ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類

サーロイン―輸入牛ならさっぱりと

投稿日:

サーロインはステーキによく使われ、牛肉の中でもジューシーな肉汁と、脂の旨味を楽しめる部位です。

サーロインには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、サーロインのちょい減カロリーも考えてみましょう。

サーロインのカロリー

サーロインは、和牛肉と輸入牛肉でカロリーが大きく違います。

和牛肉・サーロイン・脂身つき…498キロカロリー
輸入牛・サーロイン・脂身つき…298キロカロリー(100gあたり)

和牛はサシ(脂)が赤身に入るほど高級とされてますから、カロリーは高いです。
輸入牛は赤身の中に脂はほとんどないので、カロリーが低くなります。

輸入牛のほかの部位との比較

では、手ごろな輸入牛で、サーロインとほかの部位との比較をしてみましょう。(すべて脂身つき、100gあたり)

サーロイン…298キロカロリー
リブロース…231キロカロリー
かたロース…240キロカロリー
ヒレ…133キロカロリー
ばら…371キロカロリー
もも…165キロカロリー

サーロインより高いカロリーの部位は、ばら(カルビ)くらいですね。
他のロースは少しだけ低くなってました。

やはり、この数字からもサーロインがジューシーで、脂の旨味が味わえる部位ということが分かりますね。

サーロインのちょい減カロリー:ステーキソースに気を付ける

では、サーロインのちょい減カロリーのアイデアですが、「ステーキソースのカロリーも気にしよう!」です。

ステーキソースは、果物や甘みが入っているので、意外とカロリーがあります。大さじ1杯で15~30キロカロリーにもなります。
カロリーから見れば、塩とコショウだけの方がずっといいです。

それ以上に気を付けなければならないのが、「バター」です。
レストランで出てくるとき、輸入牛の場合は特に赤身に脂肪分がないので、バターが乗ってくることがあります。
バターは大さじ1で100キロカロリーと、バカにできない数字になりますので、美味しいんですけど半分は取っておく、といった工夫ができるかもしれません。

サーロインを食べるのは、たまの贅沢かもしれません。ですから、味付けにも気を付けて美味しく食べていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ソーセージ

ソーセージ―詰まった旨味を活用してカロリーの分散を

ソーセージは子どものお弁当のおかずにも、ビールのおつまみにも、朝食バイキングでも定番になっている食材です。ゆでたり焼いたり炒めたりしますが、ソーセージだけで美味しいので、料理する手間もかからないので、 …

マルチョウ

マルチョウ―脂は多いが肉ほどではない

マルチョウは牛のホルモンの中でも脂がたっぷりついていて、ジューシーな味わいが焼肉で人気の部位です。 マルチョウには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、マルチョウのちょい減カロリーも考えてみ …

ラムチョップ

ラム肉―イメージと違って美味しいところは高カロリー

ラム肉はその栄養成分カルニチンがダイエットにいいとブームになったこともあり、今ではジンギスカンが北海道以外でも一般的なメニューになってきました。さすがに家庭でもよく食べるというのは、まだ北海道民しかい …

レバー

レバー―お肉の中では低カロリー

レバーは鉄分が取れるなど体に良いイメージのある食材です。ただ匂いや風味が独特なので、大人になっても嫌いという人も多いです。 このレバーはカロリーという点でも、オススメの食材の一つです。では、レバーのカ …

ホルモン

ホルモン―焼肉の中では低カロリー

ホルモンは焼肉のメニューの1つで、主に牛の小腸を指しますが、最近では牛の各部位を食べられるホルモン焼き屋さんも増えていますね。 ホルモンの中には脂がたっぷりついているものもありますから、カロリーも高い …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー