ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

食材

まぐろ―脂はカロリーの元でもDHA

投稿日:2018-03-06 更新日:

まぐろ

まぐろは、お寿司やお刺身の顔とも言える魚で好きな方も多いですね。最近ではDHAが取れるなど、健康に良いイメージもあります。

まぐろは、トロになると脂もすごいのですが、その脂にDHAが含まれているので取りたい脂といえます。では、その脂も含めてマグロのカロリーとはどのくらいなのでしょうか?また、マグロのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

まぐろのカロリー

まぐろのカロリーですが、まぐろは何種類もあるので、食品標準成分表では各種のカロリーが載っています。

くろまぐろ・赤身 125
くろまぐろ・脂身 344
みなみまぐろ・赤身 93
みなみまぐろ・脂身 352
きはだまぐろ 106
びんなが 117
めばちまぐろ 108
めじまぐろ 152

(すべて100gあたり)

くろまぐろは本マグロとも呼ばれる最高級のマグロです。みなみまぐろはインドマグロとも呼ばれ、赤色が濃く脂も乗っているので、お寿司としてよく使われるマグロです。
この2種類はサイズが大きいので、赤身と脂身と別にすることができます。

きはだまぐろ、びんなが(ビンチョウ・ビントロ)、めばちまぐろはお鮨やお刺身でよく見かけますね。広い海域でたくさん獲れるので、比較的安価にマグロを食べることができます。

まぐろのお寿司のカロリーは?

では、次にまぐろを一番食べているであろう、お寿司の形になるとカロリーはどのくらいになるのでしょうか?

スシロー(1皿あたり)

まぐろ…80キロカロリー
漬けまぐろ…81キロカロリー
びん長まぐろ…82キロカロリー
特ネタ中とろ…105キロカロリー(1貫)
本鮪大とろ…72キロカロリー(1貫)
軍艦ねぎまぐろ…112キロカロリー
まぐろ山かけ…94キロカロリー

くら寿司

熟成まぐろ…88キロカロリー
熟成中とろ…65キロカロリー(1貫)
まぐろたたきポン酢…92キロカロリー
ビントロ…82キロカロリー

かっぱ寿司

まぐろ…75キロカロリー
みなみ鮪中とろ…53キロカロリー(1貫)
びん長まぐろ…76キロカロリー
まぐろたたき…100キロカロリー

赤身1貫あたり40キロカロリー、中とろだと50~100キロカロリーと幅がありますね。大きさや厚みの他、脂の乗り具合で大きく変わってしまうからでしょう。

また、まぐろたたき、いわゆるねぎとろ軍艦の場合、油を添加している場合があるのでカロリーが高くなりますので、注意しましょう。

まぐろのちょい減カロリー:醤油以外で食べてみる

さて、まぐろのちょい減カロリーアイデアですが「醤油以外の味付けで食べてみよう!」です!

赤身を食べるだけではつまらないですし、脂を避けすぎたらDHAなどの脂を取ることもできなくなってしまいます。

そうなるとマグロを減らすのではなく、ご飯を減らすアイデアはないか?と考えた結果が「醤油」を使わない、というものです。醤油はご飯が最高ですからね~。

例えば、カルパッチョレシピでは、生野菜とオリーブオイルでサラダ感覚で食べることができます。また、シソやレモン、玉ねぎなどでちょっと風味づけをするのも、簡単に美味しい新発見ができます。

他にも加熱する料理もたくさんありますが、まぐろをいつもと違う味付けで、ぜひ楽しんでみてください!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-食材,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スズキ

スズキー釣り人に人気の魚は低カロリー

スズキは夏に脂が乗って旬を迎える白身魚です。また、全国的に一年中釣れるので、釣り人にも人気の魚です。 スズキはどのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、スズキのちょい減カロリーのアイデアも考えてみ …

ちくわ

ちくわ―低カロリー食材は薄味に

  ちくわは魚肉のすり身を焼いたもので、ヘルシーな食材のイメージがあると思います。 また、ちくわは調理加工がしやすいので、お弁当やちょっとしたおかずなど、冷蔵庫に入れておくと便利な食材でもあ …

カワハギ

カワハギ―薄い体は低カロリー

カワハギは釣りで人気ですが、食べても美味しい魚です。刺身でも煮つけでも、から揚げでも、と様々な調理法に合う食材です。 カワハギには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、カワハギのちょい減カロ …

ニシン

ニシン―脂がのってちょい高カロリー

ニシンは産卵前の秋に脂が乗り、産卵期には卵や白子が美味しくなります。身欠きニシンやカズノコなど、昔から加工品で全国に出回って、なじみ深い食材です。 ニシンには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか? …

牛乳

牛乳―低脂肪を選んだ上で飲み方の工夫を

牛乳は日本人にとっては給食で出てきますので、小さいころから馴染みのある飲み物です。カルシウムが手軽に摂れることから、年代問わず努力して飲んでいる方も多いでしょう。 牛乳は水やお茶と違い、カロリーがあり …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー