ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

アンコウ―魚の中で超低カロリー

投稿日:

アンコウ

アンコウは冬に鍋にすると最高の食材です。家庭ではさばけないので、この一匹の形で見かけることは少ないですが、スーパーで鍋用になって売られることはありますね。

アンコウには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、アンコウのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

アンコウのカロリー

アンコウの身は、100gあたり58キロカロリーです。
アンコウの肝は、100gあたり445キロカロリーです。

さすがにアンキモは高カロリーですね。
身の58キロカロリーは、他の魚と比べてみますと…

サンマ…318キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー
アンコウ…58キロカロリー

アンコウは圧倒的に低カロリーですね…!
アンコウは水分が85.4%と多くて、脂質も0.2%と全く溜めこまないので、これだけ低カロリーになります

他の部位についてカロリーのデータがないのですが、皮や胃やヒレも脂っぽさはないのでカロリーが多いように思います。
つまり、アンコウは低カロリー食材というわけです。

アンコウのちょい減カロリー:アンキモは調味料

では、アンコウのちょい減カロリーアイデアですが、「アンキモを食べたいときは調味料のつもりで使おう」です。

アンコウの身については見てきた通り、かなり低カロリーですから、積極的に使っていきたい食材です。
アンキモはカロリーから考えると避けるのも良いのですが、量的にも少ないですし、何と言っても美味しいのでちょっとは食べたいところ。

それで、アンコウ鍋のレシピとして既にありますが、アンキモを潰してスープにしてしまえば、味が全体に回って、淡白な身を美味しく頂けます。

肝がない時には、例えばトマトベースでブイヤベース風というように旨味を足す作り方がよく合います。

低カロリー食材のアンコウを積極的に活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

まぐろ

まぐろ―脂はカロリーの元でもDHA

まぐろは、お寿司やお刺身の顔とも言える魚で好きな方も多いですね。最近ではDHAが取れるなど、健康に良いイメージもあります。 まぐろは、トロになると脂もすごいのですが、その脂にDHAが含まれているので取 …

キンキの煮つけ

キンキ(キチジ)―脂がのって高カロリー

キンキ(キチジ)は高級魚として知られていて、脂が乗った白身は煮つけや刺身が美味しいですね。あまりスーパーで見かけることは少ないかもしれません。 キンキには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また …

ビンチョウマグロ

ビンナガマグロ―魚の中では低カロリー

ビンナガマグロ(ビンチョウマグロ)はお寿司やお刺身で、最近おなじみのマグロですね。 ビンナガマグロには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ビンナガマグロのちょい減カロリーのアイデアも考えて …

カンパチ

カンパチ―脂があっても低カロリー

カンパチは、お刺身にしてよく食べますが、プリッとした歯ごたえと、しつこくない程よく乗った脂の美味しさが特徴です。 釣りのターゲットとしても人気ですね。 カンパチには、どのくらいのカロリーがあるのでしょ …

ししゃも

シシャモー骨まで食べられて栄養満点

シシャモは生干しやフライなどで、家庭でもよく見る食材です。中の卵がプチプチした食感で美味しいですね。 シシャモには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、シシャモのちょい減カロリーアイデアも考 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー