ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材

ウニ―魚介の中でも低カロリー

投稿日:

ウニ

ウニは、高級食材の代名詞のような存在ですね。好き嫌いが分かれる個性の強い味ですが、品質の良いものはとろける甘みと磯の風味の組み合わせが最高です。

ウニのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ウニのちょい減カロリーも考えてみましょう。

ウニのカロリー

ウニのカロリーは、生で100gあたり120キロカロリーです。

120キロカロリーというのは、マグロの赤身や白身魚などあっさりとした魚介類と同じくらいです。
ウニは卵巣なので、もっと高いかと思いましたが、魚介類としては低いくらいなんですね。

粒ウニと練りウニ

ウニには生のほかに、粒ウニと練りウニという加工品もあります。

粒ウニ…183キロカロリー
練りウニ…170キロカロリー(100gあたり)

どちらも保存性を高めるために、塩やアルコールを添加し、さらに調味料で味付けしてあります。

保存が効くように水分を減らしていますし、アルコールはカロリーが高いですから、生ウニよりもカロリーが高くなります。

ウニのちょい減カロリー:調味料の1つとして

では、ウニを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「調味料の1つとして活用しよう」です。

例えば、パスタでウニを使うのはよく見ますよね。カロリーを見てみると(参考:NHKみんなのきょうの料理)

生うにのパスタ…270キロカロリー

ナポリタンやペペロンチーノで一人前500~600キロカロリーであることを考えると、かなり低カロリーのパスタです。

これは、生ウニの風味を生かすために、ソースをからめるだけで油を使わないレシピだからです。
また、一人前のパスタの量が少ないです。
これは高級なウニだからこそできることで、味で満足感を得て、お腹いっぱい食べることを目的としてないからだと推測されます。

最近は、ウニを使ったドレッシングもありますし、塩ウニや練りウニだと、それほど値段も高くなく、味が調えてあるので使い勝手もいいです。

生ウニは、それほどカロリーが高くないことが分かりました。
たまにしか食べないウニは、美味しく食べましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生ハム

生ハム―塩気とカロリーが多めのハム

生ハムはイタリア料理の前菜の定番で、一昔前は高級食材でしたが、最近はスーパーでパック詰めされる商品など手ごろな価格で手に入れられるようになりましたね。普通のハムやベーコンと同じくらい身近な存在になって …

コーヒー

コーヒー―低カロリーでも飲みすぎ注意

コーヒーは毎日何杯も飲む方も多い、日常でよく見る飲み物です。気軽な飲み物でもあり、カフェ、喫茶店、コーヒー専門店など、わざわざ飲みに行きたくなるということもあることでしょう。 さて、コーヒーはブラック …

しょうゆ

醤油―意外とカロリーがある調味料

醤油(しょうゆ)は日本人ならどの家庭でも常備している調味料の1つです。 意識したことがなかったですが、醤油にはカロリーがあるのでしょうか?醤油のちょい減カロリーのアイデアと合わせて、考えてみましょう。 …

マヨネーズ

マヨネーズ―便利な調味料はカロリーの塊

マヨネーズはどこの冷蔵庫にも入っていて、出番の多い人気の調味料です。ただ、マヨネーズはカロリーが高いことは有名で、「ハーフ」や「ライト」などカロリーをカットした商品が売れているそうです。 では実際のと …

ココナッツオイル

ココナッツオイル―油であることを忘れずに

ココナッツオイルは、ここ数年ブームとなっている油で、マスコミでもダイエットを始め健康に良いと取り上げられ、年齢問わず流行していました。 ココナッツオイルはカロリーの面から見ると、実際に数字としてどれく …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー