ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜

ズッキーニ―低カロリーの野菜は油を控えめに

投稿日:

ズッキーニ

ズッキーニは、ここ最近で一気に知名度が上がった野菜です。似ても焼いても炒めても、生でも美味しいので、たくさんのレシピがありますが、サイズからすればちょっと値段も高いので、あまり使ったことがないかもしれません。
最近は家庭菜園で作る方も多いそうですね。

ズッキーニは、どのくらいカロリーがあるのでしょうか?また、ズッキーニのちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

ズッキーニのカロリー

ズッキーニのカロリーは、生の状態で100gあたり14キロカロリーです。
かなり低いカロリーに見えますが、他の野菜と比べるとどうでしょうか?

枝豆…135キロカロリー
かぼちゃ…91キロカロリー
れんこん…66キロカロリー
ごぼう…65キロカロリー
にんじん…36キロカロリー
キャベツ…23キロカロリー
アスパラガス…22キロカロリー
なす…22キロカロリー
ピーマン…22キロカロリー
カブ…20キロカロリー
ほうれん草…20キロカロリー
トマト…19キロカロリー
大根…18キロカロリー
セロリ…15キロカロリー
もやし…14キロカロリー
きゅうり…14キロカロリー
ズッキーニ…14キロカロリー
レタス…12キロカロリー

ズッキーニは水分が約95%、糖質も少ないので、カロリーが低くなっています。

ズッキーニはカボチャの仲間

ズッキーニは、ウリ科カボチャ属のカボチャの仲間です。

カボチャは糖質が多く、水分も少ないので、カロリーが高い野菜です。
カロリーで言えば、見た目も似てるキュウリ(ウリ科キュウリ属)に近いですね。ミネラルやビタミンといった栄養素もキュウリに近いです。

カボチャと大きく違う理由の1つは、ズッキーニは未熟の状態で、カボチャは完熟の状態だということです。

熟せば甘くなるということは、糖分がそれだけ実に溜まっているということですから、カロリーが高くなります。

ズッキーニのちょい減カロリー:油を使わない調理法を

では、ズッキーニを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「油を使わない調理法を選ぼう」です!

ズッキーニは炒めても揚げても美味しいです。もともとサッパリしているので、油と合わせる料理が相性がいいです。

でも、カロリーのことを考えれば、油を使わないレシピを探ってみましょう。
NHKエデュケーショナル「みんなのきょうの料理」サイトから探してみると…

ズッキーニとトマトのあえ物…1人分30キロカロリー
生のままでも、ドレッシングも手作りで先に合えておくと油の量をコントロールができます。

彩り野菜のすっきり含め煮…1人分180キロカロリー
和風の煮物にも合います。

簡単ラタトゥイユ…1人分100キロカロリー
定番のラタトゥイユも炒めずに、トマトの水分で煮るようにするとヘルシーに仕上がります。

ズッキーニは、とても使い勝手がいい食材です。
ズッキーニを美味しく賢く活用していきましょう~

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キャベツ

キャベツ―存在感のなさが人気の秘訣?

キャベツはロールキャベツや回鍋肉のように主役級の働きをする料理もあれば、千切りが様々な料理の付けあわせにつけたりと、家庭でもレストランでもフル回転で出番が来る野菜の1つだと思います。実際、野菜の中で1 …

玉ねぎ

玉ねぎ―甘みの強さを料理に活かそう

玉ねぎは身近な野菜で、好きな野菜アンケートで上位に入る実力があります。使い勝手がよく、火を通せば甘く、生の辛みも魅力となる野菜なので、常備しているご家庭も多いことと思います。 よく使う野菜だからこそ、 …

きゅうり

きゅうり―カロリーが低くても味付けに注意

きゅうりはサラダには欠かせない野菜の1つです。夏野菜ですが一年中いつでも手に入れやすいので、一年中いつでも食べる機会が多いですね。 きゅうりのカロリーは気にしたことがないかもしれませんが、実際、どのく …

エリンギ

エリンギ―カサ増しにもってこいの低カロリー食材

エリンギはここ十数年で一気に定番化したキノコですね。シャキシャキした食感が加熱しても失われないので、いろいろな使い道があります。 エリンギには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、エリンギの …

ピーマン

ピーマン―空洞の野菜はカロリーも低め

ピーマンは、以前は子供が苦手な野菜ランキングで上位に必ず入っていましたが、最近は苦みが少ない品種や、色鮮やかなパプリカがよくお弁当に使われて食べる機会が増えているために、徐々にランクダウンしているそう …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー