ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

投稿日:2017-02-21 更新日:

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。

牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあります。そのため、低脂肪牛乳の売れ行きも良いそうです。では牛乳のカロリーは実際、どのくらいあるものでしょうか?また、牛乳のちょい減カロリーアイデアとは?

牛乳のカロリー

食品標準成分表によると牛乳は100gで67キロカロリー、パッケージに書かれているコップ1杯(200ml)基準だと134キロカロリーになります。

低脂肪牛乳は、脂肪分が0.5~1.5%のものをいいます。メーカーにより脂肪分が違いますからバラつきがありますが、おおむねコップ1杯80~100キロカロリーです。

さらに無脂肪牛乳というものもあり、脂肪分が0.5%未満のものです。60~90キロカロリーくらいの幅です。

カロリーの面からいうと、低脂肪牛乳か無脂肪牛乳の方がよい、ということになります。ただ、ものによっては味も色も薄かったり、カルシウムなど栄養も半減していることもあるので、何を選ぶかが重要です。そこで皿に注意すべき点は「低脂肪牛乳」と「低脂肪乳」の違いです。

低脂肪牛乳と低脂肪乳

低脂肪牛乳と低脂肪乳は1文字違いですが定義が違います。「牛乳」と名乗る基準がより厳しくなり、生乳を使ったものだけになりました。これは乳等省令という省令で、先ほどの脂肪分の規格などとともに定められています。

それで、低脂肪牛乳は「牛乳」と付けるわけですので、生乳100%で脂肪分を取り除いたものだけが使えます。

一方、低脂肪乳は脂肪分を調整するために脱脂粉乳など生乳以外の乳製品を加えているものです。とはいえ、乳製品以外を加えてはいません(加えたときは加工乳になります)。

これらは文字で見ると間違いやすいです。この何から作られるかによって栄養素などに違いが出ますので、何を選ぶかはパッケージの表示をよく見ることをオススメします。

牛乳のちょい減カロリー:温めて飲む

さて、牛乳のちょい減カロリーアイデアですが「飲む時には温めよう!」です。牛乳の種類自体で、低脂肪のものを選ぶことができ、ちょい減カロリーは簡単なので、さらに飲み方に工夫をできないかと思いまして。

牛乳は風呂上がりに一気するとか、給食の時も一気する子が多いイメージがありますが、一気に飲むのと少しずつ飲むのとでは飲んでる時間が違います。これは感覚の問題ですが、時間をかけて飲んだ方がたくさん飲んだ気になるものです。

時間をかけて飲むには、物理的に早く飲めなくする、つまり熱々にしてしまえばいいという発想です。それで飲む量が少し減らせれば目的達成です。

健康のために飲んでいる、という場合は飲む量を減らしたら栄養も減ります。さすがにカロリーだけ減らすというのは、食卓でなんとかできるものではない上に、メーカーによってかなり差があるので、買う時にできるだけ比べる癖をつけることも役立つかもしれません。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サーモン寿司

サーモン―寿司ネタ人気1位のカロリーは?

サーモンは昔からの塩鮭のイメージを打消し、脂が乗っていて、とろけるような食感が人気です。今や回転寿司の人気ネタランキングでは何年も連続で一位を記録するなど、サーモンは寿司ネタとして定番中の定番になって …

里芋

里芋―イモ類の中では低カロリー

里芋は煮物の定番で、ねっとりとした食感とほのかな甘みが美味しい食材です。味にクセが無いので、好きな方も多いと思います。 里芋もイモの一種ですから、カロリーが多そうです。実際のところ、里芋にはどのくらい …

玄米

玄米―カロリーは白米と差が無し

玄米は、古くから健康に良いと食べられてきて、健康ブームになるたびに玄米ブームが起こりますね。以前はクセの強いイメージの玄米も、最近は美味しい玄米が多いので、普段から食べる方も増えています。 健康に良い …

キャベツ

キャベツ―存在感のなさが人気の秘訣?

キャベツはロールキャベツや回鍋肉のように主役級の働きをする料理もあれば、千切りが様々な料理の付けあわせにつけたりと、家庭でもレストランでもフル回転で出番が来る野菜の1つだと思います。実際、野菜の中で1 …

えのきだけ

えのきだけ―ひき肉料理を低カロリーにできる食材

えのきだけは鍋に欠かせない食材で、シャキシャキした食感が魅力のきのこです。味や香りにクセが無いので、どんな調理法でも合うという便利食材でもあります。 えのきだけはキノコ類ですから、以前はカロリーはゼロ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー