ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜 食材

たけのこ―ボリュームアップに最適な存在感ある野菜

投稿日:

たけのこ

たけのこは春に旬を迎える春の代表的な味覚ですが、水煮は一年中手に入りますし、和食や中華などの様々な料理で見かける身近な食材ですね。

では、タケノコにはどのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、タケノコのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

たけのこのカロリー

食品標準成分表では、たけのこはゆで水煮缶詰のカロリーが掲載されています。

たけのこ・生…26キロカロリー
たけのこ・ゆで…30キロカロリー
たけのこ水煮缶詰…23キロカロリー
(すべて100gあたり)

たけのこは野菜の中では中間くらいのカロリーです。食べる部分が茎の部分で、水分が約90%と野菜としては少ないというのが関係しているようです。

また、たけのこを乾燥・発酵させ塩蔵したメンマの場合、塩抜きした状態で100gあたり19キロカロリーとなっています。
※ラーメンに乗っているよく知られているメンマは、この塩蔵したメンマを塩抜きしてから味付けしているものです。

たけのこ料理のカロリーは?

では、たけのこは料理すると、どのくらいのカロリーになるのでしょうか。
NHK「きょうの料理」を参考に見ていきましょう。(リンクは公式サイト「みんなのきょうの料理」)

たけのこご飯…310キロカロリー

若竹煮…50キロカロリー

たけのこの木の芽和え…80キロカロリー

たけのこと豚バラ肉の煮物…440キロカロリー

※比較…大根と豚バラ肉の煮物…430キロカロリー

たけのこ自体、特別に低カロリーといううわけではないので、他の野菜と置き換えてもあまり変わりない数字になります。

ただ、たけのこは加熱しても歯ごたえが残りますし、煮崩れもしませんからボリュームが保たれます。
つまり、他の野菜よりも食べごたえがある料理ができます。

たけのこのちょい減カロリー:たけのこちょい足しでボリュームアップ!

では、たけのこを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「ちょい足しでボリューム感UPを狙おう!」です!

たけのこは味も歯ごたえも含めて、たけのこの存在感が食べるときまで残る食材です。他の野菜よりも食べた後の満足感がある、ともいえます。

問題となるのは、値段が高い、ということですが…なのでちょい足しで、様々な野菜と組み合わせて使う、というのがカロリー的にもお財布的にも良いです!

水煮のたけのこなら、いつでも手に入りますし、調理もしやすいです。ぜひたけのこを活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

卵

卵―栄養満点、ではカロリーは?

卵は常に欠かさないようにしている、というご家庭が多いことと思います。物価の優等生とも呼ばれ、栄養価についてもタンパク質やビタミンなど豊富に含まれており、優等生と呼ぶにふさわしいです。 毎日の食事に欠か …

エリンギ

エリンギ―カサ増しにもってこいの低カロリー食材

エリンギはここ十数年で一気に定番化したキノコですね。シャキシャキした食感が加熱しても失われないので、いろいろな使い道があります。 エリンギには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、エリンギの …

生ハム

生ハム―塩気とカロリーが多めのハム

生ハムはイタリア料理の前菜の定番で、一昔前は高級食材でしたが、最近はスーパーでパック詰めされる商品など手ごろな価格で手に入れられるようになりましたね。普通のハムやベーコンと同じくらい身近な存在になって …

グレープフルーツ

グレープフルーツ―強い酸味と甘みで満足できる果物

グレープフルーツはさっぱりとした甘味と酸味と苦みのバランスの良い果物で、ビタミンCも取れることから女性を中心に人気があります。毎日食べる、というハマる人も続出中です。 すっかり日本の家庭で日常的になっ …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー