ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類 食材

ホルモン―焼肉の中では低カロリー

投稿日:

ホルモン

ホルモンは焼肉のメニューの1つで、主に牛の小腸を指しますが、最近では牛の各部位を食べられるホルモン焼き屋さんも増えていますね。

ホルモンの中には脂がたっぷりついているものもありますから、カロリーも高いのでは?というイメージがあります。実際のところ、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ホルモンのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

ホルモンのカロリー

ホルモンの中で代表的な部位の100gあたりのカロリーを見てみましょう。特に書いてないものは生のものです。

ホルモン(小腸)…287キロカロリー
シマチョウ(大腸)…162キロカロリー
ミノ(第一胃・ゆで)…182キロカロリー
センマイ(第三胃)…62キロカロリー
コブクロ(子宮・ゆで)…106キロカロリー
ハツ(心臓)…142キロカロリー
レバー(肝臓)…132キロカロリー
サガリ(横隔膜)…301キロカロリー

ホルモン(大腸・ゆで)…179キロカロリー
ガツ(胃・ゆで)…121キロカロリー
コブクロ(子宮)…70キロカロリー
レバー(肝臓)…128キロカロリー

ホルモン(小腸)のカロリーは高いように見えますが、他の焼き肉の部位と比べてみますと…

カルビ(ばら)…517キロカロリー
ロース(かたロース)…411キロカロリー

ホルモンの方がずっと低いカロリーであることが分かりますね。

ホルモンのカロリーはタレも注意

焼肉のカロリーを考える上で、タレのカロリーは無視できません。

例えば、エバラの焼肉のたれのカロリーを参考にしますと…(大さじ1あたり)

まろやか塩だれ…21キロカロリー
黄金の味(甘口)…21キロカロリー
味噌醤油味…29キロカロリー

タレの使用量は、タレメーカーによりますと食材の重量に対して15~20%と言われていますので、先ほどのホルモン100gを食べるときには、この大さじ1のカロリーを足さなければならないことになります。

20キロカロリーとなると、カロリー1割増しですからけっこう大きいですね。

カルビなどであれば、塩だけで食べることもできますが、ホルモン系はタレが一般的ですので、タレのカロリーも計算に入れておきましょう!

ホルモンのちょい減カロリー:よく焼いて食べる

では、ホルモンのちょい減カロリーアイデアですが「よく焼いてから食べる!」です!

ホルモンはお店で食べるときは、味付けされたものを焼いて食べるだけですから、カロリーを落とすチャンスはそれほど多くはありません。

でも、お店なら網焼きが主流です。網焼きは脂が落ちるので、生より少しカロリーが落ちます。余分なタレも流れ落ちます。
肉は火を通しすぎると固くなって美味しくなくなりますが、ホルモンの場合は元々弾力が強いので火の通しすぎで美味しくない、とは感じないです。

脂の落としすぎも美味しくないです。ホルモンは他の部位より低カロリーなので、焼肉屋さんではフル活用したいですね。
気を長くしてじっくり焼いて、美味しくて低カロリーなホルモンを気兼ねなく食べましょう。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ミートソースパスタ

パスタ―形の違いはカロリーの違いにならない

パスタは、日本でもすっかり家庭の食卓でもお馴染みになった麺類です。ご飯と同じように、ソースを変えれば飽きずに食べ続けられるので、重宝している方も多いと思います。 パスタは主食で、炭水化物ですからカロリ …

玉ねぎ

玉ねぎ―甘みの強さを料理に活かそう

玉ねぎは身近な野菜で、好きな野菜アンケートで上位に入る実力があります。使い勝手がよく、火を通せば甘く、生の辛みも魅力となる野菜なので、常備しているご家庭も多いことと思います。 よく使う野菜だからこそ、 …

焼き芋

さつまいも―甘さをフル活用して減カロリー

さつまいもと聞くと、カロリー高めでダイエット時には避けたいと考えるかもしれません。では、実際にさつまいものカロリーと気を付けるべき点を考えてみましょう。 さつまいものカロリー さつまいも(生)…134 …

ラムチョップ

ラム肉―イメージと違って美味しいところは高カロリー

ラム肉はその栄養成分カルニチンがダイエットにいいとブームになったこともあり、今ではジンギスカンが北海道以外でも一般的なメニューになってきました。さすがに家庭でもよく食べるというのは、まだ北海道民しかい …

トマト

トマト―低カロリーの万能調味料

トマトは目にも鮮やかな赤い色、生でも加熱しても美味しく、年中手に入ることなどから、よく食卓に出てくる野菜の1つになっています。数年前にはリコピンなどトマトの成分が健康に良いと取り上げられ、トマトブーム …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー