ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜

キクラゲ―食感を活かしたい低カロリーキノコ

投稿日:

きくらげ

キクラゲは、コリコリとした食感が美味しいキノコです。(クラゲじゃないです)。中華料理では欠かせない存在ですね。

キクラゲは、どのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、キクラゲを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えていきましょう。

キクラゲのカロリー

キクラゲは、ゆでた状態で100gあたり13キロカロリーです。

参考までに乾燥の状態だと、100gあたり167キロカロリーとなっており、水で戻すと7~8倍に膨らむので、100gあたり20キロカロリーほどになる計算です。

他の野菜と比べると、どうでしょうか?
野菜は全て加熱前なので、水で戻した状態のカロリーで比較してみましょう。

枝豆…135キロカロリー
かぼちゃ…91キロカロリー
ごぼう…65キロカロリー
にんじん…36キロカロリー
キャベツ…23キロカロリー
なす…22キロカロリー
ピーマン…22キロカロリー
キクラゲ…20キロカロリー
ほうれん草…20キロカロリー
トマト…19キロカロリー
大根…18キロカロリー
もやし…14キロカロリー
きゅうり…14キロカロリー
レタス…12キロカロリー

キクラゲは、野菜の中でも低いグループには入りそうです。キクラゲはいったん干す工程が入るので、凝縮されてキノコの中では少し高めになります。(キノコはだいたい15~20キロカロリー)

キノコのカロリーはゼロと言っていたけど?

キノコのカロリーは無い、という記憶がある方もおられることでしょう。

これは以前の研究では、キノコはエネルギー利用率の個人差が大きく出てしまい、数字として出すのが難しいとされていたためです。
つまり、以前からカロリーがゼロということではなく、具体的な数字が発表できなかっただけというわけです。

現在、きのこ類のカロリーは、他の食品と同様の計算式
脂質×9kcal/g
タンパク質×4kcal/g
糖質×4kcal/g
食物繊維×2kcal/g
これらを合計したものに、×0.5をして求められています。
この0.5倍というのは、きのこ類はカロリーが多くなる人も少なくなる人もいるので、間を取った目安の数値だからだそうです。

ちなみに、食物繊維にもカロリーがあるというのも、最近変わってきたことですね。
このような計算式で、マツタケなどキノコ類はカロリーが低くなっています。

キクラゲのちょい減カロリー:ちょい足し食材に

では、キクラゲのちょい減カロリーのアイデアですが、「普段のレシピにキクラゲをちょい足ししてみよう」です。

キクラゲは味にクセはなく、他の食材や味付けの邪魔をしません。ちょっと下ごしらえに手間をかける必要がありますが、食感が面白いので、良いアクセントになります。

NHK「みんなのきょうの料理」を参考に見てみると…

中国風魚の煮物…魚料理にも使えますし

きのこご飯…炊き込みご飯でもいいです

ブロッコリーと豚肉のマヨマスタード炒め…洋風の味付けも

キクラゲをもっと活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピーマン

ピーマン―空洞の野菜はカロリーも低め

ピーマンは、以前は子供が苦手な野菜ランキングで上位に必ず入っていましたが、最近は苦みが少ない品種や、色鮮やかなパプリカがよくお弁当に使われて食べる機会が増えているために、徐々にランクダウンしているそう …

マツタケ

マツタケ―低カロリーなので気にせず楽しんで

マツタケは高級食材の代表格ですね。香りがよいので、炊き込みご飯や土瓶蒸しといった香りを生かす料理が定番です。 さすがに家庭でよく食べるという方はいないと思いますが、最近は安めの輸入物も出回るようになっ …

マッシュルーム

マッシュルーム―洋風料理にちょい足ししてカサ増しに

マッシュルームは、薄切りでも歯ごたえがあり、香りと味わいが深いキノコです。缶詰で加熱済みは使いやすいですが、最近は生でも手に入れやすくなってます。 マッシュルームには、どのくらいのカロリーがあるのでし …

レタス―低カロリー野菜に何を付けて食べるか

レタスは生でサラダにすることが多い野菜です。レタスから栄養を摂ろう!と意気込んで食べるというよりも、そのみずみずしさで口がさっぱりする、といった目的で食べていることでしょう。 また、レタスチャーハンの …

とうもろこし

とうもろこし―野菜では高い・穀物では低い

とうもろこしは短い旬の時期は生のものをゆでたり焼いたり、生がない時期にも缶詰やコーンスープなど加工品として身近な食品ですね。 とうもろこしには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?とうもろこしを使 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー