ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

穀類・イモ類 食材

グラノーラ―穀類に甘みを加えればカロリーは高くて当然

投稿日:

グラノーラ

グラノーラは最近ブームになっています。健康や美容に良いと、朝食にしている方も増えているそうです。メーカー品は食べやすいようにドライフルーツと混ぜ、フルーツグラノーラとして見かけることが多いですね。

グラノーラがダイエットにもいいとも言う人がいますが、カロリーはどのくらいになるのでしょうか?また、グラノーラのちょい減カロリーのアイデアも合わせて考えてみましょう。

グラノーラのカロリー

グラノーラのカロリーは、市販品を参考にしてみますと…

カルビー フルグラ…一食50gあたり220キロカロリー
フルグラ糖質25%オフ…1食50gあたり234キロカロリー

ケロッグ フルーツグラノラハーフ…40gあたり154キロカロリー

日清シスコ ごろっとグラノーラ メープル仕立ての贅沢果実…40gあたり168キロカロリー

アサヒ バランスアップ フルーツグラノーラ…30gあたり137キロカロリー

100gあたりにすると400キロカロリー以上と、かなり高カロリー食品であることが分かりますね。ご飯100gで168キロカロリーですから、倍以上のカロリーになります。

もちろん、ご飯よりも少なく済むので、単純比較はできませんが、グラノーラ+牛乳200ml(130キロカロリー)という最も一般的な食べ方をすれば300キロカロリー前後くらいです。

カロリー以外の栄養素という点では、白米だけよりもバランスが良いですから、その点も考えると、カロリーが同じくらいならグラノーラを選ぶ、というのもアリですね。

グラノーラって、何?

ところで、グラノーラって急に出てきた印象がありますが、グラノーラとは何でできているのでしょうか?Wikipediaによると

ロールドオーツ(燕麦の押麦)や、麦、 玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、ココナッツ、ナッツなどを、砂糖、蜂蜜、 メープルなどのシロップ(糖蜜)、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの

つまり、シリアルに甘みを足したもの、ということになります。ドライフルーツも合わせてますし、そりゃカロリーも上がりますわな…

ちなみにフルグラ糖質25%オフの場合、フルーツの代わりにナッツが増量されているようで、糖質がカットされているもののカロリーが高くなる、という現象が起きます。

グラノーラのちょい減カロリー:自作する

さて、グラノーラのちょい減カロリーのアイデアですが、「カロリーを意識した材料を選んで自作しよう」です。

グラノーラは、穀類+砂糖やハチミツ+油+ナッツ+フルーツとカロリーの元となるものばかりが材料です。
なので、市販のものを食べるだけだとイメージできませんが、「こんなに入れて作っているのか…」と理解するために一度自分で作ってみるというのは一つの手です。

グラノーラの作り方自体は難しくありません。材料を混ぜてオーブンで焼いたり、フライパンで炒ったりするだけです。

ぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-穀類・イモ類, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

そうめん

そうめん―麺の食べすぎには注意!

そうめんは夏の風物詩です。つるつると食べられるのどごしとサッパリした味は、暑い日にピッタリです。 そうめんはよくお昼に、単品で食べることが多いイメージですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?他の …

食パン

食パン-食べ方次第でカロリーが大きく変化

最近、パンが米より消費額が多くなった、というニュースが流れました。アンケートによると若者よりも中高年を中心に、朝食はパン派が多いそうです。それで今回は、パンの中でも朝食の定番となっている食パンについて …

しめじ

しめじ―かさ増しにオススメの低カロリーキノコ

しめじは脇役として活躍の場が多い野菜ですね。キノコ特有の臭みや食感が苦手な人も多いですが、しめじならクセがあまりないので食べられる、という方も多いことでしょう。 しめじなど、キノコ類は十数年前まで食品 …

ベーコン

ベーコン―肉+調味料として捉えてみよう!

ベーコンは保存のきく肉として、冷蔵庫に常備されてる方も多いのではないでしょうか? その脂や凝縮された旨みがあることから、少量をダシ代わりに使うこともできます。塩分が強いので、ベーコンで味付けることすら …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー