ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

フグ―養殖でも脂質が少なく低カロリー

投稿日:2020-10-13 更新日:

フグ

フグは高級魚の代表で、ふぐ刺し(てっさ)、鍋(てっちり)などが有名ですね。「福」とかけて縁起が良い魚とも言われています。

フグには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、フグのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

フグのカロリー

食品標準成分表には、2種類のフグのカロリーが載せられています。

マフグ…84キロカロリー
トラフグ(養殖)…85キロカロリー(どちらも生100gあたり)

種類によってカロリーの違いはないようです。
また、養殖でも脂肪をため込まないので、カロリーが変わらない、となっているようです。

他の魚のカロリーと比較してみましょう。

サンマ…318キロカロリー
ブリ…257キロカロリー
ウナギ…255キロカロリー
サバ(真サバ)…247キロカロリー
イワシ(真イワシ)…169キロカロリー
シシャモ(生干し)…166キロカロリー
タイ(真鯛)…142キロカロリー
サケ(シロザケ)…133キロカロリー
アジ(真アジ)…126キロカロリー
マグロ(クロマグロ)赤身…125キロカロリー
フグ(トラフグ)…85キロカロリー
タラ(真鱈)…77キロカロリー

フグは魚の中でも、かなりの低カロリーですね。
脂質が0.3~0.4%と少なく、高たんぱく低脂質のヘルシーな食材であることが分かります。

フグのちょい減カロリー:美味しく食べれば良し

では、フグのちょい減カロリーのアイデアですが、「低カロリー食材のフグは美味しく食べればいい」です!

他の魚よりカロリーが低いのですから、魚を食べたいときにフグを食べれば普段の食事より、ちょい減カロリーになります。

もちろん、しょっちゅう食べられるものではないので、フグを食べることで低カロリーを狙うなんてことはできませんが……

フグを食べるときには刺身でも鍋でもポン酢でさっぱり、唐揚げでも衣が薄いので、それほど追加で足されるカロリーは多くはありません。
なので、フグを食べるときにはカロリーを気にせず、食べるのが良いと思います。

高級魚のフグは美味しくありがたくいただきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハモ

ハモ―白身で淡白な低カロリーの魚

ハモは関西ではおなじみの、夏の高級食材ですが、東の方ではあまり見かけることすらない、地域性のある食材です。骨切という手間がかかってますが、そこまでして食べる価値のある大変美味しい魚です。 ハモには、ど …

ヒラメ

ヒラメ―天然も養殖も低カロリー

ヒラメは冬が旬の、さっぱりとした白身魚で高級魚の代表格です。刺身やムニエル、煮つけなど様々なレシピで食べられています。 ヒラメには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ヒラメのちょい減カロリ …

しらす

シラス―丸ごと食べて低カロリーな魚

シラスは、春と秋の漁ができる時期に生シラスが食べられ、その他の時期でも釜揚げや生干しなど加熱したものが出回ります。 最近では回転寿司で生シラスが出たりしますね。 シラスには、どのくらいのカロリーがある …

たこ

たこ―低カロリー食材は油を使わない調理で

たこは歯ごたえがよく旨味もたっぷりで、たこ焼きに代表されるように食べる機会の多い魚介類です。スーパーでも手に入れられる身近な食材ですね。 たこは高たんぱく低カロリー食品として、ダイエット中の人にはお馴 …

アマダイ

アマダイ―脂肪が少ない低カロリーの白身魚

アマダイ(甘鯛)は秋が旬の上品な白身魚です。「グジ」と呼ばれる若狭で獲れるものは特別で、高級食材として扱われています。 そんなアマダイなので、なかなかスーパーで売られることは少ないですが、干物の形だと …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー