ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

もつ鍋―もつは意外と低カロリー!

投稿日:

もつ鍋

もつ鍋は今は第二次ブームと呼ばれるほど流行っており、すっかり鍋料理の定番の一つになりましたね。牛もつは好みの分かれる食材ですが、プリプリの脂をサッパリと食べられる、またコラーゲンを多く含むので、女性にも人気があります。

もつ鍋の牛もつの脂が見えるので、カロリーも高いようなイメージがあります。もつ鍋のカロリーはどのくらいになるのでしょうか?また、もつ鍋のちょい減カロリーアイデアも考えていきましょう~

もつ鍋のカロリー

もつ鍋のカロリーは、レタスクラブニュース内のコウケンテツさんのレシピによると一人前394キロカロリーだそうです。

牛もつ(小腸)100gで287キロカロリーになります。
高いように見えますが、牛肉の他の部位、たとえば焼肉で使われる肩ロースやバラ肉(カルビ)より低いカロリーです。

牛もつ一切れにボリュームと食べごたえがあり、ダシにも十分に旨味が溶けだすので、少量でも満足感が得られますし、牛もつ以外の材料は野菜中心ですから、カロリーが低く抑えられています。

他の鍋料理と比較しても、すき焼きといった肉中心の鍋だけではなく、豚バラ肉を使うキムチ鍋や肉団子を使うちゃんこ鍋よりも低いカロリーになります。

もつ鍋のちょい減カロリー:下処理で脂を流す

さて、もつ鍋のちょい減カロリーのアイデアですが「きちんとした下処理で余分な脂を流そう!」です。

お店で食べる場合、もつの量は限られているので、もつを食べ過ぎるということにはならないことでしょう。カロリーオーバーになるほど食べすぎるとしたら、ちゃんぽん麺や雑炊といった炭水化物で〆るのが原因になります。

最近はスーパーで安い牛もつが手に入るので、家で作りたいと思う方もおられるかもしれません。
牛もつは他のお肉のように鍋にそのまま入れるのではなく、下ゆでしておくと脂とともに臭みやアクを取り除けるので美味しく仕上がります。新鮮なら臭みはないのでサッと湯通しするくらいでも十分ですが、脂を落とすという意味では数分下ゆでするといいでしょう。

もつ鍋はもつの下処理以外は、普通の鍋料理と変わりません。ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コーンスープ

コーンスープ―粉末タイプなら若干低カロリー

コーンスープはレストランでもよく見かけますし、家庭でも紙パックやインスタントなど簡単に出せますので、付けあわせとしてポピュラーな子どもにも人気のスープです。 コーンスープはどのくらいカロリーがあるので …

グラタン

グラタン―野菜たっぷりのグラタンでカロリー減に

グラタンは熱々が美味しい寒い時にピッタリの料理です。溶けたチーズと濃厚なホワイトソースがマカロニに絡むと最高ですね! そのグラタンの良いところは、カロリーの心配にも直結します…マカロニ・チーズ・バター …

すき焼き

すき焼き―牛肉は部位と産地でカロリーが変わる

すき焼きは、ごちそうといって思い浮かべる料理の1つで、牛肉がとても美味しく食べられる鍋ですね。地域によっては、大みそかやお正月に食べる家庭が多いそうです。 味付けが関東風・関西風に分かれていたり、すき …

カツ丼

カツ丼―揚げ物+米で高カロリー!どちらか減らそう

カツ丼はボリューム感があり若い男性を中心に人気があります。しっかりしたトンカツ屋や定食屋さんでなくとも、お弁当屋さんやコンビニなどでも手軽に買えるようになりました。 カツ丼はトンカツという揚げ物を丼ご …

メンチカツ

メンチカツ―肉の揚げ物と心得てカロリー覚悟

メンチカツは昔から、コロッケとともに肉屋さんに並んでいた惣菜の代表です。今でも子供からお年寄りまで人気のある揚げ物です。 メンチカツはひき肉が詰まっていてメインを張れるおかずなのですが、肉の揚げ物とな …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー