ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

果物 食材

グレープフルーツ―強い酸味と甘みで満足できる果物

投稿日:2017-04-28 更新日:

グレープフルーツ

グレープフルーツはさっぱりとした甘味と酸味と苦みのバランスの良い果物で、ビタミンCも取れることから女性を中心に人気があります。毎日食べる、というハマる人も続出中です。

すっかり日本の家庭で日常的になったグレープフルーツですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、グレープフルーツを活用したちょい減カロリーアイデアとは?

グレープフルーツのカロリー

グレープフルーツのカロリーは生100gあたり38キロカロリーです。
白肉、赤肉ともにカロリーは変わりません。

1個で300g前後ありまして、廃棄率が30%ですから、1個70~80キロカロリー、半個で40キロカロリーほどになります。
果汁(水分)が多いので、果物の中でも低い方です。

グレープフルーツに砂糖のメリット・デメリット

最近は酸味や苦みを抑える食べ方として、砂糖をかける、というのが定番だそうです。

当然のことですが、カロリーの面から行けば、せっかく低カロリーの果物を食べているのに、高カロリーにしているわけですから、ダイエット中には良くないかもしれません。

しかし、考え方によってはケーキなど食後にお菓子を食べるよりは健康的に甘みを摂ることができる、と見ることもできます。

さらに、これを朝食として、例えばパンやご飯を食べずに主食の代わりとして果物で済ませられるのであれば、グレープフルーツに少し足すくらいなら合計のカロリーは減るかもしれません。

ただし、グレープフルーツは酸味に隠れているだけで甘みの強い果物です
本質的には、甘味は十分取っていることは忘れないようにしましょう。

グレープフルーツのちょい減カロリー:おやつとして

さて、グレープフルーツのちょい減カロリーアイデアですが、「お菓子の代わりに間食として食べよう」です。

先ほど書いた通り、比べる相手がお菓子であれば、グレープフルーツは圧倒的に低カロリーです。

グレープフルーツは水分が多いので、すぐ消化されてしまいエネルギーも消費され、腹もちが悪いです。ですから、ご飯として食べるには少し物足りなくなることでしょう。

間食、あるいはデザートを食べることは、好きなものを食べて気持ちをスッキリさせる目的があります。
それで、低カロリーで味にインパクトのあるグレープフルーツは満足感もありますし、さわやかな後味も良いです。1個食べれば量としてもかなりありますので、一時的ではありますが満腹感もあることでしょう。

手に入れやすい果物ですから、ぜひ賢く日常的に活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-果物, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゆで卵

ゆで卵―油を使わずに上質タンパクを取ろう

卵は常に欠かさない、というご家庭が多いことと思います。物価の優等生とも呼ばれ、栄養価についてもタンパク質やビタミンなど豊富に含まれており完全食と呼ばれることもあります。 卵の調理法の定番の1つといえば …

ごま油―カロリーは他の油と変わらず

ごま油は、油の中でも体に良い、というイメージがある方も多いでしょう。では、カロリーの点から見て、ごま油はどうなのでしょうか? ごま油のカロリー ごま油のカロリーは100gあたり921キロカロリーです。 …

大豆と豆乳

豆乳―栄養価が高いけどカロリーは牛乳と同じ

豆乳は、最近は健康のために飲むという方が増えています。最も豆乳ブームといわれていた10年前に比べて、1.5倍の生産量になっており、今なお毎年右肩上がりで伸び続けているほどです。今が「第3次豆乳ブーム」 …

コーヒー

コーヒー―低カロリーでも飲みすぎ注意

コーヒーは毎日何杯も飲む方も多い、日常でよく見る飲み物です。気軽な飲み物でもあり、カフェ、喫茶店、コーヒー専門店など、わざわざ飲みに行きたくなるということもあることでしょう。 さて、コーヒーはブラック …

さんま

さんま―カロリー高めでも脂(DHA・EPA)は摂りたい

さんまは秋刀魚と書くように、秋を代表する魚ですが、今では冷凍さんまもあり、一年中、脂の乗ったさんまを食べることができます。 さんまは落語にも出てきますが、脂が多いイメージのある魚です。では、カロリーも …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー