ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

果物

さくらんぼ―果物の中ではちょっと高め

投稿日:

さくらんぼ

さくらんぼは、5月~7月が旬の色鮮やかなフルーツで、この時期は果物売り場が華やかになりますね。小さくて甘みが強いので、子供にも食べやすく人気があります。

さくらんぼには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?さくらんぼのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

さくらんぼのカロリー

さくらんぼのカロリーは、100gあたり60キロカロリーです。

さくらんぼ1粒は、小さめだと6g(種を抜くと5g)とすると3キロカロリーとなります。
大きめの10gなら、5キロカロリーです。

他の果物と比べてみますと…(100gあたり)

いちご…34キロカロリー
みかん…46キロカロリー
キウイ…53キロカロリー
グレープフルーツ…38キロカロリー
なし…43キロカロリー
バナナ…86キロカロリー
ぶどう…59キロカロリー
メロン…42キロカロリー
りんご…57キロカロリー

バナナは別格ですが、さくらんぼは果物の中でも高い方ですね。皮まで食べるので、水分の割合が少ないのが一因かもしれません。

さくらんぼのちょい減カロリー:高いブランド品を食べる

では、さくらんぼのちょい減カロリーのアイデアですが、「高いブランド品を選んで食べる」です。

カロリーを減らす一番の方法は食べる量を減らすことです。食べる量を減らすために、高いさくらんぼを買えば、自然と少なくなるでしょう?ということです。

実際、高い品種は甘みが強いものですから、少量でも満足感が得られます。日持ちがしないので、たくさん買わない方がいいですし。

葉酸も多く、アントシアニンなども含まれていますから、健康にも良い食材と言えます。
せっかくの季節限定の味ですから、さくらんぼの味を楽しみましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-果物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ライチ

ライチ―水分が少ないだけちょい高

ライチは中華料理のデザートでよく使われ、今では冷凍ライチもスーパーで売られるようになってきて、だいぶ知名度が上がってきたフルーツです。 ライチには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ライチ …

文旦

文旦―まろやかな酸味で満足感が高いが低カロリー

文旦は甘みと酸味の美味しい柑橘類です。グレープフルーツをもっとまろやかにしたような味です。 文旦には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、文旦のちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。 …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

ハスカップ

ハスカップ―北海道産のフルーツのカロリーは?

ハスカップは北海道特産の果物です。冷凍ものは出回っていますし、北海道のお菓子に使われているので、お土産の名前で聞いたことがある方もいるかもしれません。 ハスカップには、どのくらいのカロリーがあるのでし …

パパイヤ

パパイヤ―フルーツの中でも低カロリー

パパイヤは名前はよく知られていますが、生で食べる機会はあまりないフルーツかもしれません。ドライフルーツや沖縄の青パパイヤなどは有名ですね。 パパイヤにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、パパ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー