ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

マヨネーズ―便利な調味料はカロリーの塊

投稿日:2017-04-14 更新日:

マヨネーズ

マヨネーズはどこの冷蔵庫にも入っていて、出番の多い人気の調味料です。ただ、マヨネーズはカロリーが高いことは有名で、「ハーフ」や「ライト」などカロリーをカットした商品が売れているそうです。

では実際のところ、マヨネーズのカロリーはどれほどの数字なのでしょうか?また、マヨネーズのちょい減カロリーアイデアとは?

マヨネーズのカロリー

食品標準成分表によれば、大さじ1(15g)ですと

マヨネーズ(全卵型)…105キロカロリー
マヨネーズ(卵黄型)…100キロカロリー
マヨネーズ(低カロリータイプ)…42キロカロリー

ちなみに、大さじ1で100キロカロリーの食材を探してみると、バターがありました。つまり、マヨネーズは、同じ量のバターを食べるのと同じカロリーを摂取することになるということです。

低カロリータイプのマヨネーズのカロリーをさらに見るために、有名メーカーのカロリーも見ていきましょう。

キユーピー

マヨネーズ…100キロカロリー
ハーフ(50%カット)…49キロカロリー
ライト(75%カット)…24キロカロリー
ノンコレステロール…50キロカロリー

味の素

ピュアセレクト…110キロカロリー
65%カロリーカット…36キロカロリー

カロリーカットマヨネーズはマヨネーズではない!?

国が定める「ドレッシング類の表示に関する公正競争規約及び施行規則」では、マヨネーズは「油の割合が 65%以上」と定義されています。

つまり、油を減らしてカロリーをカットしたマヨネーズは実はマヨネーズではありません。「油の割合が10%以上 50%未満」であれば「サラダクリーミードレッシング」になります。

実際、低カロリーマヨネーズのパッケージには「サラダクリーミードレッシング」と書いているはずで、マヨネーズとはどこにも書いてないです。
例えば「キユーピーマヨネーズ」と「キユーピーハーフ」、「ピュアセレクトマヨネーズ」と「ピュアセレクトコクうま」という商品名で、一方には商品名にマヨネーズと入りますが、カロリーカットしたものにはありません。

食べる側としてはあまり気にしない部分ではありますが、マヨネーズはカロリーが高くないと「マヨネーズ」と名乗れないことは覚えておきましょう。

マヨネーズのちょい減カロリー:酸味や香辛料を加える

さて、マヨネーズを使う時のちょい減カロリーアイデアですが、「酸味を加える調味料を足す」です。カロリーだけを気にするならカロリーカットの商品を使うのが手っ取り早いですが、それだけでは工夫がないので…

例えば、ポテトサラダやマカロニサラダでは、下味にしっかりと酢やフレンチドレッシングを加えるレシピがあります。それは、マヨネーズだけで味付けしようと思うと、半分以上が油ですから、こってりくどい味になってしまうからです。

普通に野菜サラダにかけたりするときも、黒胡椒やからし、わさびなどで風味を付けると、味に変化がつきますし、香りも味も広がりやすいので少量でも満足できるでしょう。

マヨネーズが欠かせない現代の食生活だからこそ、賢く使いましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ほうれんそう

ほうれん草―油は相性がいいが少し控えてみよう

ほうれん草は緑黄色野菜の定番で栄養価が高く、旬は冬ですが一年中、手に入れやすい野菜です。 彩りや栄養のため、毎日の食事に少しでも加えたい食材ですが、ほうれん草のカロリーはどのくらいあるのでしょうか?ま …

ケチャップ

ケチャップ―トマトの旨みの固まりは低カロリードレッシング

ケチャップは、トマトの酸味や甘味が美味しい調味料です。子どもも大好きな味で、オムライスやナポリタンなどケチャップの魅力の詰まった料理もたくさんあります。 では、ケチャップにはどのくらいカロリーがあるの …

さば

サバ―定番以外のレシピで低カロリーに挑戦

サバは、昔から日本人に人気のある魚の1つです。日本近海で獲れなくなってきたため、日本人が好きな魚(消費量)ランキングでかなり落ちてしまいましたが、サバの味噌煮や塩焼きは定番ですし、最近ではサバの水煮缶 …

ぶり

ブリ―魚としては高カロリーでも脂(DHA・EPA)は魅力

ブリは照り焼きや刺身など、家庭でも外食でもよく食べる魚の1つです。日本人の魚介類消費量ランキングでは第4位に入り、脂が乗っていて骨も少なく食べやすいので、子供にも人気が高いです。 ブリには、どのくらい …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー