ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜 食材

えのきだけ―ひき肉料理を低カロリーにできる食材

投稿日:2018-03-01 更新日:

えのきだけ

えのきだけは鍋に欠かせない食材で、シャキシャキした食感が魅力のきのこです。味や香りにクセが無いので、どんな調理法でも合うという便利食材でもあります。

えのきだけはキノコ類ですから、以前はカロリーはゼロとされていましたが、実際のえのきだけのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、えのきだけを利用したちょい減カロリーのアイデアも考えていきましょう。

えのきだけのカロリー

えのきだけのカロリーは、食品標準成分表には4種類載っています。

(すべて100gあたり)
生…22キロカロリー
ゆで…22キロカロリー
味付け瓶詰…85キロカロリー
油炒め…58キロカロリー

日本食品標準成分表の「四訂」まではカロリー表記なしでしたが、「五訂」からキノコ類のカロリーがある、ということになりました。(現在は七訂)

えのきだけを他のキノコと生のカロリーで比べると

しいたけ…19キロカロリー
ぶなしめじ…18キロカロリー
まいたけ…15キロカロリー
エリンギ…19キロカロリー
なめこ…15キロカロリー
マッシュルーム…11キロカロリー
まつたけ…23キロカロリー

えのきだけはわずかですが、キノコ類の中でもカロリーが高い方に入る、ということになります。これは1本それぞれが細くなっていて、それだけ細胞組織がしっかりしているため、水分がキノコ類の中では少ない、という特徴があるからです。

えのきだけは万能食材!?

冒頭でえのきだけは何でもできる、と書きましたが、どんなレシピがあるか少し挙げてみます。

1:えのきシューマイ(NHK「きょうの料理」)

シューマイの具に、豚ひき肉と同量のえのきだけを細かく切って加えるだけ、というシンプルなレシピですが、えのきだけの水分と柔らかさでふっくらジューシーなシュウマイになります。

シューマイは包むのも餃子より簡単だと思いますので、オススメです!

2:Cpicon こりこり美味しい♪えのきの豚バラ巻き★ by アプコさん♪

肉巻きも定番ですね!巻きやすい形状ですし、食感もしっかりしてるのでアクセントになります。脂も吸わずに適度に絡むので、しつこくなくあっさりと食べられます。

3:Cpicon 人参とえのきの中華風サラダ by moj

えのきだけは火が通りやすく、サラダにもレンジで加熱するだけで使えます。味付けも何でも合いますので、好きなもので和えると良いです~

えのきだけのちょい減カロリー:刻んでひき肉をかさ増し

では、えのきだけのちょい減カロリーアイデアですが、「細かく刻んでひき肉料理に使おう!」です!

先ほどのシューマイもそうですが、ひき肉料理との相性は抜群です!細かく切ると完全に混ざってしまうので、えのきだけの独特の歯ごたえもなくなってしまいます。ハンバーグなど団子にする場合、つなぎの量が増えますので、ふっくらと柔らかい食感になります。
なので、かさ増ししたという違和感は全くありません。むしろ、ひき肉の脂っぽさを和らげるので、あっさりとして食べやすい料理に生まれ変わります。

お肉に比べれば圧倒的に低カロリーですから、えのきだけを入れることでカロリーはグッと減らせます!

キノコ類は保水性もあるので、冷えても固くならず美味しいままというメリットもあります。ぜひお試しください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鮭

鮭―脂が乗った輸入サーモンのカロリーは?

鮭は日本人が一番食べている魚です。塩鮭は昔から食べられてきましたが、最近では輸入サーモンをお寿司や刺身で食べたり、しょっぱくなく脂が乗っていると人気が急速に上がっています。 それで皆さんも食べる機会が …

もやし

もやし―財布に優しく低カロリーで栄養もある=優秀な野菜

もやしは財布に優しい野菜の代表です!天候に左右されず、安定して安く手に入るので、食べる機会も多いのではないでしょうか? もやしのイメージはあまり味がなく、水分も多いので、もやしのカロリーはあまり気にし …

砂糖

砂糖―ちょっとだけ減らす工夫を考えよう!

砂糖はダイエットの大敵、カロリーの塊、というイメージかもしれませんが、料理では塩に匹敵するほどよく使われる調味料ですね。 使わないわけにはいかない砂糖ですが、数多くの種類の砂糖があります。砂糖のカロリ …

ベーコン

ベーコン―肉+調味料として捉えてみよう!

ベーコンは保存のきく肉として、冷蔵庫に常備されてる方も多いのではないでしょうか? その脂や凝縮された旨みがあることから、少量をダシ代わりに使うこともできます。塩分が強いので、ベーコンで味付けることすら …

ゆで卵

ゆで卵―油を使わずに上質タンパクを取ろう

卵は常に欠かさない、というご家庭が多いことと思います。物価の優等生とも呼ばれ、栄養価についてもタンパク質やビタミンなど豊富に含まれており完全食と呼ばれることもあります。 卵の調理法の定番の1つといえば …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー