ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

料理

メンチカツ―肉の揚げ物と心得てカロリー覚悟

投稿日:2017-09-25 更新日:

メンチカツ

メンチカツは昔から、コロッケとともに肉屋さんに並んでいた惣菜の代表です。今でも子供からお年寄りまで人気のある揚げ物です。

メンチカツはひき肉が詰まっていてメインを張れるおかずなのですが、肉の揚げ物となればカロリーが気になるところです。
では、メンチカツは実際、どのくらいのカロリーがあるものなのでしょうか?また、メンチカツを食べるときのちょい減カロリーアイデアも考えてみましょう。

メンチカツのカロリー

市販のメンチカツのカロリーを調べてみると…

総菜

ローソン ゲンコツメンチ…1個295キロカロリー

セブンイレブン サクッとメンチ…1個251キロカロリー

セブンイレブン ミンチカツ…1個245キロカロリー(近畿限定)

ほっともっと メンチカツ(単品)…1個177キロカロリー

冷凍食品

味の素 ジューシーメンチ…1個(24g)73キロカロリー

日本ハム ソースキャベツメンチカツ…1個(17g)44キロカロリー

マルハニチロ 国産豚のキャベツメンチ生姜焼きだれ…1個(24g)75キロカロリー

冷凍食品は1つが小さいのですが、比較しようとするとローソンが約130gなので5個分の重さがあるということになります。
小さいと衣の割合が増えるので、油の吸収も増え、カロリーは高くなります。ですが、小さいと少ない数でも食べた気になるので、一長一短ですね。

自作すると、NHK「きょうの料理」を参考にすると、1人前250~400キロカロリーとなります。…でも、自作するってハンバーグを揚げれば良いのでしょうか?

メンチカツはハンバーグを揚げたもの?

では、メンチカツとハンバーグの違いはあるのでしょうか?

材料を見ると、ほとんど変わりません。
ひき肉・玉ねぎ・卵・パン粉…
ひき肉が牛か豚かはお店やレシピごとに違いますし。

では、作り方を見てみると、少し違いが出てきます。

1:玉ねぎは炒めず、生のまま混ぜる
2:パン粉はつなぎに入れない→衣に使う

この作る過程の違いによって、メンチカツの方がつなぎが少ないので肉の感じが残ります。
ハンバーグはふっくら仕上がるのに対して、メンチカツはぎっしり詰まっている、というイメージの違いです。

ですから、「お肉を食べたい!」という時にはメンチカツの方が向いている、といえます。

メンチカツのちょい減カロリー:揚げないor衣を残す

さて、メンチカツのちょい減カロリーアイデアですが、「作るなら揚げない」「買ってくるなら衣を残す」です。

衣のカロリーは無視できないほど高いものです。メンチカツの場合、中身の肉で十分満足感がありますから、衣にボリューム感を求めていないはずです。

自分で作る場合

揚げ物のちょい減カロリーの主要な方法は「揚げない調理法」を考えてみることです。

メンチカツの場合、パン粉を使いますから、実は揚げなくても色はきれいに付きます。

1:電子レンジでパン粉だけ加熱して茶色にする
2:オーブンまたはトースターでじっくり中まで焼く

総菜を買ってくる場合

できたメンチカツを買ってくる場合、カロリーを減らすには衣を残す、ということができます。

それはもったいない、と感じるなら、温め直す時にキッチンペーパーなどで油を吸い取らせる、といった地道な努力もできるかもしれません。

メンチカツを避けるのではなく、賢く食べて美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おでん

おでん―カロリーバランスを考えた具材の選び方とは?

おでんは寒くなればなるほど美味しく、お酒のおつまみにもご飯のおかずにも良いですよね。最近ではコンビニで気軽に買えるので、小腹がすいたら少しつまむということもできます。 おでんは、その豊富な具材が魅力の …

味噌汁

味噌汁―カロリーが低いは勘違い!?

味噌汁は日本人にとって家庭の朝食、定食屋や牛丼屋などなじみの深い汁ものです。汁もの…つまり、ほとんど水ですから「カロリーなんてわずかなものでしょ?」とお考えではないですか?調べてみると味噌汁は計算上、 …

フレンチトースト

フレンチトースト―厚切りトーストとカロリーは近い

フレンチトーストは食パンを少しぜいたくに感じる食べ方ですね。しっとりとしていて甘い香りもたまりません。 フレンチトーストは食パンに砂糖、牛乳、卵と高カロリー食材が揃っているイメージですが、実際のところ …

ローストビーフ

ローストビーフ―脂が少なくてもソースで残さず食べてる

ローストビーフは、高級料理の代表的な存在ですが、意外と単純なレシピで家庭でも作れるのでパーティー料理としても人気があります。スーパーでもよく見かけるようになりましたね。 そんなローストビーフですが、カ …

とんかつ

とんかつ―衣のカロリーに気を付けて

とんかつは、ボリューム満点のおかずで、子どもにも大人にも人気です。ガッツリお肉を食べたい気分のときにはピッタリです。 とんかつは揚げ物ですから、カロリーも相当あるイメージがありますが、実際のところ、ど …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー