ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

シュウマイ―簡単に作れるので野菜多めでカロリー減

投稿日:2018-02-26 更新日:

シュウマイ

シュウマイは、中華料理の中でもお弁当や総菜として身近な料理です。でも、あまり作り方を知られていないこともあり、難しそうと思って自宅で作る家庭は少ないかもしれません。

シュウマイは小さいとはいえ、お肉料理ですからカロリーも気になります。シュウマイにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、シュウマイのちょい減カロリーも考えてみましょう。

シュウマイのカロリー

シュウマイのカロリーをNHK「きょうの料理」の公式サイト「みんなのきょうの料理」から参照してみましょう。

シューマイ…1個47キロカロリー(1人前6個280キロカロリー)
シューマイ…1個45キロカロリー
ジューシーシューマイ…1個50キロカロリー
極うまえびシューマイ…1個26キロカロリー(1人前6個160キロカロリー)
えび入りシューマイ…1個40キロカロリー

標準的なシューマイで1個50キロカロリーと見ておけば良さそうですね。ちなみに、シュウマイの皮は1枚約7キロカロリーです。

極うまえびシューマイはひき肉を使わず、えびだけを使っているので断トツの低カロリーですね。えび入りシューマイは豚肉も使っているので、中間のカロリーになっています。

冷凍食品や外食チェーンのシュウマイの場合

今度は冷凍食品のシュウマイのカロリーを見てみましょう。

味の素 ザ★シューマイ…1個75キロカロリー(32g)
味の素 プリプリのエビシューマイ…1個23キロカロリー(13g)
マルハニチロ 九州産黒豚の焼売…1個86キロカロリー(35g)
マルハニチロ たけのことしいたけのシューマイ…1個30キロカロリー(14g)

大きさにかなり左右されますが、スペシャル感があるシュウマイはさすがにカロリーも高めですね。

外食チェーンだとバーミヤンしか見当たりませんでしたが

バーミヤン 肉シュウマイ…1個あたり45キロカロリー

これはレシピのカロリーとほぼ同じですね。

シュウマイは具で低カロリーに

シュウマイの具といえば、メインのひき肉やエビ・カニ・ホタテなどが思い浮かぶかもしれません。
それ以外は何が入っているかご存知ですか?

基本形は玉ねぎ、シイタケなどの野菜と、つなぎの片栗粉や卵です。でも、皮で包んで蒸す、というのが焼売の定義ですから、何でも包んでみればシュウマイの可能性が広がります。

例えば、えのきシューマイというえのきだけをひき肉と同量入れるレシピがあります。
これは私も何度も作りましたが、肉だけよりもあっさりしますし、えのきだけの保水力でふんわりと仕上がって、とても美味しいのでオススメです。

他にもキャベツやレンコン、ニンジンやコーンも彩りになります。野菜の中でもあまりクセが強すぎなければ味がまとまります。

シュウマイのちょい減カロリー:皮を野菜に変える

さて、シュウマイのちょい減カロリーのアイデアですが、「皮の代わりに野菜で包んでみよう」です!

レシピでも様々な野菜で包むレシピが存在します。
例えばキャベツや白菜、レタスなどの葉物はもちろん、もやし、コーンをまぶすようにしたり、シイタケやピーマンで肉詰め風もできます。

皮は小麦ですからカロリー高めの炭水化物です。それを野菜にすると栄養面でもプラスになりますし、その旨味もプラスされます。

一度、野菜の皮のシュウマイにチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春巻き

春巻き―具よりも皮のカロリーに気を付ける

春巻きは中華料理の点心の1つですが、スーパーやコンビニなどの総菜コーナーでもよく見る人気メニューです。作るのも意外と簡単なので、手作りで楽しんでいる方も多いことでしょう。 春巻きは油で揚げるのでカロリ …

おにぎり

おにぎり―低カロリーかどうかは大きさ次第

おにぎりといえば、小さいころの遠足に、コンビニで買って仕事中に、会合でたくさん作ってくれて差し入れに、など老若男女問わず、多くの機会に食べた思い出があるのではないでしょうか? カロリーを考える上でおに …

おでん

おでん―カロリーバランスを考えた具材の選び方とは?

おでんは寒くなればなるほど美味しく、お酒のおつまみにもご飯のおかずにも良いですよね。最近ではコンビニで気軽に買えるので、小腹がすいたら少しつまむということもできます。 おでんは、その豊富な具材が魅力の …

コロッケ

コロッケ―低カロリー目指して揚げないという選択も

コロッケは昔から庶民の味方の料理として、家庭の食卓によく出てきました。家でも作れますし、肉屋さんの揚げたてコロッケも人気がありました。今ではスーパーの惣菜の中心に陣取って、香りとともに存在感があります …

赤飯

赤飯―もち米だけよりちょっと低カロリー

赤飯はお祝い事で作られる料理ですが、今ではコンビニでも赤飯のおにぎりが売られていますし、昔ほどは特別感はなく、いつでも食べることのできるご飯です。 赤飯はどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、赤 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー