ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類 食材

ホルモン―焼肉の中では低カロリー

投稿日:

ホルモン

ホルモンは焼肉のメニューの1つで、主に牛の小腸を指しますが、最近では牛の各部位を食べられるホルモン焼き屋さんも増えていますね。

ホルモンの中には脂がたっぷりついているものもありますから、カロリーも高いのでは?というイメージがあります。実際のところ、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ホルモンのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

ホルモンのカロリー

ホルモンの中で代表的な部位の100gあたりのカロリーを見てみましょう。特に書いてないものは生のものです。

ホルモン(小腸)…287キロカロリー
シマチョウ(大腸)…162キロカロリー
ミノ(第一胃・ゆで)…182キロカロリー
センマイ(第三胃)…62キロカロリー
コブクロ(子宮・ゆで)…106キロカロリー
ハツ(心臓)…142キロカロリー
レバー(肝臓)…132キロカロリー
サガリ(横隔膜)…301キロカロリー

ホルモン(大腸・ゆで)…179キロカロリー
ガツ(胃・ゆで)…121キロカロリー
コブクロ(子宮)…70キロカロリー
レバー(肝臓)…128キロカロリー

ホルモン(小腸)のカロリーは高いように見えますが、他の焼き肉の部位と比べてみますと…

カルビ(ばら)…517キロカロリー
ロース(かたロース)…411キロカロリー

ホルモンの方がずっと低いカロリーであることが分かりますね。

ホルモンのカロリーはタレも注意

焼肉のカロリーを考える上で、タレのカロリーは無視できません。

例えば、エバラの焼肉のたれのカロリーを参考にしますと…(大さじ1あたり)

まろやか塩だれ…21キロカロリー
黄金の味(甘口)…21キロカロリー
味噌醤油味…29キロカロリー

タレの使用量は、タレメーカーによりますと食材の重量に対して15~20%と言われていますので、先ほどのホルモン100gを食べるときには、この大さじ1のカロリーを足さなければならないことになります。

20キロカロリーとなると、カロリー1割増しですからけっこう大きいですね。

カルビなどであれば、塩だけで食べることもできますが、ホルモン系はタレが一般的ですので、タレのカロリーも計算に入れておきましょう!

ホルモンのちょい減カロリー:よく焼いて食べる

では、ホルモンのちょい減カロリーアイデアですが「よく焼いてから食べる!」です!

ホルモンはお店で食べるときは、味付けされたものを焼いて食べるだけですから、カロリーを落とすチャンスはそれほど多くはありません。

でも、お店なら網焼きが主流です。網焼きは脂が落ちるので、生より少しカロリーが落ちます。余分なタレも流れ落ちます。
肉は火を通しすぎると固くなって美味しくなくなりますが、ホルモンの場合は元々弾力が強いので火の通しすぎで美味しくない、とは感じないです。

脂の落としすぎも美味しくないです。ホルモンは他の部位より低カロリーなので、焼肉屋さんではフル活用したいですね。
気を長くしてじっくり焼いて、美味しくて低カロリーなホルモンを気兼ねなく食べましょう。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アボカド

アボカド―森の“バター”はダテじゃない

アボカドは若い女性に人気の食材です。サンドイッチや回転寿司でよく見かける、ありふれた食材になってきています。果物のカテゴリですが、脂肪分が豊富で「森のバター」と呼ばれるほどです。 食べてこってりしてい …

大根

大根―日本一食べられる野菜は低カロリー

大根は日本人に愛されている野菜です。厚生労働省によると、野菜の中で一番食べる量が多いのが大根だそうです。 そんな食卓にしょっちゅう出てくる大根ですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、身近な …

さんま

さんま―カロリー高めでも脂(DHA・EPA)は摂りたい

さんまは秋刀魚と書くように、秋を代表する魚ですが、今では冷凍さんまもあり、一年中、脂の乗ったさんまを食べることができます。 さんまは落語にも出てきますが、脂が多いイメージのある魚です。では、カロリーも …

サーロイン

サーロイン―輸入牛ならさっぱりと

サーロインはステーキによく使われ、牛肉の中でもジューシーな肉汁と、脂の旨味を楽しめる部位です。 サーロインには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、サーロインのちょい減カロリーも考えてみまし …

豚バラスライス

豚バラ肉―見た目の通り脂のおかげで高カロリー

豚バラ肉は、豚肉の中でも脂身の旨みと赤身の旨みを両方楽しめる部位です。炒めものにはスライス、焼肉には厚切り、煮物にはブロックで、と形状も色々な豚バラ肉は、家庭でも出番の多いことでしょう。 でも豚バラ肉 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー