ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

果物

ブルーベリー―冷凍で栄養を高めて

投稿日:

ブルーベリー

ブルーベリーは、生はなかなかお店くらいでしか食べる機会がないかもしれませんが、冷凍になってるものは家庭でも使いやすいですね。

ブルーベリーには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ブルーベリーを使ったちょい減カロリーも考えてみましょう。

ブルーベリーのカロリー

ブルーベリーのカロリーは、生100gあたり49キロカロリーです。

他の果物と比べてみると…

バナナ…86キロカロリー
かき…60キロカロリー
ぶどう…59キロカロリー
りんご…57キロカロリー
キウイ…53キロカロリー
みかん…46キロカロリー
なし…43キロカロリー
メロン…42キロカロリー
もも…40キロカロリー
グレープフルーツ…38キロカロリー
すいか…37キロカロリー
いちご…34キロカロリー

ブルーベリーはちょうど真ん中のグループに位置します。
これは皮ごと食べるので、皮の栄養が含まれているため、と考えられます。

冷凍したらカロリーは変わる?

ブルーベリーは、冷凍なら一年中手に入りますが、冷凍したらカロリーはどうなるでしょうか?

冷凍しても、カロリーについては変わりません。

むしろ、ビタミンCは空気に触れると壊れるので、冷凍してしまった方が生よりも多くなる、との研究結果もあります。

冷凍ブルーベリーは、優秀なフルーツだといえますね!

ブルーベリーのちょい減カロリー:お菓子の代わりに食べる

では、ブルーベリーを使うちょい減カロリーのアイデアですが、「お菓子の代わりに冷凍のブルーベリーを食べよう!」です。

市販のお菓子は砂糖や油を使っていて、かなり高カロリーです。それに比べて、フルーツであるブルーベリーは低カロリーです。

ブルーベリーは甘みが強く、酸味とのバランスも良く、ジューシーで口がさわやかになります。
冷凍だとヨーグルトにちょっと入れたり、常備しておけば手軽に食べられるのでおススメです。

もちろん、生の季節でもし見かけたら、ぜひ食べてみてください。生のフレッシュ感はまた一味違います!

ブルーベリーを美味しく賢く食べていきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-果物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ライチ

ライチ―水分が少ないだけちょい高

ライチは中華料理のデザートでよく使われ、今では冷凍ライチもスーパーで売られるようになってきて、だいぶ知名度が上がってきたフルーツです。 ライチには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ライチ …

パイナップル

パイナップル―酸味と甘みを料理に活用

パイナップルは誰でも知っている果物ですが、普段よく食べるか、となると多くの方は自分で積極的に買って食べる機会は少ないと思います。 ダイエット中などカロリーに気を配っているときには、低カロリーの果物をフ …

パパイヤ

パパイヤ―フルーツの中でも低カロリー

パパイヤは名前はよく知られていますが、生で食べる機会はあまりないフルーツかもしれません。ドライフルーツや沖縄の青パパイヤなどは有名ですね。 パパイヤにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、パパ …

いちご

いちご―果物の中では低カロリー!

いちごはスーパーで出回り始めると、入口すぐに配置されて香りと鮮やかな赤が入ってきてうれしくなりますね。甘みとほどよい酸味で人気の果物ですが、カロリーという面ではどのような特徴があるでしょうか? いちご …

レモン

レモン―果汁のカロリーは酢の半分

レモンはビタミンCの量の単位になる、知名度は高いフルーツですが、生で食べることはあまりないですね。レモン果汁になってると、お菓子や料理に使う機会も多いです。 レモンには、どのくらいカロリーがあるのでし …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー