ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他魚介類

牡蠣―栄養満点で魚介類の中では低めのカロリー

投稿日:2020-10-30 更新日:

牡蠣

牡蠣は冬~春にかけて旬の食材です。海のミルクとも呼ばれるほど栄養が高く、生ガキやカキフライ、鍋やグラタンなど調理法も様々ですね。

牡蠣には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、牡蠣のちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

牡蠣のカロリー

牡蠣のカロリーは、生100gあたり58キロカロリーです。

1個あたりの身の重さは10~20gですので、1個あたり6~12キロカロリーということになります。

他の魚介類と比べるとどうなのでしょうか?

(魚はほとんどが100キロカロリー超です)

ウニ…109キロカロリー
車エビ…90キロカロリー
サザエ…83キロカロリー
スルメイカ…76キロカロリー
アワビ…76キロカロリー
マダコ…70キロカロリー
ホタテ(貝柱)…66キロカロリー
ズワイガニ…59キロカロリー
カキ…58キロカロリー
シジミ…54キロカロリー
アサリ…27キロカロリー

貝の中では平均的なカロリーですかね。
牡蠣はこってりとした内臓も丸ごと食べますから、栄養価が全体的に高くミネラルが豊富です。
ただ、水分が85%と高めなので、重量当たりのカロリーはそれほど高くない、ということになります。

ちなみにカキフライのカロリーは100gあたり256キロカロリーだそうです。(八訂食品標準成分表より)

牡蠣のちょい減カロリー:いつもの主菜に牡蠣を

では、牡蠣を使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「いつもの主菜レシピに牡蠣を使ってみよう」です。

牡蠣は和洋中、どんな味付けでも合いますし、旨味も十分なので満足感の得やすい食材です。

例えば、グラタンにしても鶏肉を使うよりも低カロリーにできます。
揚げ物もトンカツやエビフライよりも、元の食材が低カロリーなので、低カロリーになるというわけです。

炒め煮にしたり、クリーム煮にしたり、野菜と合わせて全体に旨味をまとわせるのも、牡蠣が少量でも美味しく満足感を得やすくなるのでおススメです。

牡蠣を美味しく活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他魚介類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アワビ

アワビ―低脂肪で低カロリーの高級食材

アワビは高級食材の代表格ですね。刺身、寿司で生のコリコリした食感を楽しむのも、ステーキや酒蒸しのように火を通して旨味を楽しむのも良いという実は守備範囲の広い食材です。 アワビにはどのくらいのカロリーが …

サザエ

サザエ―2,3個食べても低カロリー

サザエは産卵前の春に旬を迎える、美味しい巻き貝です。火を通してつぼ焼きでも、刺身で食感を楽しむのもいいですね。 サザエには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、サザエのちょい減カロリーのアイ …

ナマコ

ナマコ―魚介類の中でカロリー最少グループ

ナマコは酢の物で有名で好きな方は好きな食材ですが、食べたことがない方も多いかもしれません。海鮮居酒屋みたいなところならありますけど、名前は知らないけど味を知らない食材は、なかなか頼む機会がないですよね …

ホタテ

ホタテ―甘みはあるが低カロリー

ホタテは北海道で99%の生産量がある、北海道の代表する食材のイメージの強い貝です。生でも火を通しても美味しいですね。 ホタテには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ホタテのちょい減カロリー …

ホヤ

ホヤ―魚介類の中でも低カロリー

ホヤは北海道や東北で獲れる海の幸で、珍味・おつまみとして食べられる食材です。西日本ですと、見かけることすら少ないかもしれません。 ホヤにはどのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ホヤのちょい減カ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー