ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

マカロニサラダ―マヨネーズをなんとかしなければ

投稿日:

マカロニサラダ

マカロニサラダは大人から子供まで人気のサラダで、よく食卓に上る料理のひとつでしょう。脇役として弁当の一角を守っていますし、居酒屋の定番メニューにもなっています。

でも、マカロニサラダはマカロニ、つまり炭水化物を使っていますから、カロリーも気になるところです。
マカロニサラダには。どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、マカロニサラダのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

マカロニサラダのカロリー

NHK「きょうの料理」を参考に、マカロニサラダのカロリーを見ていきましょう。

マカロニサラダ310キロカロリー(マカロニ25g)

マカロニサラダ460キロカロリー(マカロニ35g)

マカロニサラダ…900キロカロリー(マカロニ100g)

マカロニサラダは1人前がハッキリしておらず、作りやすい分量ということで全量のカロリーが載っているレシピも多かったです。

マカロニサラダのカロリーを分解すると、マカロニとマヨネーズが大きいです。

マカロニは乾100gで379キロカロリーですので、10gでも38キロカロリーになります。
マヨネーズは、大さじ1で85キロカロリーにもなります。

1人分あたりのマカロニが増えると、必要なマヨネーズも増えていきますから、ものすごい勢いでカロリーも比例していきます。

定番の具のハムやキュウリ、ゆで卵などは量が少ないのでカロリーとしては大きく影響しません。

マカロニサラダのちょい減カロリー:マヨネーズを減らす工夫を

では、マカロニサラダのちょい減カロリーアイデアですが、「マヨネーズを減らせるよう味付けに工夫しよう!」です。

さすがにマカロニサラダのカロリーを気にして、マカロニを減らすのは本末転倒だと思ったので、マヨネーズの方をカットしてみましょう。

1:下味をしっかり付ける

マカロニをゆでる時に塩を入れたり、ゆで終わってすぐにドレッシングで下味をつけると味がなじみやすいです。
フレンチドレッシングの場合、カロリーはマヨネーズの約半分です。

2:ゆで卵やジャガイモで味をからみやすくする

マヨネーズを全体に絡めようとすると、量が多くなりがちです。ゆで卵やジャガイモといった食材は潰してマヨネーズと絡めると、全体にこってりと絡みつくソースになり、少ないマヨネーズでもしっかりした味付けになります。

3:酢や香辛料でアクセントをつける

下味に酢を使ったり、コショウやマスタードでアクセントをつけるとマヨネーズを控えても物足りなくなりません。

マカロニサラダが好きな方が多いと思います。ちょっとした工夫でカロリーを減らして、美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エビチリ

エビチリ―中華の定番は低カロリー

エビチリは中華の定番料理で、レストランでも総菜でも活躍し、家庭で簡単に作れるような味付け済みのセットもありますね。 エビチリには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、エビチリのちょい減カロリ …

ざるそば

ざるそば―低カロリーなので具で足りない栄養をプラス

ざるそばは、蕎麦をシンプルに味わえるので、寒い時期でも冷たいざるそばを食べる方も多いことでしょう。家でも乾そばをゆでるだけ、ということで、ざるそばを作って食べることもあるかもしれません。 ざるそばは、 …

春巻き

春巻き―具よりも皮のカロリーに気を付ける

春巻きは中華料理の点心の1つですが、スーパーやコンビニなどの総菜コーナーでもよく見る人気メニューです。作るのも意外と簡単なので、手作りで楽しんでいる方も多いことでしょう。 春巻きは油で揚げるのでカロリ …

寿司―要注意は魚の種類よりマヨネーズ!

お寿司は子供から大人まで大好きですね!最近は回転寿司で安く食べることができるので、外食の中でもよく行く、という方も多いかもしれません。 和食は全体的にヘルシーなイメージですが、お米をたくさん食べるお寿 …

天ぷら

天ぷら―具材でカロリーが違うのは誤差の範囲内?

天ぷらは和食の代表格で、調理自体は簡単ですし(もちろん上手に揚げるのは難しいですが)、その具材の豊富さもあって、家庭でもよく作るかもしれません。また天丼や天ぷらそばといった天ぷらを使ったメニューがさま …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー