ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

ちくわ―低カロリー食材は薄味に

投稿日:2017-07-18 更新日:

ちくわ

 

ちくわは魚肉のすり身を焼いたもので、ヘルシーな食材のイメージがあると思います。

また、ちくわは調理加工がしやすいので、お弁当やちょっとしたおかずなど、冷蔵庫に入れておくと便利な食材でもあります。

では、ちくわは実際、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ちくわを利用したちょい減カロリーアイデアを考えてみましょう。

ちくわのカロリー

食品標準成分表によると、焼きちくわの100gあたりのカロリーは121キロカロリーです。

これは魚の代表格と比較すると

たい…142キロカロリー
たら…140キロカロリー
さけ…133キロカロリー
かれい…95キロカロリー

まぐろ(赤身)…125キロカロリー
さんま…310キロカロリー
さば…202キロカロリー

脂の乗った青魚系より低カロリーは当然ですが、あっさりとした白身魚と比較しても低いカロリーになります。

これは、ちくわはスケトウダラなど白身魚のすり身に加え、つなぎにでんぷんや卵が使われるためです。

ちくわ1本のカロリー

家庭用の小さいちくわ(4,5本入りで売られるようなちくわ)の場合、1本約20gで、20~25キロカロリーになります。

おでんに入っているような大きいちくわは1本120~200gなので、140~250キロカロリーほどになります。

ちくわの塩分は食べすぎ注意レベル

ちくわは低カロリーですが、気を付けるべき点もあります。

それは塩分です。塩はすり身製品には必要不可欠で、すり身に粘り気を出し結着させる役割があります。

ちくわは100gに2.1gの食塩相当量のナトリウムが含まれています。小さいちくわ1本なら約0.5gです。
これを多いと見るか少ないと見るかは、「ちくわをどうやって食べるか」にかかってきます。

ちくわの塩分を利用して、少し塩分を加減していればよいのですが、普通の魚と同じように味付けてしまうと塩分の摂り過ぎになります。

例えば、ちくわを生でしょう油やマヨネーズを付けたりするとき、意識して減らしているでしょうか?
他の生鮮食材と一緒に煮物にするときは調味料を減らすのがさらに難しいです。

ちくわは食材ではなく、加工食品であることを忘れないようにしましょう!

ちくわのちょい減カロリー:美味しいちくわをちょい足しで

さて、ちくわを使ったちょい減カロリーアイデアですが、「美味しいちくわをちょい足ししてボリュームアップさせよう!」です。

例えば、野菜だけの煮物よりタンパク質であるちくわが入った方が、ボリュームが出て、物足りなさも少なくなります。

ただ、周りの味に消されてしまって、「ちくわの形をした何か」になってしまうと、ちくわを使う意味が無くなってしまいます。

ちくわには、生で食べるのに適したちくわ、煮るのに適したちくわ、など様々なタイプがあります。ちくわの特徴をとらえて、低カロリー食材として賢く使っていきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

まぐろ

まぐろ―脂はカロリーの元でもDHA

まぐろは、お寿司やお刺身の顔とも言える魚で好きな方も多いですね。最近ではDHAが取れるなど、健康に良いイメージもあります。 まぐろは、トロになると脂もすごいのですが、その脂にDHAが含まれているので取 …

春雨サラダ

春雨―しらたきの50倍のカロリー!?

春雨はスープやサラダのイメージがあり、「ヘルシーな食材」というイメージがありませんか?透明だし、ツルツルしているし、カップめんに比べればカップ春雨スープの方が低カロリー、ということもあります。 しかし …

キャベツ

キャベツ―存在感のなさが人気の秘訣?

キャベツはロールキャベツや回鍋肉のように主役級の働きをする料理もあれば、千切りが様々な料理の付けあわせにつけたりと、家庭でもレストランでもフル回転で出番が来る野菜の1つだと思います。実際、野菜の中で1 …

バゲット

フランスパン―脂肪を使わず作る低カロリーパン

フランスパンは、種類も様々なハード系のパンで、最近は朝食パン派が増えてきている影響もあって、日常的な食事に選ぶ方も多いそうです。 食べる機会の増えてきたフランスパンですが、カロリーはどのくらいあるので …

ヨーグルト

ヨーグルト―甘みの足しすぎに注意

ヨーグルトはスーパーで何種類も並んでいて、迷ってしまうほどバリエーションが豊富です。健康に良いイメージがありますし、牛乳そのままが苦手な人もヨーグルトなら大丈夫、という場合も多いそうです。 でも、健康 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー