ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

ハヤシライス―ご飯の量に注意しましょう

投稿日:

ハヤシライス

ハヤシライスは、牛肉の旨みと玉ねぎの甘みをドミグラスソースでこってりといただく料理です。甘いソースは子供にも人気のある料理ですね。

ハヤシライスは主食となるご飯料理ですし、ルーもカロリーが高いように見えます。実際のところ、ハヤシライスのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ハヤシライスのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

ハヤシライスのカロリー

ハヤシライスのカロリーを、まずは市販のルウの作り方で見てみましょう。

ハウス 完熟トマトのハヤシライスソース

1人前 211キロカロリー

ハウス 熟成デミグラスソースのハッシュドビーフ

1人前 193キロカロリー

S&B とろけるハヤシ

1人前 223キロカロリー

ご飯を茶碗2杯分とすると+450~500キロカロリーです。

ハインツ デミグラスソース

1人前 655キロカロリー(ご飯1杯分含む)

ご飯を含めるとルウとデミグラス缶で比較して、ルウの方が少し高いくらいですが、ご飯の量が半分ですからデミグラス缶を使った方がカロリーが高いと言えます。
これはデミグラスソース自体、旨みを集めたソースである一方、ルウはとろみがつくように調製されていて少量で済むのでカロリーが低くなるためです。

NHK「きょうの料理」の場合

きょうの料理のサイト「みんなのきょうの料理」を参考に、ハヤシライスのカロリーを見ていきましょう。リンクはレシピのページに飛びます。

ハヤシライス…1090キロカロリー(牛バラ肉+バターライス)

懐かしいハヤシライス…680キロカロリー(切り落とし+茶碗1杯)

ハヤシライス…880キロカロリー(切り落とし+丼1杯)

作り方や材料以上にご飯の量が左右しているという印象を受けますね。

ハヤシライスのちょい減カロリー:煮込まないで作る

では、ハヤシライスのちょい減カロリーのアイデアですが、「赤身肉を使って、煮込みに時間をかけず作る」です!

脂身の多いバラ肉よりも赤身のもも肉などを使った方が低カロリーになりますが、パサパサすると美味しくないですよね。それは加熱しすぎて肉汁を失ってしまうためです。

そこで、牛肉を炒めてからルウを入れてから煮込まないことで加熱しすぎを避けましょう、という作り方が美味しくちょい減カロリーできる方法となります!

味に深みが欲しい時には野菜だけを先に煮込んで、十分に旨みを出しておいて牛肉をあとから入れる、ということもできます。

もちろん、ご飯の量にも注意して、ハヤシライスを美味しく食べていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フライドポテト

フライドポテト―揚げたのにサラダより低カロリー

フライドポテトは、昔から冷凍食品の定番ですし、ファストフードや居酒屋、コンビニなどにもあるので、よく食べる方も多いと思います。ジャガイモのほくほくした甘みと、周りのカリッとした食感がたまりません! フ …

グラタン

グラタン―野菜たっぷりのグラタンでカロリー減に

グラタンは熱々が美味しい寒い時にピッタリの料理です。溶けたチーズと濃厚なホワイトソースがマカロニに絡むと最高ですね! そのグラタンの良いところは、カロリーの心配にも直結します…マカロニ・チーズ・バター …

クリームシチュー

クリームシチュー―ソースの量に気を付けて

クリームシチューは寒くなると恋しくなる冬の定番料理ですね。今は材料を煮込んでルウを溶かすだけなので、お手軽な料理の一つと言えるかもしれません。 クリームシチューにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか …

ビーフシチュー

ビーフシチュー―肉が大事なら他の具材でカロリーオフを

ビーフシチューは洋食を代表する料理です。今は材料を煮込んでルウを溶かすだけなので、手軽に作れる家庭料理の一つとなっているかもしれません。 ビーフシチューにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?ビーフ …

餃子―カロリーの半分は皮にあり

餃子は中華料理の中でも食べる機会の多い料理です。「餃子の王将」のように看板メニューにするお店もありますし、ラーメン屋さんでも頼む方も多いでしょう。また、自分で作るのも難しくないですし、子どもは包む作業 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー