ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

寿司―要注意は魚の種類よりマヨネーズ!

投稿日:2017-04-03 更新日:

お寿司は子供から大人まで大好きですね!最近は回転寿司で安く食べることができるので、外食の中でもよく行く、という方も多いかもしれません。

和食は全体的にヘルシーなイメージですが、お米をたくさん食べるお寿司はカロリーがどのくらいあるのでしょうか?また、お寿司のちょい減カロリーアイデアはあるのでしょうか?

お寿司のカロリー―ネタ別

カロリーを公表している「スシロー」で、ネタによってどのくらい差があるのか見てみましょう。

(一皿二貫あたり)

  • まぐろ…80キロカロリー
  • サーモン…95キロカロリー
  • 焼きとろサーモン…95キロカロリー
  • オニオンサーモン…124キロカロリー
  • サーモンチーズ…133キロカロリー
  • はまち…111キロカロリー
  • とろ〆サバ…115キロカロリー
  • えび…72キロカロリー
  • えびアボカド…116キロカロリー
  • えび天にぎり…147キロカロリー
  • つぶ…64キロカロリー
  • いか…68キロカロリー
  • たまご…119キロカロリー
  • 煮アナゴ…97キロカロリー
  • えんがわ…66キロカロリー
  • コーン軍艦…128キロカロリー

ここから傾向を考えていきますと…
脂が多いネタ(サーモン・焼きとろサーモン・はまち・サバ)がカロリーが高くなるのはイメージの通りですが、玉子はそれ自体のカロリーもありますし味付けを甘くしているので高くなります。

また、赤字にした高カロリーのネタの共通点はマヨネーズです!
オニオンサーモンはサーモン+玉ねぎでさっぱりするので、ヘルシーなイメージもありますが、マヨネーズが使われるためカロリーは跳ね上がります。
ですから、人気のジャンルである炙りにマヨネーズや、軍艦にマヨネーズは計画的に食べましょう。

シャリだけ残すのは寿司ではない!(個人的感想)

最近は回転寿司でダイエットしている人がシャリを残すのが目立つ、ということが議論の的になっています。

私は少なくとも、本気の糖質制限中でシャリを残す気満々であれば寿司屋に行くな!と思います。だって寿司を食べるところですもの。

いや、それ以前に100円回転寿司のネタって、はがして食べると刺身より薄くて小さくて、それだけで食べるには物足りないと思うのですが…

ちなみに、チェーン店によっては、店員さんに言えばシャリ抜きで準備してくれるそうなので、確認してみてはいかがでしょうか?

寿司のちょい減カロリー:安い店に行く!

お寿司のちょい減カロリーアイデアですが、「安いお店で食べよう!」です。回転寿司の場合、好きなネタをいろいろ自由に選べるのが最大のメリットです。

先ほど少し触れましたが、100円回転寿司の場合、ネタもシャリも小さいです。スーパーのパック寿司の1貫の方が明らかに大きいです。

つまり、同じ貫数で満足するなら、1つ1つが小さい方がカロリーも少なめで済みます。同じカロリーまで食べるなら、たくさんのネタを食べることができます。

今は100円チェーンでは、大量仕入れと大きさの調節によってコストの均一化をしていますから、味の面でも十分満足できるレベルです。ぜひお試しください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

麻婆豆腐

麻婆豆腐―野菜もよく合う万能ソース!?

麻婆豆腐は中華料理の定番で、市販の素を使えば家庭でも気軽に作れる料理の1つです。 豆腐を使った主菜なのでヘルシーな印象がありますが、実際のところカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、麻婆豆腐のち …

マカロニサラダ

マカロニサラダ―マヨネーズをなんとかしなければ

マカロニサラダは大人から子供まで人気のサラダで、よく食卓に上る料理のひとつでしょう。脇役として弁当の一角を守っていますし、居酒屋の定番メニューにもなっています。 でも、マカロニサラダはマカロニ、つまり …

天丼

天丼―天ぷらよりもご飯に要注意

天丼は丼物の代表的なメニューです。天ぷらをご飯に乗せるというシンプルな作り方ですが、天ぷらだけで食べることの方が多く天丼を家で作る派は少ないかもしれません。 天丼は天ぷら専門店だけでなくチェーン店もあ …

もつ鍋

もつ鍋―もつは意外と低カロリー!

もつ鍋は今は第二次ブームと呼ばれるほど流行っており、すっかり鍋料理の定番の一つになりましたね。牛もつは好みの分かれる食材ですが、プリプリの脂をサッパリと食べられる、またコラーゲンを多く含むので、女性に …

ビーフシチュー

ビーフシチュー―肉が大事なら他の具材でカロリーオフを

ビーフシチューは洋食を代表する料理です。今は材料を煮込んでルウを溶かすだけなので、手軽に作れる家庭料理の一つとなっているかもしれません。 ビーフシチューにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?ビーフ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー