ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

その他食材 食材

ココア―甘いといっても意外と低カロリーな飲み物

投稿日:2017-07-10 更新日:

ココアは冬の飲み物の定番ですが、最近では冷たいミルクに溶ける夏用のココアも販売されていますね。

ココアはそのホッとする甘さが魅力ですが、甘いからこそカロリーも気になります。ココアのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、ココアを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えてみましょう。

ココアのカロリー

ココアは食品標準成分表では2種類、載っています。

ピュアココア…271キロカロリー

ミルクココア…412キロカロリー(どちらも100g)

ミルクココアの場合、一杯分に20gとすると、82キロカロリーとなります。

ピュアココアは純粋にココア粉末で、ミルクココアはその粉末に砂糖やミルク粉末を加えています。

ココアはチョコレートと同じカカオから作られます。チョコレートは高カロリーの代表格ですが、ココアはカカオの実から、カロリーの元となる脂肪のカカオバターを除いて粉末にしますから、カロリーが低くなります。

ピュアココア≠低カロリー?

では、カロリーを気にするときには、ミルクココアよりもピュアココアにすべきなのでしょうか?

ココアは「どうやって飲むか」をイメージしてみましょう。
お湯で溶くだけなら、ピュアココアの方が低カロリーではあります。

ただ、ピュアココアは砂糖が入ってないため、甘さが絶対的に足りなく、カカオの苦みや渋みが強く感じるようになります。

それでピュアココアは砂糖と牛乳を入れてまろやかにする、という飲み方が一般的にオススメされている方法です。つまり、できあがりはミルクココアと差がなくなります。

もちろん、砂糖の量を調節できるのでピュアココアの方がカロリーコントロールは容易ですが、納得する味にしようとすると、ピュアココアのメリットはさほど無い、ということになります。

ココアのちょい減カロリー:口さみしい時に

さて、ココアを利用したちょい減カロリーのアイデアですが、「甘いものが欲しくなった時に飲む」です。

ココアはがぶ飲みするタイプの飲み物ではないので、あっという間に食べてしまうお菓子よりも、ゆっくりと長い時間楽しめます。
時間をかけるという点では、アイスよりもホットで飲むのがオススメです。

また、ココア自体が濃厚な味わいなので、飲み物だけでも物足りなさを感じません。甘味を十分感じられるくらいまで砂糖を入れても、お菓子の油分を摂らなくて済みますから、低カロリーになります。

ココアを活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-その他食材, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

グレープフルーツ

グレープフルーツ―強い酸味と甘みで満足できる果物

グレープフルーツはさっぱりとした甘味と酸味と苦みのバランスの良い果物で、ビタミンCも取れることから女性を中心に人気があります。毎日食べる、というハマる人も続出中です。 すっかり日本の家庭で日常的になっ …

みかん

みかん―1個では低カロリーでも食べすぎ注意

みかんはコタツと切り離せないイメージで、冬の間はずっと常備しているご家庭も多いかもしれません。皮をむいたらすぐ食べられる手軽さも、他の果物よりも好まれる理由の1つかもしれません。 簡単に食べられるみか …

ハム

ハム―低カロリーの豚肉として活用しよう!

ハムはお歳暮・お中元の定番として高級なハムもありますし、日常的に使う薄切りのハムもあり、冷蔵庫にストックしておく食品の一つかもしれません。 では、ハムは肉製品ですから、相当のカロリーがありそうですが、 …

大根

大根―日本一食べられる野菜は低カロリー

大根は日本人に愛されている野菜です。厚生労働省によると、野菜の中で一番食べる量が多いのが大根だそうです。 そんな食卓にしょっちゅう出てくる大根ですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、身近な …

豚バラスライス

豚バラ肉―見た目の通り脂のおかげで高カロリー

豚バラ肉は、豚肉の中でも脂身の旨みと赤身の旨みを両方楽しめる部位です。炒めものにはスライス、焼肉には厚切り、煮物にはブロックで、と形状も色々な豚バラ肉は、家庭でも出番の多いことでしょう。 でも豚バラ肉 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー