ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

穀類・イモ類 食材

グラノーラ―穀類に甘みを加えればカロリーは高くて当然

投稿日:

グラノーラ

グラノーラは最近ブームになっています。健康や美容に良いと、朝食にしている方も増えているそうです。メーカー品は食べやすいようにドライフルーツと混ぜ、フルーツグラノーラとして見かけることが多いですね。

グラノーラがダイエットにもいいとも言う人がいますが、カロリーはどのくらいになるのでしょうか?また、グラノーラのちょい減カロリーのアイデアも合わせて考えてみましょう。

グラノーラのカロリー

グラノーラのカロリーは、市販品を参考にしてみますと…

カルビー フルグラ…一食50gあたり220キロカロリー
フルグラ糖質25%オフ…1食50gあたり234キロカロリー

ケロッグ フルーツグラノラハーフ…40gあたり154キロカロリー

日清シスコ ごろっとグラノーラ メープル仕立ての贅沢果実…40gあたり168キロカロリー

アサヒ バランスアップ フルーツグラノーラ…30gあたり137キロカロリー

100gあたりにすると400キロカロリー以上と、かなり高カロリー食品であることが分かりますね。ご飯100gで168キロカロリーですから、倍以上のカロリーになります。

もちろん、ご飯よりも少なく済むので、単純比較はできませんが、グラノーラ+牛乳200ml(130キロカロリー)という最も一般的な食べ方をすれば300キロカロリー前後くらいです。

カロリー以外の栄養素という点では、白米だけよりもバランスが良いですから、その点も考えると、カロリーが同じくらいならグラノーラを選ぶ、というのもアリですね。

グラノーラって、何?

ところで、グラノーラって急に出てきた印象がありますが、グラノーラとは何でできているのでしょうか?Wikipediaによると

ロールドオーツ(燕麦の押麦)や、麦、 玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、ココナッツ、ナッツなどを、砂糖、蜂蜜、 メープルなどのシロップ(糖蜜)、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの

つまり、シリアルに甘みを足したもの、ということになります。ドライフルーツも合わせてますし、そりゃカロリーも上がりますわな…

ちなみにフルグラ糖質25%オフの場合、フルーツの代わりにナッツが増量されているようで、糖質がカットされているもののカロリーが高くなる、という現象が起きます。

グラノーラのちょい減カロリー:自作する

さて、グラノーラのちょい減カロリーのアイデアですが、「カロリーを意識した材料を選んで自作しよう」です。

グラノーラは、穀類+砂糖やハチミツ+油+ナッツ+フルーツとカロリーの元となるものばかりが材料です。
なので、市販のものを食べるだけだとイメージできませんが、「こんなに入れて作っているのか…」と理解するために一度自分で作ってみるというのは一つの手です。

グラノーラの作り方自体は難しくありません。材料を混ぜてオーブンで焼いたり、フライパンで炒ったりするだけです。

ぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-穀類・イモ類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ほうれんそう

ほうれん草―油は相性がいいが少し控えてみよう

ほうれん草は緑黄色野菜の定番で栄養価が高く、旬は冬ですが一年中、手に入れやすい野菜です。 彩りや栄養のため、毎日の食事に少しでも加えたい食材ですが、ほうれん草のカロリーはどのくらいあるのでしょうか?ま …

アボカド

アボカド―森の“バター”はダテじゃない

アボカドは若い女性に人気の食材です。サンドイッチや回転寿司でよく見かける、ありふれた食材になってきています。果物のカテゴリですが、脂肪分が豊富で「森のバター」と呼ばれるほどです。 食べてこってりしてい …

さんま

さんま―カロリー高めでも脂(DHA・EPA)は摂りたい

さんまは秋刀魚と書くように、秋を代表する魚ですが、今では冷凍さんまもあり、一年中、脂の乗ったさんまを食べることができます。 さんまは落語にも出てきますが、脂が多いイメージのある魚です。では、カロリーも …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

大豆と豆乳

豆乳―栄養価が高いけどカロリーは牛乳と同じ

豆乳は、最近は健康のために飲むという方が増えています。最も豆乳ブームといわれていた10年前に比べて、1.5倍の生産量になっており、今なお毎年右肩上がりで伸び続けているほどです。今が「第3次豆乳ブーム」 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー