ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

キンメダイ―旨味の濃さに比べれば低カロリー

投稿日:

金目鯛

キンメダイは脂が乗ってくる冬が旬の魚です。甘みのある白身が美味しく、鍋や煮物、刺身も良いですね。

キンメダイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、キンメダイのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

キンメダイのカロリー

キンメダイのカロリーは、生100gあたり160キロカロリーです。

これだけでは分かりづらいので、他の魚と比べてみましょう。

サンマ…318キロカロリー
キンキ…262キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
キンメダイ…160キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー

キンメダイは、魚の中でもカロリーの低いグループになります。
ちなみに、姿も名前も似ているキンキはカロリーが高いです。

キンメダイは脂質9.0%と控えめですが、キンキは21.7%と圧倒的なので、カロリーに大きな差ができています。

キンメダイのちょい減カロリー:魚の中からキンメダイを選ぼう

では、キンメダイを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「魚を主菜にするときにキンメダイを選んでみよう」です。

キンメダイは魚の中でも比較的低カロリーですので、もし魚を主菜にするときはキンメダイを候補にするなら、他の魚(サンマやサバ)を選ぶよりもちょい減カロリーを達成できます。

調理法も刺身や鍋物ですと、味付けに甘みを加えないのでカロリーを抑えられます。
煮つけにすると、キンメダイの旨味が濃いので、それに負けないしっかりとした味付けが必要です。
ただ、そういう味付けが合う魚、例えばブリなどはカロリーが高いわけですから、キンメダイを使うことによりカロリーを控えていることになります。

低カロリーなキンメダイを賢く活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鮭

鮭―脂が乗った輸入サーモンのカロリーは?

鮭は日本人が一番食べている魚です。塩鮭は昔から食べられてきましたが、最近では輸入サーモンをお寿司や刺身で食べたり、しょっぱくなく脂が乗っていると人気が急速に上がっています。 それで皆さんも食べる機会が …

アユの塩焼き

鮎―天然も養殖もカロリー控えめ

鮎は川によって味が変わるとも言われる、繊細な味わいの魚です。内臓も「うるか」という通好みの珍味になり、日本人に古くから親しみのある魚ですね。 鮎には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、鮎の …

ボラ

ボラ―冬が旬の低カロリーな魚

ボラは釣り人にはおなじみの冬が旬の魚です。旬の時期には、刺身用がスーパーで売られることもあります。 ボラには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ボラのちょい減カロリーのアイデアも考えてみま …

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

ぶり

ブリ―魚としては高カロリーでも脂(DHA・EPA)は魅力

ブリは照り焼きや刺身など、家庭でも外食でもよく食べる魚の1つです。日本人の魚介類消費量ランキングでは第4位に入り、脂が乗っていて骨も少なく食べやすいので、子供にも人気が高いです。 ブリには、どのくらい …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー