ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

クリームシチュー―ソースの量に気を付けて

投稿日:

クリームシチュー

クリームシチューは寒くなると恋しくなる冬の定番料理ですね。今は材料を煮込んでルウを溶かすだけなので、お手軽な料理の一つと言えるかもしれません。

クリームシチューにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?クリームシチューのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

クリームシチューのカロリー

市販のルウを使う場合

市販のルウに書いてあるレシピ通りに作った場合のカロリーは

ハウス 北海道シチュー…一皿273キロカロリー

S&B 濃いシチュー クリーム…一皿227キロカロリー

グリコ クレアおばさんのクリームシチュー…一皿276キロカロリー

自作の場合

自分で一から作った場合、NHKのサイト「みんなのきょうの料理」で見てみましょう。

クリームシチュー470キロカロリー

クリームシチュー520キロカロリー

クリームシチュー700キロカロリー

想像以上に大きく差がありますね…この原因を考えることがカロリーカットのアイデアにつながりそうです。

市販と自作のカロリーの差の原因とは?

市販のルウを使うときと、自作するときの一番の差は「ホワイトソースから作るかどうか」ということです。

ホワイトソースは、バター小麦粉牛乳というカロリー高めの食材を混ぜ合わせて作るので、カロリーが高くなるのは当たり前ですね。

このホワイトソースの量によっても変わってきます。
先述した「みんなのきょうの料理」の420キロカロリーと700キロカロリーのレシピで大きな差があったのは、具の少しの違いよりもホワイトソースの量が大きく違うのが要因のようです。

市販のルウも油脂で固めていますが、使用量としては少なく済むことになります。

クリームシチューのちょい減カロリー:具だくさんにしよう

では、クリームシチューのちょい減カロリーのアイデアですが、「ソース控えめの具だくさんのシチューにしよう!」です。

クリームシチューで注意するとすれば、ホワイトソースの量です。となると、1人前あたりの水分を減らせば、必要となるホワイトソースも減るので、カロリーカットになると考えられます。

とはいえ、単にソースが減ってしまえば、見栄えもよくないし満足感も得られないので、野菜などヘルシーな具をゴロゴロと入れてしまおう!というアイデアです。

例えば、キノコ類、カブ・大根、白菜やキャベツ、カリフラワーなどは牛乳の風味と色合いがよく合いますね。

色が変わってもよければカボチャという手もあります。カボチャが崩れることによってクリーミーになって、味がよく絡みます。

市販のルウにアレンジを加えながら、おいしくヘルシーに食べていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ラーメン

ラーメン―カロリーを気にするなら自宅で作ろう

ラーメンは国民食、と言われるほど日本では全国どこでも誰でも当たり前に食べている料理です。最近では各地にご当地ラーメンがありますので、多種多様なラーメンが日本人に好まれていることが分かります。 とはいえ …

シュウマイ

シュウマイ―簡単に作れるので野菜多めでカロリー減

シュウマイは、中華料理の中でもお弁当や総菜として身近な料理です。でも、あまり作り方を知られていないこともあり、難しそうと思って自宅で作る家庭は少ないかもしれません。 シュウマイは小さいとはいえ、お肉料 …

餃子―カロリーの半分は皮にあり

餃子は中華料理の中でも食べる機会の多い料理です。「餃子の王将」のように看板メニューにするお店もありますし、ラーメン屋さんでも頼む方も多いでしょう。また、自分で作るのも難しくないですし、子どもは包む作業 …

焼きそば

焼きそば―カロリーの大半は麺にあり

焼きそばは家庭でもお店でも、屋台やカップめんなど、様々なシーンでよく食べる麺料理です。最近では富士宮を始め、全国各地でご当地焼きそばがあることは、愛されている料理であることをよく表しています。 さて、 …

カレーライス

カレーライス―7割はライスのカロリー

カレーライスは数十年前からずっと、子どもの好きな料理ランキング1位をキープする国民的人気の食べ物です。大人になるほど辛くても大丈夫ですから、本格的なカレーやスープカレーなど様々なカレーが食べられるよう …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー