ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

とんかつ―衣のカロリーに気を付けて

投稿日:2017-07-21 更新日:

とんかつ

とんかつは、ボリューム満点のおかずで、子どもにも大人にも人気です。ガッツリお肉を食べたい気分のときにはピッタリです。

とんかつは揚げ物ですから、カロリーも相当あるイメージがありますが、実際のところ、どのくらいのカロリーになるのでしょうか?また、とんかつをちょい減カロリーで食べるアイデアも考えてみましょう。

とんかつのカロリー

食品標準成分表では、2つの部位を使ったとんかつについて載っています。

ロース(脂身付き)…450キロカロリー
ヒレ…388キロカロリー

(厚さ約1㎝の豚肉を使って調理、完成品100gあたり)

ちなみに生の状態であれば、
ロース(脂身付き)生…263キロカロリー
ヒレ・生…130キロカロリー

比較すると衣を付けて揚げるだけでロースが+187ヒレが+258になります。ヒレは3倍のカロリーになってしまっています。

揚げると水分が抜けるので、加熱後のグラムあたりのカロリーは大きくなりますが、衣の方がカロリーが高いのは驚きです。

ちなみにヒレとロースで、こんなに衣のカロリーが違う一番の差は「1切れのサイズ」に由来します。

ヒレカツヒレは細長い部位で、カツにするときは一口カツのような小さなサイズになります。

大きなロースカツに比べると、ヒレカツは何切れにもなり、表面積が増えるので衣が多く付きます。そのため、ヒレの方がカロリーの増加量が増えた、と考えられます。

ですから、ヒレカツがロースカツより低カロリーですが、衣とそれに吸収される油はヒレカツの方が多いことは覚えておきましょう。

とんかつのカロリーオフの方法

とんかつのカロリーを減らすために、部位を選ぶ以外に、調理するときに工夫できることはあるでしょうか?

例えば…

  1. パン粉を細かくする→衣が薄く付き、吸収する油が減る
  2. オーブンやグリルで焼く→油を使わない
  3. パン粉だけ色づくほど加熱して後からつける→揚げないとんかつ

共通するのは「衣に吸収される油をどうやって減らすか?」という点です。とんかつにするときに増えるカロリーは、揚げた時に吸収する油+衣自体(小麦粉やパン粉)のカロリーです。

揚げないとんかつは味を心配する方もいるかもしれませんが、食感はパン粉がカリッとしますし、高温で調理できるオーブンやグリルなら肉が固くなる前に火が通せますので、美味しく仕上がります。
唯一違うとすれば、揚げてないので油のこってり感が少ないという点くらいです。

とんかつのちょい減カロリー:大きいサイズで作る

さて、とんかつを食べるときのちょい減カロリーアイデアですが、「大きいサイズのトンカツを作る」です。

見てきたとおり、とんかつは衣のカロリーをどうにかしなければ、カロリーカットになりません。かといって、衣を全部はがして食べるのは、とんかつの魅力が無くなってしまいます。

それで「衣の付く表面積をちょっとでも減らそう」ということであれば、大きい切り身で揚げて、食べるときに一人分に切り分ければ、衣の美味しさも残し、高温の油で肉汁を閉じ込めた調理が出来た上で、衣の面積を減らすことが可能になります。

ほんのちょっとしたことですが、油のカロリーはちょっとの量ででかなりのカロリーになります。軽く見ないで、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ざるそば

ざるそば―低カロリーなので具で足りない栄養をプラス

ざるそばは、蕎麦をシンプルに味わえるので、寒い時期でも冷たいざるそばを食べる方も多いことでしょう。家でも乾そばをゆでるだけ、ということで、ざるそばを作って食べることもあるかもしれません。 ざるそばは、 …

マカロニサラダ

マカロニサラダ―マヨネーズをなんとかしなければ

マカロニサラダは大人から子供まで人気のサラダで、よく食卓に上る料理のひとつでしょう。脇役として弁当の一角を守っていますし、居酒屋の定番メニューにもなっています。 でも、マカロニサラダはマカロニ、つまり …

サンドイッチ

サンドイッチ―マヨネーズのカロリーに気を付けよう!

サンドイッチは、具のバリエーションが豊富で、コンビニやパン屋、自作もできる料理です。その手軽さから、食事によく利用する1つかもしれません。 サンドイッチはパンですから、カロリーもあるものとイメージが付 …

焼肉

焼肉―カロリーの低い部位ってどこ?

焼肉は若い人を中心に、一番好きと答える人が多いメニューです。日本人の好きな料理ランキングでは、たいてい寿司に次ぐ2位ですが、焼肉店の近くに通るだけで匂いがしてきてダイエットしてると一番心が惹かれる食事 …

ビーフシチュー

ビーフシチュー―肉が大事なら他の具材でカロリーオフを

ビーフシチューは洋食を代表する料理です。今は材料を煮込んでルウを溶かすだけなので、手軽に作れる家庭料理の一つとなっているかもしれません。 ビーフシチューにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?ビーフ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー