ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

果物 食材

グレープフルーツ―強い酸味と甘みで満足できる果物

投稿日:2017-04-28 更新日:

グレープフルーツ

グレープフルーツはさっぱりとした甘味と酸味と苦みのバランスの良い果物で、ビタミンCも取れることから女性を中心に人気があります。毎日食べる、というハマる人も続出中です。

すっかり日本の家庭で日常的になったグレープフルーツですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、グレープフルーツを活用したちょい減カロリーアイデアとは?

グレープフルーツのカロリー

グレープフルーツのカロリーは生100gあたり38キロカロリーです。
白肉、赤肉ともにカロリーは変わりません。

1個で300g前後ありまして、廃棄率が30%ですから、1個70~80キロカロリー、半個で40キロカロリーほどになります。
果汁(水分)が多いので、果物の中でも低い方です。

グレープフルーツに砂糖のメリット・デメリット

最近は酸味や苦みを抑える食べ方として、砂糖をかける、というのが定番だそうです。

当然のことですが、カロリーの面から行けば、せっかく低カロリーの果物を食べているのに、高カロリーにしているわけですから、ダイエット中には良くないかもしれません。

しかし、考え方によってはケーキなど食後にお菓子を食べるよりは健康的に甘みを摂ることができる、と見ることもできます。

さらに、これを朝食として、例えばパンやご飯を食べずに主食の代わりとして果物で済ませられるのであれば、グレープフルーツに少し足すくらいなら合計のカロリーは減るかもしれません。

ただし、グレープフルーツは酸味に隠れているだけで甘みの強い果物です
本質的には、甘味は十分取っていることは忘れないようにしましょう。

グレープフルーツのちょい減カロリー:おやつとして

さて、グレープフルーツのちょい減カロリーアイデアですが、「お菓子の代わりに間食として食べよう」です。

先ほど書いた通り、比べる相手がお菓子であれば、グレープフルーツは圧倒的に低カロリーです。

グレープフルーツは水分が多いので、すぐ消化されてしまいエネルギーも消費され、腹もちが悪いです。ですから、ご飯として食べるには少し物足りなくなることでしょう。

間食、あるいはデザートを食べることは、好きなものを食べて気持ちをスッキリさせる目的があります。
それで、低カロリーで味にインパクトのあるグレープフルーツは満足感もありますし、さわやかな後味も良いです。1個食べれば量としてもかなりありますので、一時的ではありますが満腹感もあることでしょう。

手に入れやすい果物ですから、ぜひ賢く日常的に活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-果物, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

梨

梨―甘みは強いがカロリーは低い

梨は秋の風物詩の1つですね。さわやかな甘みと、シャクシャクという食感が良いです。 梨にはどのくらいのカロリーがあるのでしょうか?梨のちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。 梨のカロリー 梨(日 …

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

きゅうり

きゅうり―カロリーが低くても味付けに注意

きゅうりはサラダには欠かせない野菜の1つです。夏野菜ですが一年中いつでも手に入れやすいので、一年中いつでも食べる機会が多いですね。 きゅうりのカロリーは気にしたことがないかもしれませんが、実際、どのく …

グラノーラ

グラノーラ―穀類に甘みを加えればカロリーは高くて当然

グラノーラは最近ブームになっています。健康や美容に良いと、朝食にしている方も増えているそうです。メーカー品は食べやすいようにドライフルーツと混ぜ、フルーツグラノーラとして見かけることが多いですね。 グ …

豚バラスライス

豚バラ肉―見た目の通り脂のおかげで高カロリー

豚バラ肉は、豚肉の中でも脂身の旨みと赤身の旨みを両方楽しめる部位です。炒めものにはスライス、焼肉には厚切り、煮物にはブロックで、と形状も色々な豚バラ肉は、家庭でも出番の多いことでしょう。 でも豚バラ肉 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー