ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜

チンゲンサイ―野菜で一番低カロリー

投稿日:

チンゲンサイ

チンゲンサイは、中華料理によく見る野菜ですが、最近は日本でも作る農家が増えて、普通にスーパーで手に入るようになりましたね。
シャキシャキとした食感と甘みが特徴です。

チンゲンサイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、チンゲンサイを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えていきましょう。

チンゲンサイのカロリー

チンゲンサイのカロリーは、生100gで9キロカロリーです。

他の野菜と比較してみましょう。

枝豆…135キロカロリー
かぼちゃ…91キロカロリー
れんこん…66キロカロリー
ごぼう…65キロカロリー
にんじん…36キロカロリー
キャベツ…23キロカロリー
アスパラガス…22キロカロリー
なす…22キロカロリー
ピーマン…22キロカロリー
カブ…20キロカロリー
ほうれん草…20キロカロリー
トマト…19キロカロリー
大根…18キロカロリー
セロリ…15キロカロリー
もやし…14キロカロリー
きゅうり…14キロカロリー
レタス…12キロカロリー
チンゲンサイ…9キロカロリー

チンゲンサイは、野菜の中でも一番カロリーが低いです。
水分が96%、食物繊維が1.2%ですので、カロリーとなる糖質・タンパク質がかなり少ないことが分かります。

シャキシャキして食物繊維が多いのはイメージ通りですが、水分が他の野菜以上に多いのは意外ですね。

チンゲンサイのちょい減カロリー:かさ増しに使おう

では、チンゲンサイを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「いろいろな料理でかさ増しに利用しよう!」です。

チンゲンサイは色もきれいで、煮崩れしない野菜です。煮ても炒めても、食感も残って美味しいです。

チンゲンサイはクセや個性があるわけでもないので、他の食材の邪魔をせず、味のバランスを壊すこともありません。

よく角煮の添え物になったり、タンタンメンの彩りになったり、あんかけ焼きそばの具材になってたり、脇役なので意識してないですが、実は本当にチンゲンサイはいろいろな料理に使われています。

チンゲンサイは野菜の中でも低カロリーですから、もっと食卓でも活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にんじん

にんじん―クセが無くなったので、ぜひ生で!

にんじんは、日本人が一番食べる野菜です。 厚生労働省が調査した「野菜の摂取量ランキング」によると、3万人以上のある1日の食事を調査したところ、その77%がにんじんを食べていた、とのことです。これは2位 …

にんにく

にんにく―栄養をたっぷり蓄えて高カロリー

ニンニクは、風味づけや薬味にいろいろな料理に使われる野菜で、スタミナをつけるために丸ごと食べたりもしますね。 ニンニクには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、ニンニクのちょい減カロリーのア …

とうもろこし

とうもろこし―野菜では高い・穀物では低い

とうもろこしは短い旬の時期は生のものをゆでたり焼いたり、生がない時期にも缶詰やコーンスープなど加工品として身近な食品ですね。 とうもろこしには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?とうもろこしを使 …

キャベツ

キャベツ―存在感のなさが人気の秘訣?

キャベツはロールキャベツや回鍋肉のように主役級の働きをする料理もあれば、千切りが様々な料理の付けあわせにつけたりと、家庭でもレストランでもフル回転で出番が来る野菜の1つだと思います。実際、野菜の中で1 …

ズッキーニ

ズッキーニ―低カロリーの野菜は油を控えめに

ズッキーニは、ここ最近で一気に知名度が上がった野菜です。似ても焼いても炒めても、生でも美味しいので、たくさんのレシピがありますが、サイズからすればちょっと値段も高いので、あまり使ったことがないかもしれ …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー