ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

ヒラメ―天然も養殖も低カロリー

投稿日:

ヒラメ

ヒラメは冬が旬の、さっぱりとした白身魚で高級魚の代表格です。刺身やムニエル、煮つけなど様々なレシピで食べられています。

ヒラメには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ヒラメのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

ヒラメのカロリー

ヒラメは天然と養殖の数値が出ていました。

天然・生・100gあたり…103キロカロリー
養殖・生・100gあたり…126キロカロリー

養殖の方がカロリーが高いですね。脂肪が2倍近くになってるのは、えさの豊富さと運動量の差かと思います。

このヒラメのカロリーを、他の主な魚と比較してみましょう。

サンマ…318キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
ヒラメ(天然)…103キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー

ヒラメは魚の中でも低カロリーのグループになります。
ヒラメの平べったい体を全身使って泳ぎますから、脂肪がつきにくいです。
糖質はありませんから、高たんぱくの健康的な低カロリー食材といえます。

ヒラメのちょい減カロリー:主菜にヒラメを

では、ヒラメを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「主菜を選ぶときにヒラメの料理を」です。

ヒラメは魚の中でも低カロリーですので、もし魚を主菜にするときはヒラメを候補にするなら、他の魚を選ぶよりもちょい減カロリーを達成できます。

ヒラメだけなら淡白な味ですが、ムニエルでクリームソースにしたり、生もカルパッチョ風にしてオイルでコクを足しても、低カロリーを維持することもできます。

冬に美味しくなる低カロリー食材のヒラメをもっと活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カンパチ

カンパチ―脂があっても低カロリー

カンパチは、お刺身にしてよく食べますが、プリッとした歯ごたえと、しつこくない程よく乗った脂の美味しさが特徴です。 釣りのターゲットとしても人気ですね。 カンパチには、どのくらいのカロリーがあるのでしょ …

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

サワラ

サワラ―脂が乗る冬にかけてカロリーも

サワラは、漢字で「鰆」と書くように春に多く獲れ、産卵が終わった秋から冬にかけて脂が乗る時期に美味しくなる、と一年中食べられる魚です。 サワラの西京焼きは有名ですね。 サワラはどのくらいのカロリーがある …

ほっけ

ほっけ―低カロリーの干物は凝縮した旨味を楽しもう

ほっけは干物が有名で、開きになってる姿がイメージされると思います。北海道では、フライや塩焼きも日常的に食べられています。 ほっけは干物だとあまり想像が付きませんが、どのくらいカロリーがあるのでしょうか …

キンキの煮つけ

キンキ(キチジ)―脂がのって高カロリー

キンキ(キチジ)は高級魚として知られていて、脂が乗った白身は煮つけや刺身が美味しいですね。あまりスーパーで見かけることは少ないかもしれません。 キンキには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー