ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

キンメダイ―旨味の濃さに比べれば低カロリー

投稿日:

金目鯛

キンメダイは脂が乗ってくる冬が旬の魚です。甘みのある白身が美味しく、鍋や煮物、刺身も良いですね。

キンメダイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、キンメダイのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

キンメダイのカロリー

キンメダイのカロリーは、生100gあたり160キロカロリーです。

これだけでは分かりづらいので、他の魚と比べてみましょう。

サンマ…318キロカロリー
キンキ…262キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
キンメダイ…160キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー

キンメダイは、魚の中でもカロリーの低いグループになります。
ちなみに、姿も名前も似ているキンキはカロリーが高いです。

キンメダイは脂質9.0%と控えめですが、キンキは21.7%と圧倒的なので、カロリーに大きな差ができています。

キンメダイのちょい減カロリー:魚の中からキンメダイを選ぼう

では、キンメダイを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「魚を主菜にするときにキンメダイを選んでみよう」です。

キンメダイは魚の中でも比較的低カロリーですので、もし魚を主菜にするときはキンメダイを候補にするなら、他の魚(サンマやサバ)を選ぶよりもちょい減カロリーを達成できます。

調理法も刺身や鍋物ですと、味付けに甘みを加えないのでカロリーを抑えられます。
煮つけにすると、キンメダイの旨味が濃いので、それに負けないしっかりとした味付けが必要です。
ただ、そういう味付けが合う魚、例えばブリなどはカロリーが高いわけですから、キンメダイを使うことによりカロリーを控えていることになります。

低カロリーなキンメダイを賢く活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サーモン寿司

サーモン―寿司ネタ人気1位のカロリーは?

サーモンは昔からの塩鮭のイメージを打消し、脂が乗っていて、とろけるような食感が人気です。今や回転寿司の人気ネタランキングでは何年も連続で一位を記録するなど、サーモンは寿司ネタとして定番中の定番になって …

キンキの煮つけ

キンキ(キチジ)―脂がのって高カロリー

キンキ(キチジ)は高級魚として知られていて、脂が乗った白身は煮つけや刺身が美味しいですね。あまりスーパーで見かけることは少ないかもしれません。 キンキには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また …

アジ

アジ―魚の中でも脂が少なく低カロリー

アジは日本人にはなじみ深い魚です。干物やアジフライ、たたきや刺身など調理法も様々で、食卓でも外食でも目にする機会も多いです。 アジはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、アジを使ったちょい減カロ …

さんま

さんま―カロリー高めでも脂(DHA・EPA)は摂りたい

さんまは秋刀魚と書くように、秋を代表する魚ですが、今では冷凍さんまもあり、一年中、脂の乗ったさんまを食べることができます。 さんまは落語にも出てきますが、脂が多いイメージのある魚です。では、カロリーも …

ほっけ

ほっけ―低カロリーの干物は凝縮した旨味を楽しもう

ほっけは干物が有名で、開きになってる姿がイメージされると思います。北海道では、フライや塩焼きも日常的に食べられています。 ほっけは干物だとあまり想像が付きませんが、どのくらいカロリーがあるのでしょうか …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー