ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

キンメダイ―旨味の濃さに比べれば低カロリー

投稿日:

金目鯛

キンメダイは脂が乗ってくる冬が旬の魚です。甘みのある白身が美味しく、鍋や煮物、刺身も良いですね。

キンメダイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、キンメダイのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

キンメダイのカロリー

キンメダイのカロリーは、生100gあたり160キロカロリーです。

これだけでは分かりづらいので、他の魚と比べてみましょう。

サンマ…318キロカロリー
キンキ…262キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
キンメダイ…160キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー

キンメダイは、魚の中でもカロリーの低いグループになります。
ちなみに、姿も名前も似ているキンキはカロリーが高いです。

キンメダイは脂質9.0%と控えめですが、キンキは21.7%と圧倒的なので、カロリーに大きな差ができています。

キンメダイのちょい減カロリー:魚の中からキンメダイを選ぼう

では、キンメダイを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「魚を主菜にするときにキンメダイを選んでみよう」です。

キンメダイは魚の中でも比較的低カロリーですので、もし魚を主菜にするときはキンメダイを候補にするなら、他の魚(サンマやサバ)を選ぶよりもちょい減カロリーを達成できます。

調理法も刺身や鍋物ですと、味付けに甘みを加えないのでカロリーを抑えられます。
煮つけにすると、キンメダイの旨味が濃いので、それに負けないしっかりとした味付けが必要です。
ただ、そういう味付けが合う魚、例えばブリなどはカロリーが高いわけですから、キンメダイを使うことによりカロリーを控えていることになります。

低カロリーなキンメダイを賢く活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ししゃも

シシャモー骨まで食べられて栄養満点

シシャモは生干しやフライなどで、家庭でもよく見る食材です。中の卵がプチプチした食感で美味しいですね。 シシャモには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、シシャモのちょい減カロリーアイデアも考 …

カンパチ

カンパチ―脂があっても低カロリー

カンパチは、お刺身にしてよく食べますが、プリッとした歯ごたえと、しつこくない程よく乗った脂の美味しさが特徴です。 釣りのターゲットとしても人気ですね。 カンパチには、どのくらいのカロリーがあるのでしょ …

アンコウ

アンコウ―魚の中で超低カロリー

アンコウは冬に鍋にすると最高の食材です。家庭ではさばけないので、この一匹の形で見かけることは少ないですが、スーパーで鍋用になって売られることはありますね。 アンコウには、どのくらいのカロリーがあるので …

しらす

シラス―丸ごと食べて低カロリーな魚

シラスは、春と秋の漁ができる時期に生シラスが食べられ、その他の時期でも釜揚げや生干しなど加熱したものが出回ります。 最近では回転寿司で生シラスが出たりしますね。 シラスには、どのくらいのカロリーがある …

太刀魚

太刀魚―水分が多そうで意外と高カロリー

太刀魚(タチウオ)は一年中獲れる魚で、夏の時期に大型に育ったものはとても美味しい魚です。 その姿が太刀に見えるという、その見た目のインパクトも大きい食材ですね。 太刀魚にはどのくらいのカロリーがあるの …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー