスを使ったちょい減カロリーアイデアですが、「大きくちぎって生のまま食べよう!」です。

レタスは火を通すとかさが減って食べた感が少ないですし、加熱で壊れてしまう栄養成分、例えばビタミンCや葉酸があるので、それが摂れなくなるのはもったいないです。

大きくちぎると、よく噛むことにつながりますし、表面積が少なく済むので、ドレッシングも少なくて済みます。一口で入れる量が多くなると、表面全てにドレッシングをまとわせる必要もなくなりますし。

それと、レタスの栄養成分は水に溶けやすいものもあるので、洗ってからちぎるようにしましょうね!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

手羽先

手羽先―高カロリーでも食べる時には低カロリー!?

手羽先は名古屋メシでも有名ですが、安価な部位ですし、味もよくダシも出やすいので、家庭でもよく使う方も多いお肉です。 手羽先はカロリーはどのくらいあるのでしょうか?他の鶏肉の部位と比べると、手羽先のカロ …

マツタケ

マツタケ―低カロリーなので気にせず楽しんで

マツタケは高級食材の代表格ですね。香りがよいので、炊き込みご飯や土瓶蒸しといった香りを生かす料理が定番です。 さすがに家庭でよく食べるという方はいないと思いますが、最近は安めの輸入物も出回るようになっ …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

セロリ

セロリ―繊維質で水分も多いので低カロリー

セロリは生のまま野菜スティックで食べたり、スープや煮込み料理に使ったり、使われる料理は多いですが、風味が苦手だという方も多いので、自分で買ったことがない方も多いかもしれません。 セロリは、どのくらいの …

ちくわ

ちくわ―低カロリー食材は薄味に

  ちくわは魚肉のすり身を焼いたもので、ヘルシーな食材のイメージがあると思います。 また、ちくわは調理加工がしやすいので、お弁当やちょっとしたおかずなど、冷蔵庫に入れておくと便利な食材でもあ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー