ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

赤飯―もち米だけよりちょっと低カロリー

投稿日:

赤飯

赤飯はお祝い事で作られる料理ですが、今ではコンビニでも赤飯のおにぎりが売られていますし、昔ほどは特別感はなく、いつでも食べることのできるご飯です。

赤飯はどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、赤飯のちょい減カロリーアイデアも考えていきましょう。

赤飯のカロリー

食品標準成分表によると、赤飯の100gあたりのカロリーは190キロカロリーです。
一膳140gの場合、266キロカロリーとなります。

この190キロカロリーは、もち米10:ささげ1の割合で作った場合のカロリーです。

もち米を炊いただけなら、100gあたり202キロカロリーですから、赤飯の方がささげの分だけカロリーが低くなる、ということになります。

ただし、白米は100gあたり168キロカロリーですので、白米<赤飯<もち米です。
赤飯をご飯代わりにする場合はカロリーが高くなる、ということは押さえておきましょう。

甘い赤飯!?

食品標準成分表では、赤飯にささげを入れていますが、あずきを入れる場合もあります。

そして、北海道などでは甘納豆を入れるのが一般的です。
作り方は簡単で、甘納豆を炊けたご飯に混ぜるだけです。
後から加えるので豆から色が出ないため、食紅を加えます。

さて、気になるカロリーですが、自前で計算しなくてはなりません。

もち米10:甘納豆1で入れると考えると、赤飯100gには9gの甘納豆が入っていることになりますので…

甘納豆100g296キロカロリー×9/100g=約27キロカロリー

もち米100g202キロカロリー×91/100g=約183キロカロリー

27+183=210 となります。

甘納豆を入れる赤飯は100gあたり210キロカロリーが目安となります。

砂糖が使われてるので、もっと高いかと思いましたが、意外とちょっとした差しかありませんね。

赤飯のちょい減カロリー:軽めによそう

では、赤飯のちょい減カロリーアイデアですが「白米の時より軽めによそう」です。怒られそうなほど単純なものです、ハイ。

赤飯はカロリーが高いから敬遠しなければならない、というほど頻繁に食べるものでもありません。特別な時に作ったり買ったりする方が多いと思います。

赤飯はただ米だけ食べるのと違い、豆の食物繊維やビタミンといった栄養がありますし、もち米は腹持ちがいい、という点では白米よりもメリットがあります。

なので、全く食べない、というのではなく、主食としてはカロリーが少し高めというのを意識しておけば、摂取カロリー的に問題となることは無くなります。

赤飯が出る時は、せっかくなので美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エビチリ

エビチリ―中華の定番は低カロリー

エビチリは中華の定番料理で、レストランでも総菜でも活躍し、家庭で簡単に作れるような味付け済みのセットもありますね。 エビチリには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、エビチリのちょい減カロリ …

グラタン

グラタン―野菜たっぷりのグラタンでカロリー減に

グラタンは熱々が美味しい寒い時にピッタリの料理です。溶けたチーズと濃厚なホワイトソースがマカロニに絡むと最高ですね! そのグラタンの良いところは、カロリーの心配にも直結します…マカロニ・チーズ・バター …

とんかつ

とんかつ―衣のカロリーに気を付けて

とんかつは、ボリューム満点のおかずで、子どもにも大人にも人気です。ガッツリお肉を食べたい気分のときにはピッタリです。 とんかつは揚げ物ですから、カロリーも相当あるイメージがありますが、実際のところ、ど …

おにぎり

おにぎり―低カロリーかどうかは大きさ次第

おにぎりといえば、小さいころの遠足に、コンビニで買って仕事中に、会合でたくさん作ってくれて差し入れに、など老若男女問わず、多くの機会に食べた思い出があるのではないでしょうか? カロリーを考える上でおに …

ざるそば

ざるそば―低カロリーなので具で足りない栄養をプラス

ざるそばは、蕎麦をシンプルに味わえるので、寒い時期でも冷たいざるそばを食べる方も多いことでしょう。家でも乾そばをゆでるだけ、ということで、ざるそばを作って食べることもあるかもしれません。 ざるそばは、 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー