ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

肉類

マルチョウ―脂は多いが肉ほどではない

投稿日:2020-07-01 更新日:

マルチョウ

マルチョウは牛のホルモンの中でも脂がたっぷりついていて、ジューシーな味わいが焼肉で人気の部位です。

マルチョウには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、マルチョウのちょい減カロリーも考えてみましょう。

マルチョウのカロリー

マルチョウは牛の小腸の部分で、100gあたり287キロカロリーとなっています。

牛肉の他の部位との比較

カルビ(ばら)…371キロカロリー
ロース(リブロース)…231キロカロリー
ヒレ…130キロカロリー
ランプ…234キロカロリー

ハラミ(横隔膜)…321キロカロリー
ハツ(心臓)…142キロカロリー
レバー(肝臓)…132キロカロリー
ミノ(第一胃・ゆで)…182キロカロリー
ハチノス(第二胃・ゆで)…200キロカロリー
センマイ(第三胃)…62キロカロリー
ギアラ(第四胃・ゆで)…329キロカロリー
マルチョウ(小腸)…287キロカロリー
シマチョウ(大腸)…162キロカロリー

脂がたっぷりついているイメージですが、他の脂の多いカルビなどに比べて、そこまでは高くないですね。
ホルモンは内臓でよく働く部分なので、カロリーが全体的に低めになります。

マルチョウのちょい減カロリー:よく焼いて脂を落とす

では、マルチョウのちょい減カロリーのアイデアですが、「じっくり焼いて、余分な脂をしっかり落とそう」です!

ホルモンですから火は十分に通さなければならないのですが、時間をかけるほど脂は流れ出ていきます。
もちろん、その脂が美味しいので、脂を全部落とさなければならない、とは考えなくていいですが、焼き方によってカロリーは変わる、ということを覚えておきましょう。

焼肉でカロリーを気にするというのも美味しくなくなってしまうので、ちょっとした気休め程度でも工夫してカロリーを減らせてると考えれば、美味しく食べれるかもしれません。というお話でした。

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-肉類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サーロイン

サーロイン―輸入牛ならさっぱりと

サーロインはステーキによく使われ、牛肉の中でもジューシーな肉汁と、脂の旨味を楽しめる部位です。 サーロインには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、サーロインのちょい減カロリーも考えてみまし …

カルビ

カルビ―しっかり焼いて脂を落とす

カルビといえば焼肉、焼肉といえばカルビですね。肉と脂の旨味が凝縮した部位で美味しいです。 カルビにはカロリーが高そうですが、実際のところ、カルビのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?カルビのちょい減 …

ソーセージ

ソーセージ―詰まった旨味を活用してカロリーの分散を

ソーセージは子どものお弁当のおかずにも、ビールのおつまみにも、朝食バイキングでも定番になっている食材です。ゆでたり焼いたり炒めたりしますが、ソーセージだけで美味しいので、料理する手間もかからないので、 …

ハラミ

ハラミ―横隔膜は意外と高カロリー

ハラミは牛の横隔膜のことで、焼肉で人気のある部位です。赤身の肉とは違い、弾力がほどよくありながら柔らかく、サシも入っていて美味しいですね。 ハラミはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?ハラミのちょい …

鶏もも肉

鶏もも肉―皮さえなければ胸肉に近いカロリー

鶏もも肉は手ごろな値段で、様々な調理法があり、食卓によく上るお肉です。柔らかくジューシーなので、子供からお年寄りまで人気のある食材かと思います。 鶏もも肉には、どのくらいカロリーがあるのでしょうか?ま …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー