ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

赤飯―もち米だけよりちょっと低カロリー

投稿日:

赤飯

赤飯はお祝い事で作られる料理ですが、今ではコンビニでも赤飯のおにぎりが売られていますし、昔ほどは特別感はなく、いつでも食べることのできるご飯です。

赤飯はどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、赤飯のちょい減カロリーアイデアも考えていきましょう。

赤飯のカロリー

食品標準成分表によると、赤飯の100gあたりのカロリーは190キロカロリーです。
一膳140gの場合、266キロカロリーとなります。

この190キロカロリーは、もち米10:ささげ1の割合で作った場合のカロリーです。

もち米を炊いただけなら、100gあたり202キロカロリーですから、赤飯の方がささげの分だけカロリーが低くなる、ということになります。

ただし、白米は100gあたり168キロカロリーですので、白米<赤飯<もち米です。
赤飯をご飯代わりにする場合はカロリーが高くなる、ということは押さえておきましょう。

甘い赤飯!?

食品標準成分表では、赤飯にささげを入れていますが、あずきを入れる場合もあります。

そして、北海道などでは甘納豆を入れるのが一般的です。
作り方は簡単で、甘納豆を炊けたご飯に混ぜるだけです。
後から加えるので豆から色が出ないため、食紅を加えます。

さて、気になるカロリーですが、自前で計算しなくてはなりません。

もち米10:甘納豆1で入れると考えると、赤飯100gには9gの甘納豆が入っていることになりますので…

甘納豆100g296キロカロリー×9/100g=約27キロカロリー

もち米100g202キロカロリー×91/100g=約183キロカロリー

27+183=210 となります。

甘納豆を入れる赤飯は100gあたり210キロカロリーが目安となります。

砂糖が使われてるので、もっと高いかと思いましたが、意外とちょっとした差しかありませんね。

赤飯のちょい減カロリー:軽めによそう

では、赤飯のちょい減カロリーアイデアですが「白米の時より軽めによそう」です。怒られそうなほど単純なものです、ハイ。

赤飯はカロリーが高いから敬遠しなければならない、というほど頻繁に食べるものでもありません。特別な時に作ったり買ったりする方が多いと思います。

赤飯はただ米だけ食べるのと違い、豆の食物繊維やビタミンといった栄養がありますし、もち米は腹持ちがいい、という点では白米よりもメリットがあります。

なので、全く食べない、というのではなく、主食としてはカロリーが少し高めというのを意識しておけば、摂取カロリー的に問題となることは無くなります。

赤飯が出る時は、せっかくなので美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

焼肉

焼肉―カロリーの低い部位ってどこ?

焼肉は若い人を中心に、一番好きと答える人が多いメニューです。日本人の好きな料理ランキングでは、たいてい寿司に次ぐ2位ですが、焼肉店の近くに通るだけで匂いがしてきてダイエットしてると一番心が惹かれる食事 …

お好み焼き

お好み焼き―マヨネーズにはくれぐれも注意して

お好み焼きはお店で食べることも、家庭で作る方も多い人気の「粉もの」料理です。ソースの香りはお店の外まで届いて食欲をそそります。 粉が主体ですから、カロリーも気になるところですが、実際どのくらいのカロリ …

肉じゃが

肉じゃが―カロリーカット方法は多種多様

肉じゃがは家庭料理の定番で、「おふくろの味」の代表ですよね。肉じゃがを作れる女性は家庭的、ということで男性が作ってほしい料理の1つとも言われてきました。 そんな肉じゃがですが、肉もジャガイモもカロリー …

グラタン

グラタン―野菜たっぷりのグラタンでカロリー減に

グラタンは熱々が美味しい寒い時にピッタリの料理です。溶けたチーズと濃厚なホワイトソースがマカロニに絡むと最高ですね! そのグラタンの良いところは、カロリーの心配にも直結します…マカロニ・チーズ・バター …

コロッケ

コロッケ―低カロリー目指して揚げないという選択も

コロッケは昔から庶民の味方の料理として、家庭の食卓によく出てきました。家でも作れますし、肉屋さんの揚げたてコロッケも人気がありました。今ではスーパーの惣菜の中心に陣取って、香りとともに存在感があります …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー