ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

アジフライ―脂の乗った青魚のフライはカロリー高め

投稿日:2018-01-16 更新日:

アジフライ

アジフライは以前から惣菜として人気があり、長く家庭の食卓に上ってきた定番メニューです。最近、調理が大変な一尾丸ごとの魚(アジのような)の人気が無くなってきましたが、加工品であるアジフライはいまだ人気の料理ですね!

そんな不動の人気のアジフライですが、揚げ物ですからカロリーも気になるところです。アジフライのカロリーはどれくらいあるのでしょうか?また、アジフライを食べるときのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう!

アジフライのカロリー

食品標準成分表によると、アジフライの調理後のカロリーは100gあたり276キロカロリーとなっています。
このカロリーのうち、脂質量は揚げる前から+12.8gなので吸った揚げ油だけで115キロカロリーになる計算です。

ちなみにアジフライによく使われる小さめのアジ1尾なら70gほどですから、衣と油を加えると、できあがりがおおよそ100gとなります。
ですから1尾あたり約276キロカロリー、と推測されます。

市販のアジフライのカロリー

では、惣菜で売られているアジフライのカロリーはどうでしょうか?

ローソン ふっくらアジフライ…204キロカロリー
ファミマ 長崎県産アジフライ…280キロカロリー
オリジン 真アジフライ…187キロカロリー

(冷凍)

トップバリュ アジフライ(調理前)…100gあたり169キロカロリー
マルハニチロ アジフライ…100gあたり400キロカロリー

マルハニチロが特別カロリーが高いのは、小さく切り分けられたアジであるため、と思われます。切り身が小さいと衣の面積が大きく、吸収する油が増えるためです。

アジフライのカロリーをカットする方法は?

では、アジフライのカロリーをカットする方法はどんなことがあるでしょうか?

1:揚げない

最近はノンフライヤーも人気がありますし、オーブンで調理する方法もあります。パン粉を乾煎りすると香ばしさを感じつつ、油っこくないアジフライになります。

2:パン粉を細かくする

パン粉を細かくすると、衣の分量が減り、衣が吸収する油も減ります。衣自体も小麦粉と卵ですから、実は衣のカロリーも気にしなくてはなりません。

3:タルタルソースに頼らない

アジフライにタルタルソースが付いてくる場合もありますが、タルタルソースは高カロリーなので、使わないに越したことはありません。ウスターソースや醤油にすると、カロリーを控えることができます。

アジフライのちょい減カロリー:味付けをレモン+αに

さて、アジフライを食べるときのちょい減カロリーのアイデアですが、「味付けにレモンを使って食べよう!」です。

先述したとおり、タルタルソースはもちろんですが、ソース類も一番低いウスターソースでも大さじ1で約20キロカロリーになります。ちょっと計算に含めなければならない数値ですね。

これをゼロに近づけた方がお得ですが、そのためにレモンは重宝します!魚の生臭さも消しますし、油っこさも緩和されます。
最近、流行っているレモン塩もありますし、醤油も合いますね。

または、自分で作る場合、カレー風味というのも定番ですが、そのスパイシーさで味付けが十分に感じますので、ソースが必要なくなります。

目標はちょい減ですから、小さなことからコツコツ始めてみましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お好み焼き

お好み焼き―マヨネーズにはくれぐれも注意して

お好み焼きはお店で食べることも、家庭で作る方も多い人気の「粉もの」料理です。ソースの香りはお店の外まで届いて食欲をそそります。 粉が主体ですから、カロリーも気になるところですが、実際どのくらいのカロリ …

ローストビーフ

ローストビーフ―脂が少なくてもソースで残さず食べてる

ローストビーフは、高級料理の代表的な存在ですが、意外と単純なレシピで家庭でも作れるのでパーティー料理としても人気があります。スーパーでもよく見かけるようになりましたね。 そんなローストビーフですが、カ …

エビチリ

エビチリ―中華の定番は低カロリー

エビチリは中華の定番料理で、レストランでも総菜でも活躍し、家庭で簡単に作れるような味付け済みのセットもありますね。 エビチリには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、エビチリのちょい減カロリ …

もつ鍋

もつ鍋―もつは意外と低カロリー!

もつ鍋は今は第二次ブームと呼ばれるほど流行っており、すっかり鍋料理の定番の一つになりましたね。牛もつは好みの分かれる食材ですが、プリプリの脂をサッパリと食べられる、またコラーゲンを多く含むので、女性に …

牛丼

牛丼―安さを取るか、自作でちょい減カロリーを目指すか

牛丼は今やハンバーガーに並ぶファストフードの代表格ですね。吉野家・松屋・すき家・なか卯など全国展開するチェーンが競争しているので、値下げや値上げのたびにニュースになり、その映像で食べたくなるという現象 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー