ちょい減カロリー生活

ちりも積もればダイエット!まずは目の前のお皿から改善!

野菜

チンゲンサイ―野菜で一番低カロリー

投稿日:

チンゲンサイ

チンゲンサイは、中華料理によく見る野菜ですが、最近は日本でも作る農家が増えて、普通にスーパーで手に入るようになりましたね。
シャキシャキとした食感と甘みが特徴です。

チンゲンサイには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、チンゲンサイを使ったちょい減カロリーのアイデアも考えていきましょう。

チンゲンサイのカロリー

チンゲンサイのカロリーは、生100gで9キロカロリーです。

他の野菜と比較してみましょう。

枝豆…135キロカロリー
かぼちゃ…91キロカロリー
れんこん…66キロカロリー
ごぼう…65キロカロリー
にんじん…36キロカロリー
キャベツ…23キロカロリー
アスパラガス…22キロカロリー
なす…22キロカロリー
ピーマン…22キロカロリー
カブ…20キロカロリー
ほうれん草…20キロカロリー
トマト…19キロカロリー
大根…18キロカロリー
セロリ…15キロカロリー
もやし…14キロカロリー
きゅうり…14キロカロリー
レタス…12キロカロリー
チンゲンサイ…9キロカロリー

チンゲンサイは、野菜の中でも一番カロリーが低いです。
水分が96%、食物繊維が1.2%ですので、カロリーとなる糖質・タンパク質がかなり少ないことが分かります。

シャキシャキして食物繊維が多いのはイメージ通りですが、水分が他の野菜以上に多いのは意外ですね。

チンゲンサイのちょい減カロリー:かさ増しに使おう

では、チンゲンサイを使ったちょい減カロリーのアイデアですが、「いろいろな料理でかさ増しに利用しよう!」です。

チンゲンサイは色もきれいで、煮崩れしない野菜です。煮ても炒めても、食感も残って美味しいです。

チンゲンサイはクセや個性があるわけでもないので、他の食材の邪魔をせず、味のバランスを壊すこともありません。

よく角煮の添え物になったり、タンタンメンの彩りになったり、あんかけ焼きそばの具材になってたり、脇役なので意識してないですが、実は本当にチンゲンサイはいろいろな料理に使われています。

チンゲンサイは野菜の中でも低カロリーですから、もっと食卓でも活用していきましょう!

スポンサーリンク

記事下広告




記事下広告




-野菜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白菜

白菜―低カロリーの優秀な脇役食材

白菜は鍋に欠かせない野菜ですが、炒め物や煮物、ゆでてサラダやあえ物に、など様々な調理法で使うことのできる万能の野菜です。 さらに白菜自体の味はクセがなく、どんな具材と組み合わせても、どんな味付けにして …

レタス―低カロリー野菜に何を付けて食べるか

レタスは生でサラダにすることが多い野菜です。レタスから栄養を摂ろう!と意気込んで食べるというよりも、そのみずみずしさで口がさっぱりする、といった目的で食べていることでしょう。 また、レタスチャーハンの …

なす

なす―油と高相性だけに調理法に工夫を!

なすは夏が旬の夏野菜ですが、今は一年中手に入りますね。色もいいですし、天ぷらや炒め物、麻婆ナス、漬物など家庭料理でもよく使われる野菜の一つでしょう。 なすにはどのくらいカロリーがあるのでしょうか?また …

なめこ

なめこ―和風だけじゃなく洋風でも活用を

なめこは、ヌメリが特徴のキノコで、みそ汁やあえ物など食卓に上る機会も多い身近な食材の1つです。 なめこは、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?また、なめこのちょい減カロリーのアイデアも考えてみまし …

しめじ

しめじ―かさ増しにオススメの低カロリーキノコ

しめじは脇役として活躍の場が多い野菜ですね。キノコ特有の臭みや食感が苦手な人も多いですが、しめじならクセがあまりないので食べられる、という方も多いことでしょう。 しめじなど、キノコ類は十数年前まで食品 …

運営者情報

<プロフィール>
名前:ジャーニー
食べることが好き。楽しく食べることが第一、その中で健康的に食べるためにできることを研究しています。
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

カテゴリー